SKE48須田亜香里が「汚肌バッシング」を告白 タレントの「肌荒れ」叩き

【この記事のキーワード】
【完成】SKE48須田亜香里が「汚肌バッシング」を告白 タレントの「肌荒れ」叩きの画像1

須田亜香里Instagramより

 SKE48の須田亜香里が3日放送の『ザ!世界仰天ニュース』(日本テレビ系)で、アレルギーによる肌荒れから「汚い」などのネットバッシングを受け、つらかったという過去を明かした。

 須田亜香里は2009年にSKE48のオーディションに合格するが、翌2010年ごろから顔や体の肌荒れに悩まされるようになった。「金属アレルギー」の症状で、ステージで必須のマイクや衣装のアクセサリーが原因になっていた。

 肌が荒れた状態でもアイドルとして仕事を続けていた須田に対し、ネット上では「見ていて不快」「汚い」などの批判もあり、一時は「この仕事は向いていないのかな」と引退まで考えたという。

 マイクやアクセサリーにコーティング塗布するなどの対策をとり、皮膚の治療も行うことで肌荒れは徐々に改善していったそうだが、治療をしたからといってすぐにツルツル美肌になるわけではない。須田は2016年、自身のTwitterで以下のように綴っている。

<皆さん! 肌荒れに効くものの情報交換とかもこれから良かったらしましょ♪ かれこれ5年悩んでるから、私結構詳しいと思う!>
<ちなみに肌は簡単には治りません! 6年前のあるお仕事の日、顔中が痒くなってボロボロになったのがきっかけ。病院も10件以上回って色んな治療を受けました。お金も時間もビックリするくらいかかっています。病院によって方針も違うし合わない治療も薬もあって、体調もたくさん崩しました>

1 2

「SKE48須田亜香里が「汚肌バッシング」を告白 タレントの「肌荒れ」叩き」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。