連載

船戸優里被告の目黒虐待死公判に見る、DVと洗脳の実態

【この記事のキーワード】

「Getty Images」より

 東京都目黒区で2018年3月、当時5歳だった船戸結愛(ゆあ)ちゃんを虐待死させたとして、保護責任者遺棄致死の罪に問われていた船戸優里被告(27)の裁判員裁判で、東京地裁は9月17日、優里被告に対し懲役8年(求刑懲役11年)の判決を言い渡した。

 弁護側は、優里被告が夫によるDVの支配下におかれていたと主張していた。子育てで連日説教を受けたほか、結愛ちゃんへの暴行を目撃するなどしたことで「強固な心理的支配下にあった」という。公判では、夫のDVが優里被告の行動にどのような影響を与えていたのかが注目されていた。

 判決で守下実裁判長は「夫の暴行を認識しながら結果的に容認し、犯情は重い」と認定する一方で「夫からの心理的DVを受けていたことは否定できない」と、優里被告の元夫で、同様に保護責任者遺棄致死などで起訴されている船戸雄大被告(34)による心理的なDVの存在を認めた。

 だが、優里被告が夫の目を盗んで食事を与えたりしていたことなどを指摘し「最終的には自らの意思で夫の指示を受け入れており、心理的に強固に支配されていたとはいえない」と、責任を大きく減じる理由にはならないとした。

「夫がストレスなく生活できる環境を作れなかった」妻の責任

 前夫との間に産まれた結愛ちゃんを連れて雄大被告(34)と再婚した優里被告。雄大被告との子供が生まれた2016年11月ごろから、雄大被告による結愛ちゃんへの暴行が顕在化。2018年1月下旬ごろから結愛ちゃんに十分な食事を与えず、雄大被告による暴行も放置。3月2日に肺炎による敗血症で結愛ちゃんを死亡させたと判決では認定された。

 筆者が傍聴できた9月6日の第四回公判では、優里被告に対する被告人質問と、精神科医の白川美也子氏、優里被告の実父への尋問が行われた。被告人質問での優里被告からは、雄大被告と共に暮らしているころも、そして事件から1年以上が経過した今も、DVに支配され続けている様子が見受けられた。

 2018年2月下旬、嘔吐するようになった結愛ちゃんは顔にアザもできていた。その様子を見て優里被告は、雄大被告が殴ったことで脳に衝撃を受けたのではないかと思い「病院は?」と一度尋ねた。これに雄大被告は「顔のアザがおさまったら行こうか」と返答している。このとき、その返答をどう解釈したか、検察官に尋ねられ、次のような問答があった。

優里被告「アザがあると雄大が逮捕されるから……」
検察官「雄大だけ?」
優里被告「……私も、だと思う」
検察官「どういう意味?」
優里被告「雄大も逮捕されるし私も……」
検察官「なんで?」
優里被告「母親だから」
検察官「夫の暴力を見過ごしたから逮捕されると?」
優里被告「……元々、説教の中で、雄大は『お前のせいで俺はこうなった』という話がすごい出てきた。結愛の顔にアザがあるのも確実、雄大がやったのも確実。雄大のやったことは全部私の責任。だから逮捕されるのは当然ということ、雄大が暴力をした、アザを作った、逮捕につながることをやったのは雄大かもしれないですけど、そこまで追い詰めたのは私。結愛を守らなかった、雄大がストレスなく生活できる環境を作れなかった、それも含めて逮捕されるのは私」

 弁護人との質問でも同様に、自身を責めるやりとりがなされた。

弁護人「(雄大が逮捕されて取り調べを受けている時期の)2018年3月ごろ、どういう精神状態でした?」
優里被告「……雄大を逮捕させてしまい申し訳ない、私の責任なのに……」
弁護人「私の責任なのに、って? もう少し詳しく教えて」
優里被告「何から何まで、雄大の……ずっと、児相との関わりを持ち続けたこともそうだし、結愛を産んだ時点で、母親としての知識とか、覚悟、強さっていうのを身につけていなかった。結愛が生まれた時点での責任すら含めて、すべて私の責任」
弁護人「あなたのいう責任とは?」
優里被告「ぜんぶ」

 絶対的権力を持つ者による暴力と暴言で心を支配され、その意に沿うように事件へと至るケースがある。筆者は優里被告の被告人質問を傍聴し、北九州連続監禁殺害事件で無期懲役の判決が確定した緒方純子を真っ先に思い出した。

北九州連続監禁殺害事件のマインドコントロール

 北九州連続監禁殺害事件は2002年福岡県北九州市で発覚した事件で、主犯の松永太が内妻の緒方とその家族などをマインドコントロールと身体的虐待により取り込み、家族同士に互いを殺害させた上、遺体の解体、遺棄までも行わせていたという凶悪事件である。

