エンタメ

『シューイチ』の出演承諾書を告発 無報酬、編集されても口出し不可

【この記事のキーワード】

『シューイチ』公式サイトより

 日曜日の朝に放送されている日本テレビ系の情報番組『シューイチ』で、タレントではない出演者に書かせる「承諾書」の内容がひどいと話題になっている。『シューイチ』は、同時間の番組の中でも上位の視聴率を獲得する人気番組だ。

 「理不尽な承諾書を結ばされそうになった」と告発したのは、昆虫植物愛好家であり書籍も出版している女性。女性は今月25日、自身のTwitterに問題の承諾書の写真と共に、番組側の対応に苦言を呈した。

『シューイチ』は2日間の撮影でも“無報酬”での出演を要求

 女性によると、急遽2日間拘束で、KAT-TUN・中丸雄一が担当するコーナー「まじっすか」の撮影に参加したという。しかし、撮影後に渡された承諾書には7つの項目があり、中には女性にとって理不尽な内容もあった。

 まず、2日間にわたり拘束されるにもかかわらず、番組への出演が“無報酬”であること。また、承諾書には以下2つの記述もされている。

<私は、当番組のスケジュール・撮影・収録・放送にあたっては、貴社(貴社が指定する者を含みます。以下本条件において同じとします)の指示に従い、VTR構成等あらゆる演出について貴社に異論を唱えません>
<私は、貴社(貴社が指定する者を含みます。以下本条件において同じとします)に伝えたエピソード等が事実であることを保証します>

 つまり、収録での自分の行動や発言がどのように編集されたとしても口出しはできず、また、そのすべては事実だと保証しなければないということだ。これには、番組が「“ヤラセ”をしたとしても、事実だとして黙っていろということか」との指摘も飛び交っている。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。