連載

アドリブが激しすぎる『おっさんずラブーin the skyー』、舞台裏の攻防は?

【この記事のキーワード】

『おっさんずラブーin the skyー』公式サイトより

 11月2日にスタートした土曜ナイトドラマ『おっさんずラブーin the skyー』(テレビ朝日系)。土曜の夜、23時15分~という深夜帯ながら初回視聴率は5.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と上々でした。

『おっさんずラブ』ファンのアツももちろん視聴。期待を上回る面白さに太鼓判を押しつつ、撮影現場の意外な話をお届けします。

ーー

 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

 やっぱり面白かったドラマ『おっさんずラブーin the skyー』(テレビ朝日系)の初回放送。皆さん、ご覧になりましたか?  土曜の夜にこんなに思いっきり笑えるなんて、本当にありがとう!

  見終わった瞬間から"いつメン"たちとLINEのやりとりが始まり「期待を裏切らないにもホドがあるよね~」、「はるたん絶好調」等とお祭り騒ぎ。夜中だけどお構いなしにプロデューサーにもLINEしちゃって、感動冷めやらずよ。ひとしきり感想を言い合った後にもう一度ゆっくり録画を見直してまたまた大笑い。山P好きでいつもなら美形しか目に入らない特異体質の(!?)美人記者・M先輩でさえ「見た見た。鋼太郎がめちゃくちゃ面白かったわ」といつになく大興奮。

 以前「秋クールのドラマはテレ朝の圧勝に違いない」と書いたけど、そのとおりになっちゃったわね。『ドクターX~外科医・大門未知子~』や『相棒 』、『時効警察はじめました』等も好調ですでに「一人勝ち」状態だったけど、最後の最後に始まった『おっさんずラブ』はまさに決定打。テレ朝サイドは相変わらず謙虚な姿勢を崩さないけど、内心は笑いが止まらない毎日なんじゃないかしら?

 やいのやいの言ってる最中『2019ユーキャン新語・流行語大賞ノミネート』が発表され、「タピる」が入ったことから、誠に勝手ながらアツたちは『おっさんずラブ』を『OL』改め『ラブる』と略すことに。通じるような通じないような何だか微妙な感じだけど、仲間うちの略称なのでどうかお許しを。

 それにしても去年の『2018ユーキャン新語・流行語大賞』のトップテンに『おっさんずラブ』が入り、今年は『あな番(あなたの番です)』がノミネートされて、はるたん……じゃなかった田中圭さんったらどんだけ流行しちゃってるのよ〜。確かにアツも『あなたの番です』(日本テレビ系)にハマっちゃった1人だし、異論なんか全くないんだけど。田中圭、恐るべしよね!

放送前の不安を吹き飛ばす初回の勢い

 単発や連ドラ、今夏に公開された映画『劇場版おっさんずラブ~LOVE or DEAD~』を経て、待ちに待ったシーズン2の舞台はタイトルにもあるように空。

 会社をリストラされてしまった春田(田中)は縁あってCAに転職。その職場である"天空ピーチエアライン"で出会ったのが運命のお相手(!?)とも言えるスタイリッシュな黒澤機長(吉田鋼太郎)と、ベビーフェイスでモテモテの副操縦士・成瀬(千葉雄大)&ストイックで職人肌の整備士・四宮(戸次重幸)たち。

 うっかりはるたんに恋をしてしまった黒澤機長、女子にモテモテなのにはるたんに突然キスをかました成瀬副操縦士、料理上手でこっそりはるたんの似顔絵を描き続けていた四宮整備士の四角関係を中心に、くんずほぐれつ。大人のオトコたちの究極のラブストーリーが綴られているわけなの。オトコたちの四角関係に加えて、今回ははるたんを慕う広報職員の緋夏(佐津川愛美)とのラブもあって、一体はるたんが最終的に誰を選ぶのか、誰かと結ばれるのか誰とも結ばれないのか、とっても気がかりな展開なのよね。

 今や「底抜けに明るいピュアなダメ男」を演じさせたら右に出る者ナシの圭くんの演技は、完全に振り切っていて「アッパレ!」の言葉しか思い浮かばず。ツンデレ感満載のスゥイート男子・千葉くんも初回からはるたんにいきなりチューはするわ、網ドンはするわで目が離せず。仕事に誇りを持ちながらも女子力も高い料理上手な男を演じる戸次さんは余裕アリアリの演技で楽しませてくれるしね。

 それに何と言っても背筋がピンと伸びた華麗なウォーキング&ターンを見せてくれた鋼太郎さんの演技が秀逸で、何度も何度もリピっちゃったわよ。心の中で力の限り「愛しのはるた〜ん♡」と叫んでいそうな切ない表情なんて、どっからどう見ても笑えるし、まるで鋼太郎さんの1人ミュージカルを見ているようで、夜中なのに踊りたくなっちゃったもの。

 放送前は、シーズン2にはレギュラーメンバーだった林遣都くんが出演しないと聞いて「大丈夫なのかしら?」と心配していたんだけど、とりあえずその辺りは杞憂に終わってひと安心よ。その代わり遣都くんのお姿は毎朝、連続テレビ小説『スカーレット』(NHK)で堪能できるしね。ヨシとしましょ!

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。