連載

人を憎み関西を憎み「反省しない」と宣言した死刑囚の最終陳述

【この記事のキーワード】
人を憎み関西を憎み「反省しない」と宣言した死刑囚の最終陳述の画像1

「Getty Images」より

 2005年(平成17年)から、主に刑事裁判を見つめ続け、傍聴ライターとして活動してきた高橋ユキが、これまで傍聴してきた刑事裁判を紹介してゆく。

 今回振り返るのは「京都・神奈川 親族連続強盗殺人事件」。2007年の冬、京都府長岡京市と、神奈川県相模原市で、親類を殺害し、金品を奪った男が逮捕される。のちに2件の強盗殺人罪で起訴されたが、初公判の罪状認否では「2人の冥福を祈るつもりはない」と述べる。彼は強盗目的ではなく「社会への仕返し」として事件を起こしたのだというのだ。

京都・神奈川 親族連続強盗殺人事件

<2008年傍聴@京都地裁>

 2007年1月16日夜、京都府長岡京市のある民家から「妻が浴室で血を流して倒れている」と110番通報があった。署員が現場に駆けつけたところ、その家に住む岩井順子さん(57=当時)が服を着たまま水を張った浴槽の中に顔をつけた状態でうつぶせに倒れており、すでに死亡していた。遺体には約10箇所刺し傷があり、家からは財布がなくなっていた。

 同月23日17時ごろ、府警捜査本部は東京都練馬区の路上で、順子さんの甥で住所不定の無職、松村恭造(逮捕当時25)を発見し、逮捕する。

 この直前である16時55分、神奈川県相模原市に住む加藤順一さん(72=当時)宅を訪れた長男から110番通報がなされていた。「室内に血痕があり、父親が行方不明になっている」。現場に駆けつけた相模原署員が2階和室の押し入れで加藤さんの遺体を発見。頭部に鈍器で殴られた跡が数10箇所あった。

 順一さんは松村の母方の祖父の弟。のちの調べで松村は順一さんも殺害していたことがわかる。

 松村は逮捕当初から、一貫して“反省しない”姿勢を貫いていた。順子さんに対する強盗殺人罪で起訴され、身柄が神奈川県に移される際に弁護人が開いた会見で、事前に「伝えたいことはないか」と松村に尋ねた際の返答を代弁した。

「25年間歩んできた人生の中で、反省すべきことは一つもない、と言っておいてほしい」

 “反省すべきことが一つもない”松村の半生は、どんなものだったのか。公判で明らかにされたことを書いていく。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。