マネー

年収400万円で家を買う? 年収1000万のタワマン購入と比較

【この記事のキーワード】
【画像お願いします】年収400万円で家を買う? 年収1000万のタワマン購入と比較の画像1

「Getty Images」より

 人生の三大支出といえば、「住宅購入」「教育費」「老後資金」ですが、ほとんどの人にとって人生で一番高い買い物となるのが住宅でしょう。ローンを組んで住宅を購入したほうが得なのか、それとも賃貸のままのほうが良いのか、悩むところです。

 今回は、住まいについて考えてみたいと思います。

理想の家を手に入れた幸せは

 年収1000万円の会社員Aさん(42歳)は、眺望がよく高級感あふれるタワーマンションを買いました。一生に一度の買い物だと思ったので妥協をせず、ほぼ理想通りの物件を手に入れたと満足です。想定より少し高くつきましたが、夫婦共働きで、世帯年収は1300万円ほどになりますのでそれほど心配することはないと考えています。

 マンションは駅からやや距離はあるものの、保育所併設で同世代の居住者も多く、すぐに親しく付き合うようになりました。休日には、マンションの広いパーティールームで共に食事をしたり、ハロウィンやクリスマス会など子どもの楽しめるイベントも住民同士で企画し行ったりしました。2人の子どももお友達がたくさんできて楽しそうです。まさに理想通りの生活でした。

 ところが、気がついた時には、生活費が毎月赤字になっていました。原因は、誘われて始めた子どもたちの習い事にかかる費用と、やや見栄を張って買った高級車のローン、そして派手なお付き合いにかかる費用などです。年収1300万円といっても、手取りにすれば約970万円。余裕があるように思えますが、毎月のローンや生活費の上に、あっという間に出費はかさみ、貯蓄を取り崩すようになっていました。

 そんな状態の中、Aさんは体調を崩してしまいます。働き方改革で、妻の会社も残業が大幅に減る中、車を売ったり、子どもの習い事を辞めたりして支出を減らしましたが、カードローンもかさみ、マンションを手放すことを検討しています。

相談の結果、マンション購入を諦めたけど

 年収400万円の会社員Bさん(30歳)は、子どもが生まれたのを機に家を購入したいとご相談に来られました。妻は現在育児休業中ですが、子どもが1歳になったら仕事に復帰するつもりだと言います。

 世帯収入は約600万円で、ペアローン(夫婦それぞれが債務を抱える)にすれば、現在見つけている家が買えるけれど、Bさん一人がローンを組む場合は、厳しいそうです。諦めて他の物件にしたほうが良いのか、ペアローンを組むか迷っています。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。