社会

さいたま小4男児殺害で母親に向かうバッシング「母親も母親だよ」「なぜ見抜けなかったのか」

【この記事のキーワード】
さいたま小4男児殺害で母親に向かうバッシング「母親も母親だよ」「なぜ見抜けなかったのか」の画像1

「Getty Images」より

 埼玉県さいたま市見沼区の教職員住宅で小学4年の男児(9)の遺体が見つかった事件で、男児の母親の再婚相手で、男児の義理の父親である無職・進藤悠介容疑者(32)が死体遺棄容疑で逮捕された。これを受けて、亡くなった男児の母親へのバッシングが始まっている。

 事件は今月17日の夕方、母親が仕事で不在の時に発生した。午後6時頃に母親が帰宅すると、進藤容疑者は男児が英会話塾に行ったと伝えたが、塾には来ておらず、母親は午後8時20分頃に110番通報。自宅の玄関付近のメーターボックスから男児の遺体が発見されたのは、18日深夜のことだった。

 19日に逮捕された進藤容疑者はこれまでの取り調べで、男児の殺害を認め「見つからないように隠した」「息子が赤白帽子をなくしたことを注意したら『本当の父親じゃないのに』と文句を言われ、頭にきて首を絞めた」などと供述しているという。なお報道によると、これまでに虐待やDVなどの相談や通報はなかったとのことだ。

 再婚相手の連れ子である男児が言ったという『本当の父親じゃないのに』という言葉に立腹し、わずか9歳の子どもを殺めてしまったという進藤容疑者の供述に、ワイドショーのコメンテーターたちは<本当の父親じゃないことは、最初からわかっていただろうに>と呆れ返っていた。

 一方で、19日放送の『バラいろダンディ』(TOKYO MX)に出演した梅沢富美男は、<どうもこうもあったことじゃなくて、母親も母親だよ。自分が産んだかわいい子どもをなんで守ってやられない>と母親を責めた。

 ネット上でも、亡くなった男児が母親(42)の連れ子であり、進藤容疑者が母親より年下で無職だったことから、「男を見る目がない」など母親を責め立てる意見が相次いでいる。シングルマザーの再婚やステップファミリーへの偏見がにじみでている。

<正直母親も悪いよ 子供がいるのに育児も家事も仕事もしない男と再婚して家においておくなんて>
<やっぱり子ども産んだら女としてより母親として重きを置かないといけないね 自分じゃなくて子どもに被害が及ぶから…>
<もちろんこのクソ男が一番悪だけどこの子が死んでしまったのは母親のせいだよ。母親がこんな男選ばなければ死なずにすんだよね>
<母親42歳だと、再婚相手は10歳年下か。年下の男と再婚したくて、無職や人間性とか多少目をつぶったのではないか>
<母親はどんな心境なのか。なぜそんな男だと見抜けなかったのか。一緒に生活する中で息子に愛情がないと思う場面が多々あったはず>
<お母さん、何故こんなヤツと結婚した?男を見る眼、甚だ疑問。我が子に父親が居なくとも、自分が寂しくとも、一人で居た方が良かったね…>
<自分の可愛い息子をわけわからん引きこもりニートと一緒に住まわせて2人きりにさせる母親も狂っとるわ>

しかし今まさに一番後悔しているのは、この母親だろう。どのような経緯でこの母親が離婚し、男児を引き取り、容疑者と再婚に至ったのか、何もわからないままに「母親が悪い」と叩く“正論”じみた声は、人を追い詰めるものだ。

 また、仮に男女が逆であった場合、男性は「なぜ悪い女だと見抜けなかったのか」と不特定多数の声になじられ、責任を問われるのだろうか。

 いずれにしろ事件の捜査は始まったばかりであり、亡くなった男児と進藤容疑者の間に何があったのかは、これから明らかになっていくだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。