エンタメ

10万円越えのガンダムフィギュア、なぜ『νガンダム』?

【この記事のキーワード】
10万円越えのガンダムフィギュア、なぜ『νガンダム』?の画像1

『METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム』。お値段は10万2300円(税込)!(©創通・サンライズ)

 今年12月にBANDAI SPIRITSから発売される完成品フィギュア『METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム』が、ガンダムファン界隈――いや、もはやガンダム好きだけではなく、ネット上で大きな話題を呼んでいる。というのも、その販売価格が10万2300円(税込)もするというのだ。

 いわずもがな、ガンダムとは1979年に放送が開始されたテレビアニメ『機動戦士ガンダム』を皮切りに今なお続編や関連作品が生まれ続けている、日本が誇る巨大コンテンツ。世界中のファンから根強い人気を誇り、今年は誕生40周年という記念すべき年を迎えたばかりだ。

 ガンダムの関連商品というと真っ先に頭に浮かぶのは、劇中に登場する人型兵器モビルスーツ(以下、MS)のプラモデル、通称「ガンプラ」だろう。しかし、『METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム』のような“完成品”フィギュアも揺るぎない人気を誇っているのだ。

 しかし、いくらファンとはいえ、フィギュアに10万円もの大金をポンと払うにはかなりの勇気を必要とするというのが、世間一般の庶民感覚ではないだろうか……?

 そこで、『METAL STRUCTURE 解体匠機』シリーズの第一弾『METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム』を制作した“中の人”を直撃。詳しい話を聞いてみた。

“ガンダム”に妥協しない! あらゆるロボット完成品フィギュアの究極を目指した商品

「弊社では、フィギュアやロボットを中心とした大人向けのコレクターズ商品を扱う部門として、2008年に『コレクターズ事業部』が創設されました。全商品に統一ブランドである『魂ネイションズ』というものを掲げていまして、豊富なラインアップと高いクオリティの商品によって世界中でファンを拡大しています」

 こう説明してくれたのは、株式会社BANDAI SPIRITS コレクターズ事業部 企画マネージャーの野口さん。野口さんは企画担当者として商品全般をプロデュースしている。

「なかでも、ガンダムフィギュアはお客様の趣向に合わせて複数のカテゴリーを展開しています。スタンダードな完成品可動フィギュアである『ROBOT魂』シリーズ。合金や主要な外装に塗装を施した『METAL ROBOT魂』シリーズ。さまざまなクリエイターの手を介し、“超合金の良さ”と“作品に応じたデザインアレンジ”が融合した究極の完成品トイブランド『METAL BUILD』シリーズ。これらが代表的なシリーズです」(野口さん)

 そうしたなかで、今年12月に満を持して新登場となる『METAL STRUCTURE解体匠機』シリーズ。歴史の長いガンダムフィギュアにおける、その位置づけとは?

「『METAL STRUCTURE解体匠機』シリーズは、あらゆるロボット完成品フィギュアの究極を目指した商品です。目につく外装だけにこだわるのではなく、開閉式のハッチを開くことによってメカニカルな内部構造を覗けるなど、内装にも大きくこだわっています。さらに細かな彩色にマーキング、部位に合わせてダイキャスト(金属)や軟質素材、エッチングパーツといった素材を選定し、LEDでの発光・点滅機構などなど、あらゆる点で最高の意匠を施しています」(野口さん)

10万円越えのガンダムフィギュア、なぜ『νガンダム』?の画像2

細部までこだわった意匠(©創通・サンライズ)

 自信たっぷりに語ってくれた野口さん。なるほど、バンダイの豊富なガンダムフィギュアのなかでも、『METAL STRUCTURE解体匠機』シリーズはとりわけ一線を画し、ファン垂涎の仕上がりとなった一品のようだ。

 そんな究極のフィギュア『METAL STRUCTURE解体匠機』シリーズの“楽しみ方”は?

「基本的にはインテリアとして鑑賞することを意識した商品ですが、ただ単に“飾って終わり”というものは目指していません。ポージングを変えたり、複数あるハッチを開けて内部構造をあえて露出させたり、デッキを配置したり、整備兵を置いたり、武器を変えたりと、お客様ご自身で日々手を加えながら楽しむことができるようにと考えています。

 また、付属の台座には2基のスポットライトが接続できるようになっており、お部屋の明かりを落してからそのライトを点ければ、まるでMSがハンガーに待機しているような気分を味わえるはずです。こうした作品世界に没入するような遊び方は、『METAL STRUCTURE解体匠機』の圧倒的な存在感があるからこそ成立するもので、この“存在感”こそ、今までの可動フィギュアにはなかった領域のものだと考えています」(野口さん)

なぜ初代ガンダムじゃなくて『RX-93 νガンダム』?

