社会

変わる運動会、快適“パブリックビューイング”が話題!

【この記事のキーワード】
【完成】変わる運動会、快適パブリックビューイングが話題  都内の小中高ですでに実績もの画像1

「Getty Images」より

 秋の運動会シーズンに突入したが、近年話題となっているのが運動会の在り方だ。熱中症リスクや弁当廃止論、組体操など危険競技に関する議論など、論点は多くある。

 最近広まっているのが、競技時間を午前中だけに短縮して開催する“時短運動会”の実施。昼下がりの暑い時間帯を避けて競技に取り組むことは熱中症対策にもなり、弁当ナシで帰宅するため共働き世代の保護者にとっても朝早く弁当を準備する手間が省けるとして好評だという。

 運動会の在り方が変わりゆくなか、あるユーザーが9月28日にTwitterにアップした運動会についてのツイートが大きな反響を呼んでいる。それによれば、体育館や各教室のスクリーン(テレビ)で、「パブリックビューイングスタイル」で競技を見る運動会があるのだという。

 ユーザーの投稿には、体育館のステージ上に大型モニターが設置され、保護者達がビニールシートを敷いて競技を観戦している写真が添えられていた。ツイートによれば、この学校では体育館のほかにも教室が解放され、モニターに運動会の様子を生中継しており、保護者たちがパブリックビューイング形式で運動会を観戦。保護者は自分の子どもの出番だけグラウンドに出て声援を送ったり、記念撮影を行ったりというスタイルで、非常に快適だったそうだ。

 Twitterでは「なんて素晴らしい運動会! 全国に広まれ~」「これは最高」と、驚きと賞賛の声が多く、「YouTubeで生配信してほしい」「オンデマンド放送もありかも」など、さまざまな意見が飛び交っている。

 運動会のパブリックビューイング化について、「ちょっと味気ない気もするなあ」「寂しい」という意見もあるが、我が子の競技中は校庭で声援を遅ればよく、親や祖父母の体調にも配慮されていると言えるだろう。

 保護者同士による早朝の場所取り合戦で近隣住民に迷惑がかかる問題や、炎天下での観戦の熱中症リスクなどを考慮すれば、たしかに合理的だ。

都内の小中高で導入されるパブリックビューイング運動会

 SNSでバズった運動会のパブリックビューイングだが、中高一貫の男子校で“御三家”のひとつ、東京都・荒川区の私立開成中学校・高等学校は、運動会にパブリックビューイング企画を取り入れており、好評を博しているという。

 毎年5月の第2日曜日に行われる「開成学園大運動会」は名物となっており、その看板競技「棒倒し」は、2018年に「ニューヨーク・タイムス」に取り上げられたほど。同校では3年前から、教室内にプロジェクターを設置し、休憩しながら競技観戦をできるスペースを設けた。今年5月開催の運動会では予定座席数は100席で、飲食可能と案内されていた。

 公立の小学校でも、東京都・港区立本村小学校は2017年6月の運動会で体育館にモニターを設置し、競技の様子を生中継していた。パブリックビューイングは約2年間実地され、保護者の好評を得ていたというが、残念ながら今年度については「アナログ配線で行っており、今年は担当者が転任してしまったので実地しておりません」(学校関係者)とのことだった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。