モテライナーとモテマスカラ〜「モテ」が「Mote」になりますように

【この記事のキーワード】

モテが「kawaii」のようになれたら

 「名前? べつに“モテマスカラ”のままでいいよね」と「KEEP」に投票した人たちに、もちろん悪気はありませんし、責めるつもりもありません。ただ、メイクを取り巻くあらゆる“枠”を取り払うという意味の「UNFRAM THE BEAUTY」というコンセプトを持つUZUが、引き続き「モテマスカラ」という名前の商品を出し続けることに、私はどうしても違和感があるのです。

 UZUは現在アメリカにも進出し、「EYE OPENING LINER」はアメリカのユーザーからも高い評価を得ているそうです。今回の投票の結果、「モテマスカラ」は「モテマスカラ」の名前のまま、アメリカでも販売されることとなりました。

 せっかく「フローフシ(不老不死)」というエイジズムに加担しかねない名前を「UZU」と改め(アメリカでの表記は「UZ」と、より記号的なブランド名になっています)、「UNFRAM THE BEAUTY」のコンセプトを持つようになったのに、「メイクをする人は他者から恋愛的に求められるべき」とも取られかねない「モテ」の言葉を冠する商品を、そのままリリースしてしまうことが残念なのは私だけでしょうか。「モテマスカラ」の名前が「DROP」されていたら、どんな風にメイクすることを肯定してくれるような新しい名前が付いていたんだろうと、どうしても思ってしまいます。

 ただ、「モテ」という言葉の意味も、もしかしたらやがて変わっていくかもしれません。もともとは小さくて弱い、庇護すべき存在を表すものだった「可愛い」という言葉が、「kawaii」としてロリータなどの「人と違う」ファッションを愛する人たちを勇気づける合言葉になったように、「Mote」がいつか「自信と誇りを持って自分自身を愛すること」という意味の言葉になってくれることを祈るばかりです。

1 2

「モテライナーとモテマスカラ〜「モテ」が「Mote」になりますように」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。