あおり運転エアガン発砲、逃走の犯人を詮索するネットの動きはトーンダウンか

【この記事のキーワード】

 あおり運転をめぐる多くの事件により、厳罰化を求める声が高まるとともに、ネット上における私刑の動きが強まっている。

 常磐道のあおり運転事件では宮崎文夫容疑者が全国に指名手配され逮捕されたが、警察の発表より先に“犯人捜し”が過熱。犯人の男およびガラケーで犯行を撮影していた同乗者の女を特定しようとする動きが活発化した。匿名掲示板への書き込みを元にした実在しない男性の名前が犯人のものとして拡散されたほか、同乗の女については、まったく無関係の一般女性の名前や顔写真などが拡散されていた。

 デマによって誹謗中傷を受けた一般女性はその後、記者会見を開き、名誉毀損による刑事告訴も検討していると公表。これが影響しているのか、今回のエアガンあおり事件では、犯人の個人情報をいちはやく晒そうという動きは鈍くなっているようだ。盗難車でエアガンを発砲した男の逮捕は時間の問題だろうが、同乗者の情報なども含め、正確性の定かでない段階では個人情報をむやみに拡散しないよう、今後も注意が必要である。

1 2

「あおり運転エアガン発砲、逃走の犯人を詮索するネットの動きはトーンダウンか」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。