エンタメ

釈由美子「夫は家事・育児を“やってやった感”が凄い」の反論に共感多数 男性たちからも意見

【この記事のキーワード】
釈由美子「夫は家事・育児をやってやった感が凄い」の反論に共感多数 男性たちからも意見の画像1

釈由美子Instagramより

 釈由美子が18日放送の『ダウンタウンなう』(TBS系)で、「夫は家事・育児を“やってやった感”が凄い」と話した。

 2015年に実業家の男性と結婚し、2016年に第一子長男が誕生した釈由美子。ブログやInstagramでは育児関連の投稿が多い。

 番組ではまず、釈の夫から寄せられたという、釈の家事に対するクレームを紹介。その内容は「家事・育児を手伝うことが当たり前と思うな」というものであった。

<女優気質なのか、やってもらって当たり前。家事を手伝っても育児を手伝っても、当たり前と思っているのかお礼も言わない。やっぱり女優だからなと我慢してきましたが、この際言います>

しかし、夫のクレームを聞いた釈は「いやいやいや」と反論し、「女の人がやってもありがとうとは言われない」と不満を口にした。

<主人はすごくイクメンで、家事も手伝ってくれてありがたいんですけど>
<そこまで教えたというか……最初(子どもが)生まれた時は何もやってくれなくて、全部自分でやって……。でも、女の人がやっても「ありがとう」って言われないじゃないですか。なのに旦那さんがやると“やってやった感”をすごく出して、“「ありがとう」ないのかよ”みたいなのをされると、 “え、私いつもこれやってますけど? ”っていう……>

夫の「手伝う」感覚に違和感を感じる女性は多数

 釈由美子のこの発言に、ネット上では、「よくぞ言ってくれた」という妻からの賛同が相次いでいる。

<やって当たり前だろうが。手伝うとか、お礼だとかツッコミどころ満載!>
<手伝う!? 手伝ってってなに? 家事、育児は女の仕事で手伝って感謝されるん?>
<育児を手伝うって誰の子だよ>
<自分の家だろ?自分の子だろ?自分のことを自分でするのがなんで「手伝う」なの?>
<今の時代は、男女ともに育児もやる世の中でしょうに…>

 日本の夫は家事に消極的という数字も出ている。2018年には、リンナイ株式会社が世界5カ国の「共働き夫婦の家事事情」の調査結果を発表。日本(東京)・韓国(ソウル)・アメリカ(ニューヨーク)・ドイツ・デンマークの5カ国の約8割(平均79.4%)が「夫婦で家事を分担している」という結果だったが、日本でパートナーと家事分担をしていると答えた人は56.0%で5カ国の中で最下位。

 また、パートナーの家事に対する協力度を尋ねる質問でも、日本は男性79.9点(妻に対しての点数)・女性55.84点(夫に対しての点数)で男女差24.06点と、他国と比べ男女差が大きく、日本では共働きであっても家事・育児は妻の負担が多いという現実が窺える。なお、個人的な意識の問題だけではなく、長時間労働など社会全体の問題も深く関係しているだろう。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。