社会

子どもの目線で児童虐待を体験するVR動画「辛くて最後まで見られない」ほどのリアル

【この記事のキーワード】
子どもの目線で児童虐待を体験するVR動画「辛くて最後まで見られない」ほどのリアルの画像1

「Getty Images」より

 子どもの目線から児童虐待の模様を再現した「児童虐待体験VR」のパイロット版がYouTube上で公開され、大きな反響を呼んでいる。

 制作を手がけたのは、映像制作会社・WESTE & Co.(ウェスト アンド カンパニー)。映像による疑似体験を通じて児童虐待の惨さを身近に感じ取ってもらうことによって児童虐待への意識や注意を高め、児童虐待の早期発見につなげることが目的だという。

 6分54秒に及ぶ「児童虐待体験VR」は、2018年に横浜市で実際に起きた児童虐待事件を再現したものだ。

 幼稚園に通っているらしい子どもの目線に合わせたアングルで撮影されており、視聴者が「子ども」の立場で虐待を受ける恐怖をリアルに感じる仕上がりになっている。

 まず冒頭のシーンでは、食卓でスマホをいじる男性が、キッチンで食事の用意をしている女性に対して威圧的な態度を取り続ける。女性は、男性と向き合って食卓に着いている子どもに、朝食としてコンビニ弁当とペットボトルのミネラルウォーターを差し出す。

 絶えず不機嫌な男性は「俺の飯は?」「早く持って来いっつってんの」と声を荒げ、母親が「早く幼稚園行かなきゃいけないから食べさせて」と言うと、「知らねえよ、こいつの予定なんか」「早く食えよ」と子どもに暴言を吐く。暴力こそないものの、この時点で心理的虐待と言えるだろう。

 男性からの「早く連れてけ」「邪魔なんだよ、お前もこいつも」といった暴言を受けた女性は、子どもに苛立ちを向ける。

 「早く食べて、ね」「いいから早く食べなさい! そうしなきゃ幼稚園遅れるでしょ!」「ねぇ、ねぇお願いだから、何で泣くの、私が悪いみたいじゃないのよ」「もういいわよ、出てって。外で立ってなさいよ」と女性は怒りを増長させ、激高していく。

 イライラを募らせた男性は「お前もうるさい」「こっちにこい」と女性を引っ張っていく。2人の姿は子どもの視界から消えるが、女性の悲鳴や鈍い音、男性の「ぶっ殺すぞ!」という怒鳴り声が聞こえ、女性が別室でDVを受けている様子が想像できる。

 次のシーンはベランダ。煙草を吸っているらしい男性の「お前さあ母ちゃんのこと好き? 嫌いなの? 俺がそのうち殺してやるから」と言う声。男性は「2人だけの約束。内緒だぞ。手貸してみ」と笑みを浮かべながら、子どもに煙草の火を差し向ける。

 煙草をふかしながら「逃げんなよ。熱くないだろ?」と男性は笑っていたが、子どもの反応が気に入らなかったのか表情を変え、「そういう目で見んなよ」「口で言ってもわかんないだろ」「母ちゃんと一緒に殺すぞ」と威嚇し、殴るようなポーズをする。

 それから「とりあえずお前ずっといろ」と言い残し、男性の姿が映像から消えると、ドアを施錠する音が聞こえる。子どもはベランダに閉じ込められたのだ。

 その次のシーンでは、冒頭と同じ食卓で、男性と女性が向き合っている。男性は泣いている女性の頭を撫で「俺が悪かった」「さっきはごめん」と謝り、首を振る女性に「前みたい仲良くやろう」と言う。子どもはその光景を少し離れたところから見ているのだろう。

 女性が「前は良かったもんね」「なんであいつがここにいるの」と言って立ち上がり、洗剤らしきボトルを手にして「ねえ、これであいつきれいにしようよ」と提案する。男性は「いいかも」と応じ、2人は「ねえほら、いい匂いだよ」「おいしいよ」「おいしいから飲んでみ」「口開けて」「そうだよ」「おいしいでしょ」「きれいになろうね」と笑みを浮かべながら、子どもに洗剤を飲ませる……。そこで動画は終了する。

 視聴しているだけでも、相当苦しくなる。ネット上には「辛すぎる」「最後まで見れなかった」という声が多い。しかし実際にこのような惨い状況に置かれた子どもがいるのだ。今もおそらく、日本中にいる。

 なんとかその環境から抜け出すことができたとしても、被虐待児が受けて来たダメージの大きさは計り知れない。どれだけケアしてもし足りないほどで、それこそ国を挙げて取り組まねばならない責務だろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。