 福岡地裁小倉支部での一審当時は、全ての罪を認めていた緒方だったが、2008年、福岡高裁での控訴審の際にようやく、松永によるマインドコントロール下にあったことを主張したのだ。

 松永と高校の同級生だった緒方。卒業後、松永からの電話により、ふたりは男女の関係になる。ところが松永はほどなくその本性を見せ始める。緒方は、松永からホテルに呼び出され「お前は素行が悪い」など根拠のない因縁をつけて散々暴力をふるわれ、そのあとセックスをするという日々が続いた。

 「暴力が怖いから松永に会いに行かないのは、逃げる事だと思っていました」という緒方は、松永と別れることはしなかった。その生活は徐々に緒方の肉体と精神にダメージを与えてゆき、緒方は一度、自殺未遂する。

「当時は、自分が悪いと思っていました。今思うのは、暴力を受けたこと……睡眠不足……松永が、盗聴してるとか、人を使ってなんでもできるとか言われて、弱気になりました」

 法廷でこう振り返る緒方。また、このとき同じ法廷で審理を受けていた松永に対して、まだ恐怖を感じており、松永の方から物音がするだけで怖い、とも語っていた。

 この控訴審では精神科医が出廷。事件当時、そしてその後の緒方の精神状態を分析している。

「松永の行ったマインドコントロールはカルト宗教の洗脳の手法と似ており、個人に信念を押し付けて様々なテクニックを使い根本的な考えを変えさせるようなもので、離脱が困難。

 意に沿わない行動をする家族に対して松永は、自作の通電道具で彼らに通電を行なっていたが、こうした道具を繰り返し使いショックを与えつづけると、ショックのない状況になっても行動を起こす動機そのものがなくなってしまう『学習性無力感』という状態になる。

 実験では、ラットがどのような行動をとっても電気ショックを与える、という行為を繰り返すと、最後はラットは何もしなくなってしまい、さらに水の中にそっと入れても、何もせずに溺死してしまう。

 緒方や緒方の家族もそのような状態だったのだろう。松永による度重なる通電は、判断力の低下と松永への服従を強くしていった」

 さらに、緒方は松永の長期の虐待によってバタードウーマン(被虐待者)となり、松永が直接的な命令をしなくても、何らかのヒントを出すだけで、相手の望むように行動してしまうような状態になっていたという。それは自分から率先しているように、自発的に見えるものの、内実は全く違うとも解説した。

 緒方は一度、松永の元から逃亡していたのだが『松永が自殺した』という嘘の情報を伝えられ、また松永の元に戻る。このとき「自分がいなければいい」と緒方は自殺未遂をしたが、松永はこう言った。

「そういうことすると家族に迷惑がかかるじゃないか」

 証人出廷した医師はこれを「迷惑をかけたくなかった家族にまた迷惑をかけたことで、家族にまた負い目ができてしまった、その一方で、そういう見方ができる松永のことを素晴らしいと思い、この人にはかなわないという意識を植え付ける。虐待をする人の事を尊敬してしまうという逆説的な関係は一般的なDVの関係であり、その下地もあったのだろう」と分析する。

 医師は、度重なる通電により緒方は人格も変化し、心と体がバラバラになったような状態で、感情が麻痺したり、記憶がなかったりする症状が出たり消えたりしていたのではないか、とも推測していた。実際、緒方には2008年の控訴審当時も、各事件において、記憶の抜けがある状態が残っていた。緒方自身も、逮捕後に自白した際、自分の記憶がかなり抜けていることに愕然としたのだという。

サディスティックで巧妙な「お前のために」という説教

 目黒虐待死公判に話を戻す。優里被告の公判では、精神科医の白川美也子氏が証人出廷し、DVの実態やその内容、DVを受けている女性たちの行動などについて述べられたが、この内容は、上記の緒方に対する精神科医の分析と多くの共通点があることが印象的だった。

 特にDVのサイクルとして、優しい時期と暴力や暴言による支配の時期を繰り返すという解説は、緒方が松永と交際を開始して間も無く、肉体的な暴力とセックスというサイクルで緒方を取り込んださまと重なる。加えて「お前のために」といった“大義名分”を振りかざし自身の暴力や支配を正当化する様子も、雄大被告と松永に共通していた。

「連日長時間の説教を受けていたことは典型的なDV。雄大被告による『鼻をつまむ』、『頭を叩く』などの行為は、軽く見えるうえ、本人もそう受け取っているが、支配的暴力の一形態、相手を軽んじるという意味もある」

「連日の長時間説教は、心理的精神的DVにあたり、これは身体的暴力と比べて軽いと思われていた時期もあるが、近年の研究では、ときに身体暴力よりも大きい影響があることがわかっている」

