社会

「飲み会での無礼講」は日本人の甘え 泥酔は信用を失う

【この記事のキーワード】
「飲み会での無礼講」は日本人の甘え 泥酔は信用を失うの画像1

「Getty Images」より

 日本では酒席は無礼講とされ、アルコールが入った状態での言動は大目に見られることが多かった。ひどいことを言っても、お酒のせいにすることができたわけだが、これを否定する研究成果がネットで話題となっている。アルコールが人格を変えるわけではなく、もともとの人格が強調されるだけという話だが、この研究成果についてはどう受け止めればよいのだろうか。

アルコールが入っても基本的な人格は変わらない?

 英国の研究者が、VR(仮想現実)を用いて人がトロッコに轢かれる状況を再現し、被験者がどのように対処するのか実験を行ったところ興味深い結果が得られた。被験者はアルコールを摂取した状態とそうでない状態で比較されるのだが、飲酒することによって、他人に共感したり、理解を示す能力は低下するものの、基本的な道徳については、飲酒による大きな違いが見られなかったという。

 この実験は、極限的な状況下において功利主義的に振る舞うのかどうかという、限定された意味での道徳観を調べるものなので、あらゆる局面においてこの結論が適用できるのかはわからない。だが、アルコールによる酩酊は、基本的な人格を変えてしまうものではないということを示す材料のひとつとなるのは間違いないだろう。

 酒席での言動については、国によって受け止められ方がかなり違う。

 日本では酒席の場での言動は普段とは別扱いとなり、泥酔してもそれが致命的な失点になるケースは少なかった。最近ではようやく厳しい処置が行われるようになったが、飲酒運転の事故に対しても甘い処分で済ませる組織が多かったのが現実だ。

 だがアルコールに厳しい米国では、酒席で泥酔するのは基本的にタブーと思ったほうがよい。

 米国人は陽気で寛容というイメージがあるが、それはあくまで表面的なものである。米国は禁酒法という厳しい法律を通していた国であり、今でも未成年者の飲酒については、過剰ともいえる反応を示す。

 米国人はビジネスの一環として、ランチやディナーを活用することが多く、当然、お酒が入ることもある。食事の場で、突っ込んで仕事の話をする米国人は少ないが、交渉の落としどころを探ったり、相手を評価する場として重視しているので、やはり食事は真剣勝負ということになる。

 一部の業界では、どの店をチョイスするのかという段階で、相手に対する厳しい品定めが行われているので、とてもリラックスできる状況ではないだろう。

 泥酔した人が、ストレートに咎められることはないが、ビジネスが絡む酒席で泥酔した場合には、基本的に評価はゼロになると思ったほうがよい。筆者は知人の米国人に「(本音ベースで)酒席で醜態をさらすことついて米国人はどう感じているのか」と聞いたことがあるが、彼の答えは「ぜったいに許容されない」というものだった(ちなみに本人はかなりの左党で、宗教はプロテスタントだった)。

アルコールでコミュニケーションを深めるのは時代遅れか?

 最近は中国の経済発展によって、中国をはじめ台湾、香港など中華圏で仕事をする人も増えているが、中華圏では酒席はビジネスの最前線と認識されており、商談すら酒席で行われることがある。中華圏では、杯を相手と重ねる際に、飲み干すことがルールとされているので、積極的にアルコールと付き合う必要がある。

 だが中華圏においても、人前で泥酔するのは絶対的なタブーであり、これをやってしまった人は、基本的にはアウトという認識だ。つまり泥酔はタブーという点では米国も中国も同じということになる。当然だが、酒の上でのこと、という言い訳も通用しない。

 以前、筆者も参加していた日中ビジネス関係者の酒席で、日本人と中国人が言い争いになったことがある。日本人が酔っ払って、少しタチの悪い冗談を言ったことが原因なのだが。翌日、ミーティングが始まる前にその日本人は「昨日は酔った勢いで失礼しました」と謝っていた。だが相手の中国人は「酔った時ほど人の本音は出るものです」と述べ、丁寧ながらも、まったく取り付く島もないという対応だった。その商談がうまくいかなかったのは言うまでもない。

 今回の研究成果が正しいのかはともかく、少なくとも米国や中華圏のビジネスパーソンと付き合う際には、「酒の上でのことだから」という論理は通用しないと思ったほうがよさそうだ。

 近年ではグローバル化がさらに進んでいることから、イスラム圏などそもそもアルコールを飲まない人も、ビジネスの場にたくさんやってくる。このため、最初からアルコールを入れずにランチやディナーに臨むという慣習が出来上がっている業界もある。

 日本国内でも若年層を中心にアルコールを好まない人も増えてきた。アルコールが入った席でコミュニケーションを深めるという概念自体が時代遅れとなっているのかもしれない。

無礼講が許されるのはムラ社会だけ

 日本において「酒の上での発言」が大目に見られてきたのは、日本が同質的なムラ社会であり、ビジネス上の付き合いが限定されていることが大きく影響している。ムラ社会の場合、何かあっても、望むと望まざるとにかかわらず、狭い社会での付き合いを継続しなければならない。酒席でのトラブルで対立してしまうと、その後、顔を合わせて仕事をするのが難しくなる。

 日本では「あうん」の呼吸で仕事が進むことも多いが、それも同質社会ならではだろう。口に出して論理的に説明しなくても、相手を忖度できるというのは、同じパラダイムに属しているからにほかならない。

 だが、オープンでグローバルな社会はそうはいかない。互いに異なる文化的背景を持った人が集まるので、はっきりと明示的に意思を伝えなければ、仕事にならない。つまり何を言ったのかが極めて重要であり、言葉(論理)がすべてに優先する。その結果、酒の上でのことであったとしても、その言動には明確な責任が伴う。

 今後は、日本においても「酒の上でのことだから」という理屈は徐々に通用しなくなるだろう。だが、この話は、ビジネスと食事を絡ませることそのものを否定するものではないはずだ。食事やアルコールが入る場では、その人の人格がにじみ出ることになる。相手を理解し、品定めするにあたって、食事の場ほど有益なものはない。

 成功者の多くが、食事の場を非常に重視しており、食事の場をどう使いこなすのかで、ビジネスの正否が決まると主張している。

 酒席では無礼講というカルチャーは、ある意味では、日本人の甘えだったと考えたほうがよさそうだ。アルコールが入った状態でも、大事な話を進められる冷静さが必要だし、アルコールが飲めない人は、アルコールなしでも、食事の場をうまく切り盛りする話術や人的魅力が必要となるだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。