エンタメ

『PRODUCE 101 JAPAN』収録中にナイナイ岡村のセクハラが「笑えない」と観客騒然

【この記事のキーワード】
『PRODUCE 101 JAPAN』収録中にナイナイ岡村のセクハラが「笑えない」と観客騒然の画像1

『PRODUCE 101 JAPAN』公式ツイッターアカウントより

 9月25日深夜、韓国の人気オーディション番組『PRODUCE 101』(Mnet)シリーズの日本版『PRODUCE 101 JAPAN』(TBS系)がついに初回放送をスタートした。

 これまでの『PRODUCE 101』シリーズ同様に、第1話の放送では練習生をA〜Fのクラスに分けるためのレベル分けテストが行われた。

 事前に公開されていた「ツカメ〜It’s Coming〜」パフォーマンス動画でセンターポジションを務め、PR動画でも圧倒的な再生回数を誇る川尻蓮がAクラスの評価を受ける一方、インパクト抜群のキャラクターで番組に爪痕を残した今西正彦がFにクラス分けされてしまうなど、今後の展開が気になる内容だった。

ナインティナイン岡村の司会が大炎上

 今後どうなっていくか気になるといえば、国民プロデューサー代表を務めるナインティナインだ。

 初回放送では随所に笑いを混ぜて緊張する練習生たちにちょっとしたリラックスを提供する役割を果たしていたが、実は少し前、彼らの司会ぶりが大炎上している。

 それは今月14日のこと。この日、初めての公開収録が行われたという。

 これまでの『PRODUCE 101』シリーズの流れから見て、この日は、練習生がチームに分かれて先輩アイドルグループの楽曲をカバーする「グループバトル」が行われたと予想されるが、そのなかでナインティナイン、特に、岡村隆史が練習生に対してセクハラや人種差別的な発言をしたとして、観覧参加者が次々とSNS上に怒りを書き込んだのだ。

 観覧参加者たちの投稿によれば、この日の岡村はステージ上で男性器の名称も口にし、さらには、練習生に対して「曲中に下脱ぐの?」「ちくび見えちゃいそうだね」「お尻ザラザラやろ」といった発言までしていたという。同性同士でも岡村と彼らの間にある権力構造を考えれば、これはセクシャルハラスメントといえる。

 さらに許容しがたいのは、岡村が海外から番組に参加する練習生に対して、国籍や言葉の拙さをあげつらった絡みをしていたということだ。

 SNS投稿によれば、韓国出身のキム・ユンドンやカナダ出身のアルジャマ勇心が得意ではない日本語で一生懸命話しているのに「何を言っているかわからない」などと、言葉の拙さをバカにするようなツッコミをしていたのだという。

 日本語の堪能なイ・ミンヒョクに対しては、わざと「パク・チソン」と間違えて名前を呼んでいたという証言もある。パク・チソンは、マンチェスター・ユナイテッドなどで活躍した韓国を代表するサッカー選手だが、こうしたかたちで意図的に名前を間違える行為もまた、人種差別そのものである。

テレビバラエティはハラスメントや差別に無頓着すぎる

 つい先日もお笑いコンビのAマッソがネタ中に大坂なおみに対して「漂白剤が必要」などと発言して大炎上。その騒動は日本国内にとどまらず、イギリスのBBCがネットニュースで取り上げるなど国際的な問題に発展した。

 『PRODUCE 101 JAPAN』の一件も、日本のお笑いがいかにハラスメントや差別といった問題に無頓着なままつくられているかを示す事例のひとつといえる。

 これまでの『PRODUCE 101』の流れであれば、グループバトルが放送されるのは第3話からになる。果たしてどんな放送になるのだろうか?

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。