エンタメ

南明奈のディズニーウエディングが素敵! でもお高いんでしょう? 気になる費用やプラン、注意事項

【この記事のキーワード】
南明奈のディズニーウエディングが素敵! でもお高いんでしょう? 気になる費用やプラン、注意事項の画像1

南明奈Instagramより

 濱口優さん・南明奈さん夫妻が3日、それぞれのSNSで、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタにて結婚披露宴を行ったことを報告しました。俗に言う「ディズニーウェディング」です。南さんは『アナと雪の女王』のアナのドレスを着用したようです。

 「ディズニーウェディング」「ディズニー婚」とも呼ばれる「ディズニー・フェアリーテイル・ウェディング」には憧れを持つ人も多く、濱口さんと南さんの他にも、藤本敏史さん・木下優樹菜さん夫妻、卓球の福原愛さん・江宏傑さん夫妻らがディズニーで結婚式を挙げています。

 もちろん著名人だけでなく、誰でもディズニーで挙式をあげることは可能です。ディズニーウエディングのプランや注意点を紹介します。

ディズニーウエディングのプランと料金

 高いイメージのある「ディズニーウエディング」ですが、結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)によれば、2018年の結婚式にかかった平均費用は357.5万円。プランを選べば、ディズニーリゾートでも平均費用程度で挙式をすることが可能です。

 「ディズニー・フェアリーテイル・ウェディング」の会場は、ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランド シンデレラ城の3種類あり、それぞれの会場ごとに複数のプランが用意されています。

シンデレラ城での挙式は1日1組限定!

 最もディズニーランドらしさを味わえるのは、東京ディズニーランド シンデレラ城で行われる1日1組限定の「ディズニー・ロイヤルドリーム・ウェディング」です。新郎新婦はバンドが先導するヴィークル(車)でシンデレラ城内に向かうため、招待客だけでなく、パーク内にいるゲストからも祝福してもらうことができます。

 さすがに費用も、プログラム料金50名/770万円(1名追加 4万6千円)と高額で、予約は8カ月前から受け付けており、申し込み多数の場合は抽選になります。

 シンデレラ城で挙式を挙げるプランには、もう一つ、「ディズニー・ロイヤルドリーム・ウェディング スペシャルパッケージ」があり、こちらはプログラム料金30名/480万円(1名追加 3万8千円)となっています。

「ミラコスタ」での挙式はダッフィーに祝福してもらえる!

 濱口さん・南さん夫妻が結婚披露宴を行ったのは、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタの「ミラコスタ・ウェディング・ディ・クオーレ」。

プランAのプログラム料金が40名/285万円(1名追加3万4500円)
プランBのプログラム料金が270万円(40名/1名追加3万2500円)

 ただし、これはあくまでもプログラム料金であり、オプションを追加する人が多いようです。2020年度の見積例を見ると、プランA・40名で364万6820円、プランB・40名で364万8200円となっています。

 10~30名の少人数での挙式・披露宴を行う「ミラコスタ・ウェディング・ロマンティコ」はどうでしょうか。

プランA・Bともに10名/63万4500円(1名追加料金:料理2万1700円、飲物6250円より)

 2020年度の見積例では、プランA・10名で135万7050円、プランA・20名で168万6610円、プランA・30名で195万1370円といったところです。オプションとしては、ヴェネツィアン・ゴンドラに乗りジャンパンを飲みながらパーク内の海を眺めたり、ダッフィーが結婚誓約書を披露宴会場へ運んでくれるものなどが用意されています。

「アンバサダー」での挙式はスティッチが余興をしてくれる!

 ディズニーアンバサダーホテルの「ザ・ハピエスト・デイ!~シェア・ウィズ・ミッキー&フレンズ」も見てみましょう。

プランAの料金プログラムが299万5千円(40名/1名追加3万1300円)
プランBで281万8千円(40名/1名追加2万7900円)

 2020年度の見積例では、プランA・40名で386万3800円、プランB・40名で366万3580円となっています。オプションとしては、プルートやスティッチによる余興などをつけることが可能です。

ディズニーランドにはプリンセスがいっぱい? ディズニーウエディングの注意点

 一方で、注意点もあります。毎年9~10月にかけて、ディズニーリゾートでは、ハロウィンイベント「ディズニー仮装」が実施され、小学生以下の子ども以外でもディズニーキャラクターの仮装が認められています。

 そのため、「ディズニープリンセスの仮装をした人がホテル周辺をうろついている」と、新婦がSNSに投稿し、物議を醸したことがあるのです。ディズニーランドはあくまでもテーマパークであり、専門の式場ではありません。プリンセスの仮装とのバッティングが気になる人は、ハロウィンの時期は避けた方がよいでしょう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。