まつエクはアラフォー以降の強い味方! ナチュラルに見せるコツは“色”

【この記事のキーワード】
まつエクはアラフォー以降の強い味方! ナチュラルに見せるコツは色の画像1

「Getty Images」より

 すっぴんでも顔立ちがパッと華やぐ、まつ毛のエクステンション。マスカラのようなダマはできないし、つけまつ毛のように毎日の手間がいらない、そんな手軽さもウケて「まつエク」は幅広い層に人気です。

 特に40代以降は目元の悩みが年々増えるため、エイジングカバーにまつエクをとりいれる人も少なくありません。

 肌や毛髪と同じように、まつ毛も老化するので若い頃よりも毛が細く柔らかくなり、弱々しい見た目になります。「なんか目元が地味になったな」と感じたら、まつ毛の質が変わったサインかもしれません。

 また、加齢によってまぶたが垂れてくると、まつ毛の根元が内側に入り込んだ印象になり、本来の長さが活かされないという悩みも起きます。加齢とともに現れるアイホールの窪みも、まぶたから眉の幅を間延びさせて見せるので、まつ毛まで寂しく見えがちです。

 これらの悩みを解消するためにも、「まつエク」は大人の女性にとって、とても強い味方
になるのです。

 ところが一方で、「40代以降の派手なまつエクって若作りでは?」という声がなくもありません。本来、美容とは自分のためにも行うものであり、心までポジティブにしてくれる素敵なツールです。でも、無理をしていると思われるのは避けたいし、そう思われるのは悲しいですよね。

 そこで、大人の女性にぴったりな清潔感と品格のある「まつエク」のコツを紹介します。

伏し目の時と横顔でのまつ毛をチェックする

 まずは年齢問わず、まつエクの適度な本数について説明します。

 つけまつ毛は本数、長さ、太さが目立つほど、目が華やかになると思われがちです。最初は両目で80本だったのが、1年も経てば見慣れてきて200本に増やしたくなってしまいます。

 自分のまつ毛は鏡で正面から見ることがほとんどですが、実は、まつエクのさじ加減のコツは、「伏し目と横顔」です。

 正面からは違和感がなくとも、黒光りするほど暑苦しい長さと本数は、目を伏せた時にまるで「小さな扇子」をのせているようなコミカルさを醸し出します。横から見ると、盛り過ぎの厚化粧な印象を与えてしまい、決して上品には見えないので注意したいところです。

 具体的なチェック方法は、今の仕上がりを客観的に判断するために「合わせ鏡」で横顔を確認してみましょう。伏し目はセルフチェックをしづらいので、家族や親しい友人などに見てもらい、派手過ぎないか、不自然ではないか、などの率直な感想を聞くのも手です。

40代以降のまつエクを成功させるポイントは色!

 次に、大人のまつ毛を美しく華やかに見せるコツを紹介します。

 大人の肌や顔立ちには、人工毛っぽさがわかるアイラッシュは品格を下げてしまいます。まつ毛の「質」も見た目の印象を左右しますので、自まつ毛の質感に近い軽いタッチの“セーブル系”をチョイスしましょう。

 例えば、若い頃ならチャーミングに見えたチープなジュエリーも、年齢を重ねると悪目立ちし、実年齢より軽々しい印象を与えがち。一方で、20代では似合わなかったパールやダイヤモンドが40代になるとしっくり似合うようになる……みたいなものです。

 前述のように長さが目立つと品が失われがちですから、10ミリを基本にデザインされるとよいでしょう。太さは0.1~0.2ミリ、本数は両目で100本~120本程度に留めるのがコツです。

 そして、重要なのが実は色。皆さん、当たり前のようにブラックカラーを選びがちですが、「まるで、ひじきみたい……」になる原因のひとつはこの濃い黒色です。

 解決するには、ダークブラウンやブラウンをチョイスするのがベター。フワッと軽く、でも目元の印象はしっかり華やぐため、“自まつ毛が濃く豊かな印象”になり、自然な美人顔を演出してくれます。色が淡い分、本数を少し増やしても、黒より軽やかに仕上がるので、とてもおすすめです。

まつエク装着から10日間はアイラインを引かないで

 最後のアドバイスとして、エクステをつけてから10日前後は、上まぶたのアイラインはなし、もしくは目尻のみにしてみましょう。エクステをのせることで目元の際がはっきりとしてアイラインを引いたような線ができます。

 つけたての頃はこの線がはっきりわかりますし、ライナーを引かないことで根元の負担も減り(線を引いたり、クレンジングをしたりなど)、エクステが取れるのを抑える効果もあります。

 上手にエクステを取り入れれば、すっぴんでも自信が持て、エイジングを楽しむ余裕が生まれます。品よく輝いてみえる美を意識して、スマートなまつ毛メイクを心がけてみてください。

「まつエクはアラフォー以降の強い味方! ナチュラルに見せるコツは“色”」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。