多部未華子の結婚も櫻井翔のご利益? 「生けるパワースポット」説盛り上がる

【この記事のキーワード】

櫻井翔は「結婚、比較的ドライに」

 「縁結びの神様」とさえ呼ばれる櫻井翔だが、本人は独身。櫻井は自身の結婚について、どのように考えているのだろうか。

 2015年に発売した嵐の47thシングル『愛を叫べ』は、結婚をテーマにしたラブソングだった。同年9月発売「女性自身」(光文社)のインタビューでは、櫻井が結婚についての質問に答える形でその結婚観を語っている。

<ステキだなと思う夫婦像は、仲が悪くない夫婦かな。いつでも手をつないで歩いている夫婦に憧れているわけではないというか。独身の僕が言うのもなんですけど、夫婦の仲がいい必要があるのかわからないから、悪くなければいいんじゃないかと思います>
<以前は結婚がひとつのゴールだと思っていたけど、そこがスタートなのかなって思うようになりました。周りの家庭を見ていると、結婚からいろいろなことが始まるんだろうなって。なかには独身に戻る人もいるし。結婚に対しては比較的ドライに考えています(笑)>
<結婚そのものに憧れがあるかというと、普通。大人になったんでしょうね>

 櫻井いわく<比較的ドライ>な結婚観が披露されたことに、ファンは「翔くんの考え方がシビアすぎる」「なんかリアルだなあ」「アイドルとしては正しい姿なのかも?」と騒然。一部スポーツ紙で熱愛が報じられた元交際相手の堀北真希が結婚を発表した直後のタイミングであったことから「今そんなことを聞くなんてえげつない」「櫻井くんかわいそう……」などと心配する声もあった。

 嵐が2020年をもって活動休止に入ることもあり、週刊誌やファンはメンバーの結婚動向に目を光らせている。嵐メンバーの誰が結婚を発表してもおかしくはない状況だが、櫻井が世間やファンを騒がせるのはもう少し先なのかも知れない。

1 2

「多部未華子の結婚も櫻井翔のご利益? 「生けるパワースポット」説盛り上がる」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。