文化の盗用について考える~自分のカルチャーに基づいた作品とは何か

文=堂本かおる
【この記事のキーワード】

Sol Cacao

カリブ海のトリニダード&トバゴ出身のマローニー3兄弟は、島の名産カカオで作ったチョコレートを食べて育った。今、3人はオーガニックのカカオとサトウキビ製のシュガーだけを使ったチョコレートを作っている。

文化の盗用について考える~自分のカルチャーに基づいた作品とは何かの画像11

https://www.solcacao.com/

John T. Reddick

ハーレムを舞台とした映画の時代考証も手掛けるハーレムの歴史家、ジョン。ショッピング・イヴェントでは黒人音楽レコードの貴重な初版ジャケット、黒人雑誌のバックナンバーなどを販売。

文化の盗用について考える~自分のカルチャーに基づいた作品とは何かの画像12

https://www.nycgo.com/articles/outthere-in-nyc-john-t-reddick-on-harlem

Elo Lip Care

どのブランドのリップクリームを使っても唇の荒れが治らず、じゃあ、自分で作ってしまえとElo Lip Care を興したティモシー。原料は全てオーガニックの植物由来。パイナップル、ペパーミント、ブラックベリー&ラヴェンダーなど8つのフレイヴァー。

文化の盗用について考える~自分のカルチャーに基づいた作品とは何かの画像13

https://elolipcare.com/

Heike NY

Harlem Makers Collectiveの3人の主催者のひとり、ハイケはドイツで生まれ、ロンドンでデザインを学び、ミラノで腕を磨き、ニューヨークで自らのブランドを立ち上げたデザイナー。

文化の盗用について考える~自分のカルチャーに基づいた作品とは何かの画像14

https://www.heike-ny.com/

K’s European Jam

ドイツとフランスで育ったカタリナは、祖母と母が庭で採れる果物でジャムを作るのを見て育った。今はハーレムでヨーロピアン・レシピのジャムを作っている。

文化の盗用について考える~自分のカルチャーに基づいた作品とは何かの画像15

https://ksjamsny.com/

Sincerely Harlem

「シンシアリー・ハーレム(親愛なるハーレムへ)」というブランドを立ち上げたディヴィッド。古き良き時代のハーレムのモノクロ写真を使った小物を手作りしている。

文化の盗用について考える~自分のカルチャーに基づいた作品とは何かの画像16

https://www.instagram.com/sincerely.harlem/

Karema Deodato

Harlem Makers Collective主催者のひとり、カリマの帽子はヨーロピアン・クラシックをモダンにアメリカナイズ。帽子に付いている小さなピンは、ガーターにストッキングを留めるために使われたアンティーク。

文化の盗用について考える~自分のカルチャーに基づいた作品とは何かの画像17

http://www.karemadeodato.com/

 自分の生い立ちやカルチャーに基づくものを作る、自分の体質に合ったものを作る、単に好きで好きで仕方のないものを作る……全て等しく文化の創造と言える。

 本当に好きだからこそ作ったものへの愛情と、文化の担い手としての矜持も生まれる。作品や商品を、見てもらい、買ってもらい、使ってもらいたい。だから最初は自分一人の小さなビジネスとして立ち上げる。

 ショッピング・イヴェントという場に持ち込み、実際に売るにはビジネスプランと経費が必要になる。もはや「好きだから作る」だけでは済まなくなる。

 ショッピング・イヴェントに独特の空気があるのは、これが理由だ。ヴェンダーがお互いの作品や商品の背後にある愛情と情熱と文化を尊重し合い、かつビジネスとして維持するための工夫や苦労があることも知っている。ただし、立ち寄ってくれるお客さんには愛情と情熱と文化だけを明るく楽しく見せ、苦労は見せない。だからこそショッピング・イヴェントには和やかな空気が流れる。

 こうしたショッピング・イヴェント特有の空気と質を維持するために、主催者は参加ヴェンダーを厳選する。必ずしも完璧な作品や商品を売るヴェンダーだけを選ぶということではない。愛情と情熱と文化に裏打ちされたオリジナリティのあるヴェンダーが選ばれるのである。オリジナリティ=独創性、つまり文化の盗用が入り込む余地は、ここにはないのである。
(堂本かおる)

■記事のご意見・ご感想はこちらまでお寄せください。

1 2

「文化の盗用について考える~自分のカルチャーに基づいた作品とは何か」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。