エンタメ

EXIT兼近大樹、法律違反も「それの何が悪いと思っていた」過去

【この記事のキーワード】

兼近大樹Instagramより

 お笑いコンビ・EXITが今月4日、『爆報!THEフライデー』(TBS系)に出演し、兼近大樹の逮捕の裏側や過去について激白した。兼近は「週刊文春」2019年9月12日号(文藝春秋)にて、売春あっせんでの逮捕歴や窃盗容疑について報じられていた。

 「週刊文春」によると、兼近は当時19歳だった2011年、19歳であった女子高生に、出会い系サイトで知り合った男性といかがわしい行為をさせ、現金を受け取らせたという。「文春」の取材に対し兼近は事実だと認め、後日、SNSに謝罪文を投稿した。なお、EXITの所属事務所の吉本興業は、未成年時の逮捕歴であったことから「文春」に対して、法的措置も検討する姿勢を見せた。

 『爆報!THEフライデー』では、兼近大樹の生い立ちにスポットを当てていた。父親は建設業をしていたというが自己破産、さらに両親は離婚し貧困家庭に。兼近や妹はいつもお腹を空かせていたといい、近所の家にピンポンダッシュをしてわざと捕まったうえで、空腹を訴えてお菓子をもらうなどしていたそうだ。

 家計を支えるために兼近は定時制高校を中退し、新聞配達やとび職を経て、夜の店のボーイとなる。彼の周囲では片親が当たり前で、ちゃんと学校に行って親からお小遣いをもらっている人の方が“異常”だったという。

 そのような環境で生活する中、兼近は売春あっせんで逮捕される。当時の兼近は法に触れるとはわかっていたものの、「それの何が悪い」という思考に陥っていたそうだ。その数カ月後、次は窃盗の容疑をかけられ再び逮捕。10日間拘留されたが、不起訴処分で釈放された。

 この窃盗事件での逮捕拘留が兼近の人生を変えることとなる。拘留中に又吉直樹の著書『第2図書係補佐』(幻冬舎よしもと文庫)を読み、兼近はお笑い芸人になるという夢を持つようになったという。刑事から「今までの友達とは縁を切り、東京で芸人を目指せ」と背中を押されたことがきっかけで、それまでの環境を捨てて上京に踏み切った。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。