エンタメ

NGT48暴行犯と山口真帆が「繋がっていた」と暴露したAKS側の思惑

【この記事のキーワード】

 ただ、これを「繋がり」と言い換えることで、山口側に過失があったかのように印象付けることができる。あるいは、あたかも事件が山口の狂言であるかのような筋書き変更さえ可能と踏んでいるのかもしれない。

 不可解なのは、AKSないし吉成氏が「この事件はやはり、山口が大袈裟に騒いだだけだ」と判断しているのであれば、あらためて記者会見を開くなりして、真相を公表すればよいのにそれをしないことだ。なぜ保護者説明会にとどめ、公に発表しないのだろうか。

 グループへ向けられる批判や疑惑の声を抑えるためにも、対外的に筋道立った説明をすることが、グループの再起に不可欠だろう。新公演でセンターに抜擢されたメンバー・清司麗菜のTwitterには、事件をめぐる疑問や抗議のリプライが続出しており、こうしたバッシングを食い止めるには「潔白を信じてほしい」等の言葉だけでは足りないのではないか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。