 そんな『METAL STRUCTURE 解体匠機』シリーズの第一弾『METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム』の特設サイトを覗いてみると……無骨ながらも洗練された雰囲気のサイト中に「解体」や「構築」といった文字が多く並んでいるのも気になるところだ。

「実はこの商品は、構想から発売まで約5年もの歳月を費やしているんです。その間、今回選んだ『RX-93 νガンダム』以外のMSでも同コンセプトで多くの試作品を作り、検証を繰り返してきました。本商品は全高が約370mmもある大型商品であり、一度にすべての部位を製作することが工程上難しく、一度製作したフォルムでも、内部構造の検証いかんでは、対となる外装の形状修正が必要になることもありました。

 そうして試行錯誤しながら製作した各部位を合わせて全身が組みあがってくると、今度は全身のバランス調整という新たな問題が浮かびあがってきます。結果として本商品ができあがるまでには、こうした『解体』と『構築』が何度も繰り返されているのです。つまり『解体』と『構築』という言葉には、製作まで積み重ねてきたそうした工程への想いを込めているのです」(野口さん)

 「解体」と「構築」を繰り返した「METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム」は、およそ2000個ものパーツで構成されているという。

「ただ、前提として部品構成の数が多いことが必ずしも優れているわけではないと考えています。そして、なぜそこまで数が多くなったかというと、それは先ほどご説明した『解体』と『構築』という検証作業を幾度も繰り返していくうちに、本商品にとって最適化された解答が“およそ2000個”というパーツ数だったということです。従来の商品より圧倒的に多いこのパーツ数、それ自体がウリということではなく、あくまで深く商品を検証した結果としてこの数があるのです」(野口さん)

10万円越えのガンダムフィギュア、なぜ『νガンダム』?の画像3

装甲の展開もバッチリだ(©創通・サンライズ)

 さて、これはガンダムファンならばどうしても気になるところなのだが……シリーズ第一弾のモデルとして抜擢されたのが、なぜいわゆる初代ガンダムの『RX-78-2 ガンダム』ではなく、『RX-93 νガンダム』だったのだろうか?

「実は、『METAL STRUCTURE解体匠機』の初期コンセプトモデルには、初代ガンダムである『RX-78-2 ガンダム』で制作をしておりました。ですが、最終的には『RX-93 νガンダム』を選んだんです。その理由としては、『RX-93 νガンダム』が登場する『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』が昨年30周年を迎えており、本商品の発表のタイミング的に『RX-93 νガンダム』の露出が増えることを加味しておりました。懐かしく感じるキッカケがあるということはハイターゲット向け商品において重要な要素だと考えています。また、νガンダムの機体設定としてコックピット周りがサイコフレームと呼ばれる構造でできており、この技術が後の作品である『機動戦士ガンダムUC』の『RX-0 ユニコーンガンダム』につながるなど魅力的なMSです。私も個人的に好きな機体ですね」(野口さん)

 税込みで10万円を越えるという驚きの高価格設定にも、やはり納得の理由があるようだ。

「先ほどもお伝えしましたが、『METAL STRUCTURE解体匠機』は『魂ネイションズ』というブランドを越えて、あらゆる完成品フィギュアの究極系を目指した商品です。本体重量は2000gを超え、台座や付属品を含めたパッケージの総量では6000gを超えます。今までの完成品フィギュアを越える存在感を突き詰め、最良の商品を目指していくなかで価格にとらわれない姿勢を選択した結果が、この値段と言えるかもしれません」(野口さん)

 “究極の完成品フィギュア”――この圧倒的な響きの魅力と、実際にできあがった“こだわりの果て”とも呼べる仕上がりを目の当たりにすれば、10万円超えの価格にも納得がいくだろう。事実、ホビーショップでは予約受付段階での完売が続出しているそう。12月の発売に乗り遅れないよう、要チェックだ。

★『METAL STRUCTURE 解体匠機 RX-93 νガンダム』

10万円越えのガンダムフィギュア、なぜ『νガンダム』?の画像4

(©創通・サンライズ)

2019年12月より全国のホビーショップ、ネットショップにて発売開始! 詳しい商品情報は魂ウェブで!

(文・取材=TND幽介[A4studio])

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。