エンタメ

石田ゆり子を独身イジり「一度も結婚なさらずに…なぜ」明石家さんまのハラスメント芸がヤバイ

【この記事のキーワード】
【完成】石田ゆり子を独身イジり「一度も結婚なさらずに…なぜ」明石家さんまのハラスメント芸がヤバイの画像1

明石家さんま

 明石家さんまのセクハラ芸が止まらない。13日放送の『さんまのまんまSP』(フジテレビ系)で、広瀬すずや石田ゆり子、星野源らゲストとのトーク内容は、見事なまでに「セクハラのオンパレード」だった。

 最初のゲストは広瀬すず。広瀬は現在21歳だが、さんまは<謙虚さがよい嫁さんになる><結婚しようか>と求婚する。さんまの「求婚芸」は今に始まったことではなく、最近では、浜辺美波や福原遥といった十代後半から二十代前半の女優にも、「恋愛対象」として求婚するようになっている。嫌悪感を抱く視聴者も少なくない。

 さんまは女性と二人で食事に行くときは必ず“下心”を持っているといい、「口説かないのは逆に失礼」と考えているそうだ。しかし広瀬すずは、「自分が友達と思ってる方だと、(下心を)持たれてるほうがちょっと……」と、やんわり否定した。

 女性にとって男性から“モテる”ことが重要で、女性も口説かれることを望んでいる……というのは、さんまの思い込みにすぎない。

 また、石田ゆり子とのトークでさんまは、石田が結婚していないことを“不自然”なことだと強調し、過剰にツッコんでいた。

<おいくつになられたんですか>
<独身ですよね。一度も結婚なさらずに今日まで来られたんだ>
<妹さんは結婚されてますよね>
<なぜこんなきれいな人を独りぼっちにさせたんでしょうね>

 石田も戸惑いの表情を見せており、同じくゲストであった星野源はさんまに対して<アメリカだったら社会問題ですよ。出会う人に全部求婚している人なんていないですからね。訴えられますよ>と、あきれ気味だった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。