連載

無責任な教祖たちに踊らされる子宮系女子が、追い詰められたその先にある懸念

【この記事のキーワード】

黒猫:しかもおかしな人って突き抜けますから、その強みもありましたね。例の妊婦さんは、追い出されたと騒いだ記事でその瞬間だけアメブロランキング1位になっていましたけど、だからって何になれるわけでもない。魅力があって見られているわけでもないし、オフィシャルブロガーでもないから、収益にも結び付きませんし。かといって、おかしなオフィシャルブロガーに、「集客力のあるインフルエンサー=お金を落とす価値アリ!」みたいなお墨付きを与えるのもやめてほしいです。

ノジル:島におかしな人たちが集まっておかしな情報をどんどん発信し、島のイメージもどんどん悪くなり……。まさに昨年10月にユキさんがブログで書いていらっしゃったような(長崎県壱岐島の悲劇)、現代の上九一色村神村(笑)。子宮系サティアンだ。

黒猫:それ、一部で我々のせいにされてるんですけど「変なイメージがつくから島の名前出すのをやめろ」みたいに言われても、いやいや八木さや氏のせいだから。私たちのせいじゃない(笑)。おかしなヤツらが移住したとしても、本当に「引退」して平穏なままなら何も言いませんよ。実際にhappy氏の縄文祭では島を荒らされて市議会で問題にもなりましたし、それが現実ですと言っている。フォロワーさんからもよくメッセージをもらいますが、壱岐市出身者や親族が住んでいるという方は島民と連絡をとっているみたいですよ。わからないままじわじわと侵食されて取り返しがつかなくなるほうが嫌だと、子宮系女子の動向をチェックしている方もたくさんいます。

ノジル:島の産業ともからまず、権威を利用しようとした神社からは奉納金をつっかえされて拒否され、閉鎖コミュニティが出来上がらないといいですね。子宮ファミリーで互助会とかないのかな。

黒猫:それこそ、村で恐ろしいことが起こるでしょうね。閉鎖されたコミュニティなんだから。

ノジル:しかもボス(八木さや氏)の機嫌を損ねると叩き出されますし、恐怖政治だな~。ほかにもユキさんと私のところに、移住者の家族より情報が届いておりますが、それはまた「身内がトンデモになりまして」シリーズでまとめることにして、詳細は次回に。

スピカルトは反グレ集団

ユキ:私はあくまで個人でブログ書いてるだけですので、それ以上のことはできないんですけど、こういったこまごまとしたトラブルが本当に燃え上がって落ちるには、まだ至っていない。生活が行き詰り自殺するとか虐待が通報されるとか社会問題化されてからはじめて、それなりのメディアがその背景を追いかけてくれるんでしょうね。

黒猫:白装束で踊って視覚的に不安を与えていたり、具体的に迷惑行為をしていれば別なんですけどね。ネット上での中身のないものの高額商売がそれほど問題として取り上げられないので今のところなんとも……。追い出された妊婦さん、周りが心配しているのに「大きなお世話!」とか反応するのってどうなのかな。「自分ビジネス」とやらが、そうやって強気で書くべしと、レクチャーしてるんでしょうか。

SpiYakou140b_02

ユキ:本当に、息するだけでお金ってかかりますよね。なのに無職で妊婦で幼子ふたりつれて、今の状態がいつまで持つと思いますか? なぜ離婚した旦那さんは、子どもだけでも引き上げにいかないのか。

黒猫:世の中の夫は、そんな優しい人ばかりじゃないんですよ。おかしなものにかぶれて離島に移住する妻を迎えに行くような理解ある夫なら、そもそも妻が子宮系につけこまれなかったかもしれない。私の身内のときもそうでしたが、そんな人なら移住する前に目を覚まさせるように手を尽くしますし、幼い子どもやお腹の中の子のために意地でも離婚しないように頑張ると思います。ただ、そうしたうえでの結果なら外部は責めようがない。妻がおかしくなったことも含めて夫婦の問題ですから。ほかにも夫婦でおかしくなっているケースはありますけどね。

ユキ:私、カルト教団がヤクザだとしたら今のスピリチュアルカルトは反グレだと思っているんですよ。詐欺集団と同じでゆるく横につながっていて、誰も責任をとらない。反グレなら、ヤクザ系のほうがまだマシじゃないですか? 親分がいて下っ端の面倒を見てくれるから(笑)。

黒猫:大手カルト教団なら信者が施設に入れば、生活の面倒はみてくれるかもしれない。でも子宮教は実際なんにもしてくれないうえに、最後は自己責任。それでやっていけるよ! と呼びかけているのが無責任すぎて仕方がない。もちろん、カルト教団を擁護しているわけではありませんよ! それ以下、ということです。というか、龍とか宇宙とかいろいろ言ってますけど、現実に起きたいろいろなもめ事やトラブルだけ見るとスピリチュアリティのかけらもないですよね。

ユキ:私は「スピリチュアルビジネス」って、呼ぶことにしています。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。