エンタメ

錦戸亮のTwitterが可愛すぎる! 関ジャニ∞辞めて一気に身近な存在に?

【この記事のキーワード】
【完成】錦戸亮のTwitterが可愛すぎる! 関ジャニ∞辞めて一気に身近な存在に?の画像1

錦戸亮公式Twitterより。「認証バッジ」ゲットで一件落着!

 9月30日をもってジャニーズ事務所を退所し、ソロ活動をスタートさせた錦戸亮。その同日にSNSの公式アカウントを開設し、最速のリスタートを切ったことはファンを喜ばせた。なかでも錦戸のTwitterアカウントはわずか7日間で6万5千人のフォロワーを獲得するほどの人気ぶりだ。

 9月30日、さっそくTwitterの公式アカウントを開設した錦戸亮。元KAT-TUNの赤西仁もTwitterで<Bahahahahha Happy Birth Day! It’s a whole new world baby.亮ちゃんFANの皆様お誕生日おめでとうございます!>とコメントを寄せて、その門出を祝福した。ただし、ハッシュタグでは<本物がどれか分かりづらいからはよバッジとってこいやんけ>と指摘し、芸能人や著名人のアカウント名につけられる「認証バッジ」を錦戸がまだ取得していないことにツッコんでいた。

 このツッコミに反応した錦戸は2日、<バッジってどうやったらつくんだろ?誰か助けてください>とツイート。認証バッジの取得方法が分からず困っていることを素直に明かしたところ、ファンのみならず著名人や企業の公式アカウントも続々と反応した。

 売れっ子音楽プロデューサーで関ジャニ∞とも親交のある蔦谷好位置は、<錦戸亮でつかないんだからおれはもう諦めている>とツイートし、自身のアカウントにも「認証バッジ」がついていないことを嘆いた。また、パーソナルトレーニングジムのRIZAPの公式アカウントは<RIZAPも公式マークが欲しい!!!!! でもなかなかもらえない(pωq)>とツイートで反応。株式会社マウスコンピューター、エスフーズ株式会社も同様の訴えをツイートし、錦戸ファンも一丸となってTwitterの「認証バッジ」取得方法を模索する大騒動に発展したのだった。

 錦戸は4日に自身のアカウント名を「錦戸亮 認証バッジ(青色のハート絵文字)」に変更。公式アカウントであることをアピールするための苦肉の策として“セルフ認証バッジ”をつけたようだが、ファンは「亮ちゃんかわいすぎ!」「Twitter JAPANさん、なんとかしてください」などと沸いた。

 事務所によって統制された情報を、マスコミを通じてしか得られなかった関ジャニ時代と比べれば、錦戸の存在がグッと身近に感じられるようになったことは間違いない。ジャニーズ在籍時代にはSNSで自由に発信することは考えられなかったが、錦戸もファンもはやくもSNSの双方向的かつリアルタイムなコミュニケーションに順応し、楽しんでいるように見える。

 そしてとうとう5日、錦戸はTwitterに颯爽と登場し、<改めまして、認証鬼怒亮です。いただきました。やったぜ!>と喜びのツイートで晴れて認証バッジを取得したことを報告したのだった。アカウント名の横には青色の「認証バッジ」が燦然と輝いており、ファンからは「亮ちゃんおめでとうございます」「アピールしたかいがあったね!」「各企業公式の皆様も、きばってこーぜッ」などと祝福のコメントが相次いだ。

 ちなみに錦戸はInstagramアカウント、YouTubeのチャンネルも開設しているが、Instagramの方はまだ認証バッジを取得できていないようだ。アカウント名には青色のハート絵文字の“セルフ認証バッジ”がつけられたままだが、一部ファンからは「可愛いから、このままでもいいかも……?」という意見もあるようだ。

 元関ジャニ∞では、昨年末で退所した渋谷すばるも今年ソロアーティストとして本格的に始動。渋谷は10月9日に初のソロアルバム『二歳』のリリースを控えており、TwitterやInstagramの公式アカウント上でプロモーションを行っているが、赤西がさっそく錦戸と絡んだように、渋谷と錦戸のSNSでのやりとりも今後は見られるかもしれない。

 芸能事務所のしがらみから離れてソロ活動をスタートさせたばかりの錦戸亮と渋谷すばる。渋谷はさっそくシモネタでプチ炎上もしていたが、それぞれネットリテラシーを学びながら、うまく利用していってほしい。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。