「雄大被告の説教は、可逆性が強い。とてもサディスティックで巧妙。『オールナイト説教』とか言われているが、DVする方はよくこれをやる。雄大が特徴的なのは全部『自分からさせる』ようにしている。態度で示させたり、自分で自分を叩かせたり、強圧的威嚇的な説得をしている。のちに自分が悪いと言われないように、叩いてないではないか、と言えるように、追い詰める卑怯なやり方」

 白川医師はこのように、雄大被告のDVによる実態を語っている。筆者はこの『オールナイト説教』を聞き、また別の事件を思い出した。2011年に発覚した尼崎連続監禁殺害事件だ。

角田美代子のオールナイト説教と「愛のムチ」

 尼崎連続監禁殺害事件は関係者らの逮捕、供述により、主犯とされる角田美代子(64=当時)を中心として25年以上にわたり、複数の家族が長期間虐待を受け、殺害されていたことが明らかになっている。ところが角田は2012年12月、留置所で長袖Tシャツを首に巻き自殺を遂げた。  

 2013年、一連の事件が発覚する端緒となった『大江和子さん(66=当時)虐待死亡事件』の裁判員裁判が神戸地裁で開かれた際、“美代子ファミリー”として取り込まれ、事件に加担した、和子さんの長女である大江香愛、次女の大江裕美、裕美の元夫である川村博之らが、取り込まれる背景に美代子による『オールナイト説教』があったことをそのうちの1人が法廷で明かした。

 3人が美代子と知り合ったきっかけは2009年、川村が当時勤務していた鉄道会社に美代子がクレームを入れたことだった。徐々に美代子は川村家の問題に介入し始める。家族会議を主催して仕切るようになり、最後は香愛とその元婚約者も巻き込み、支配下に置いていった。

 香愛は、美代子による取り込みの経緯をこう語る。

「裕美から『長女のことで話し合いするから、あなたも婚約者を連れて来てほしい』と言われて、駆けつけたら、川村が美代子を連れて来た。
 しばらく誰も口を開かず妙な空気でした。そうしているうちに美代子がなんか、話を仕切り始めました。私の婚約者に対して、いきなり怒り始めて『挨拶しなかった』とか、『何やのあんた、帽子も取らんと!』と怒鳴り散らしました。どのくらいの時間かは覚えてないですが、すぐには終わらなかったです。話し合いは3時くらいに終わったと思います。美代子がが『夜、気ぃつけて歩きや。警察は24時間守ってくれへんで』と脅してきました。その日は怖い人やなと思いました。でも妙に納得してしまいました。実際、警察行ったとこで、守ってくれるわけではないし……」

 以降、川村家の問題を何日も寝ずに話し合い、香愛は仕事にも行けなくなった。ところが香愛はこの状況に違和感を持つどころか美代子に対して罪悪感を強めていき、最後には暴力すら受け入れるようになってゆく。

「仕事の事はすごく気になってたんですが、美代子は『ウチは迷惑してるんや』と言ってて、私たち身内の問題なのに、と思うようになりました。それだけ時間を割いてるってこともそうやし、その間仕事できず何千万損したとか……美代子に迷惑かけるのは確かやし、話し合いに参加しない事は考えられないと思っていました。
 美代子は一度、裕美を平手で数発殴った……そのときの暴力は、確かに暴力なんですけど、体罰的なものではなく、情のあるような話をしながら、愛のムチ的な……実際に母から私、殴られた事なかったので、私も愛のムチのような感じで、情のある人なんやと思ったし、裕美も殴ってもらって嬉しかったと言ってました」

 オールナイト説教と、暴力、そして「あなたのため」という恩着せがましい言葉。これらを巧みに使い分け家族を取り込む角田美代子と、雄大被告の振る舞いも重なる。

 優里被告は情状の被告人質問の終盤、激しく嗚咽しながらこう語った。

「刑務所に、20年とか30年とか、入っただけでは、償いにもなにもならなくて、でも死刑は軽々しすぎて、どうやって償えばいいか、わからなくてだから……船戸優里に、一番怒ってるの、私が一番です……一番恨んでるの私で、優里を許さないのは私、一番と思ってて、だから、でも悔しくて……この怒りとか、強い思い、雄大にぶつけるべきじゃないし、育った環境のせいとか、誰か、何かのせいでもないし、私一人悪くて、どうしていいか、助けてほしいんです……! でも、私は、被害者じゃないですから、毎日一生懸命考えてたんですけど、答えが出なくて……」

 雄大被告による暴力を咎められず、逃げることもできなかった自身を責める優里被告は、娘に対しては加害者でもあるが、夫のDVの被害者でもある。複雑な立場に立たされ、気持ちの整理がつかない様子が手に取るように伝わった。

 いまだ自分だけを責め続けている優里被告が、自身も被害者だったと自覚するには、緒方純子が逮捕から6年の時を経てようやくそれを自覚し始めたように、おそらく長い時間がかかる。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。