社会

相鉄線の「女性専用車両取りやめ」はなぜ? JR線と直通運転で

【この記事のキーワード】
【完成】相鉄線の「女性専用車両取りやめ」はなぜ? JR線と直通運転での画像1

相鉄線公式Instagramアカウント「もっと相鉄線」より

 11月30日、相鉄線とJR線が直通運転をスタートする。このダイヤ改正にともない、相鉄線ではこれまで運用していた夕方の女性専用車両を取りやめることが決定し、SNSでは「やめないで」「なくなると困る」というユーザーの声が上がっている。

 相鉄線ではこれまで朝7時~9時30分の横浜駅着上り線全列車のほか、夕方18時~最終列車の横浜発下り線全列車に女性専用車両を導入していた(いずれも平日限定)。しかし、JR線との直通線が開通することによって、夕方の時間帯の女性専用車はなくなる。

 なお、都内を走るJR、小田急電鉄、東急電鉄、京浜急行電鉄、西武鉄道、東武鉄道、東京メトロ、都営地下鉄は、女性専用車両は朝の通勤通学ラッシュの時間帯のみで、夕方の時間帯には導入されていない。なお、京王電鉄は平日18時~0時34分に新宿駅を発車する特急・準特急(新宿駅~調布駅間)で女性専用車両を導入している。

 一方で、警視庁によれば、東京都内の平成29年度の痴漢(迷惑防止条例違反)は約1,750件発生。そのうち71.3%が電車内や駅構内で発生している。痴漢の全体の時間別発生状況としては、午前7時~午前9時の通勤通学の時間帯に約30%が集中して発生。次いで多いのが、帰宅時間帯の18時~19時頃だ。

 相鉄線とJR線の直通運転によって、夕方の女性専用車両がなくなることを惜しむ声は多い。そこで廃止の理由や経緯について、相鉄線を運用する相模鉄道株式会社と、JR東日本の広報担当者それぞれに話を聞いた。

相鉄線「混雑緩和が見込まれる」「途中駅からの運用が困難」

――相鉄線はこれまで、朝のラッシュ時だけではなく夕方以降も女性専用車両を設置していました。なぜですか?

相鉄線担当者:当社線では、平成17年5月に深夜の時間帯へ女性専用車両を初導入し、同年12月からは18時~終列車にまで時間帯を拡大いたしました。理由としては、痴漢対策として、朝のみならず夕方の設定をご要望されるお声が増えていたためです。

――しかしJR線との直通運転によって廃止に。維持の方向でも検討されたのでしょうか。

相鉄線担当者:廃止の理由はふたつあります。ひとつは、直通線の影響によって横浜発の列車の混雑緩和が見込まれることです。これまでは横浜駅で乗り換えて都内方面へと向かわれていたお客さまに直通線をご利用いただけるようになり、ご乗車が分散されることによって、混雑緩和が期待されます。

 もうひとつは、途中駅からの女性専用者の運用が困難なことです。直通線の開通後、西谷~海老名間にはJR線と相互直運転を行う列車が混在して運行することになりますが、JR線と当社線で女性専用車両の運用時間が異なっているため、途中駅となる羽沢横浜国大駅などからの運用変更は困難です。

 また、当社線内で引き続き夕方以降の時間帯に女性専用車を実施した場合、西谷~海老名間では横浜からの列車と直通線からの列車が混在することから、列車によって女性専用車の運用が異なることになり、お客さまの混乱を招く恐れがあるため、夕方の女性専用車両の実施の取りやめることを決定いたしました。

 こうした状況を鑑みて、何卒事情をご賢察賜り、ご理解とご協力くださいますよう、お願い申し上げます。

――直通線の影響による女性専用車両の運用で、他に変更点はありますか。

相鉄線担当者:相鉄・JR直通線の11月30日開業により、朝の時間帯の直通線に女性専用車を新設いたします。直通線では、平日朝の7時20分~9時30分までに大崎駅に到着する列車に女性専用車両を実施いたします。また、朝の横浜方面の女性専用車設定時間を、横浜駅に平日朝7時から9時に到着する列車に時間を変更いたします。これまで(横浜駅に平日朝7時から9時30分までに到着する列車)より30分の短縮になりますが、これも直通線の開業によって都心方面への分散により列車の混雑緩和が見込まれることが理由です。

 また、これまで当社線では女性専用車両を4号車に設定しておりましたが、10号車(8両編成は8号車)へと変更いたします。乗り入れ先のJR埼京線では女性専用車両が10号車に設定されているため、JR東日本の運用に合わせた方がお客さまにもわかりやすいと判断し、変更することといたしました。

――女性専用車両の変更に対して、お客さまからはどのような反応がありますか。

相鉄線担当者:ご要望も含めて、問い合わせをいただいております。

――JRと相鉄線で運用時間が異なっているのなら、これからは夕方~夜で共通の時間帯をつくって運用することは出来ないのでしょうか。車両の変更は出来るのですし……。

相鉄線担当者:夕方の時間帯の女性車両の取りやめや号車の変更については、社内でもさまざまな意見がありました。ただし、直通運転というのは当社線だけでは決められないことですので、JR東日本さまとの協議などにより、総合的に判断し、決定しております。

JR線「男性のお客様にも十分な理解を」

 一方で、相鉄線と直通するJR線は、埼京線は平日朝の7時30分~9時40分新宿発大崎方面行の全列車、平日夜の23時~終電新宿発川越方面行の全列車に、女性専用車両を設けている(りんかい線内は東京臨海高速鉄道が実地)。相鉄線との直通線開通後も、変更はない。

 相鉄線との直通運転で、これまでと別の時間帯に女性専用車両を設けるかどうかという検討はなかったのだろうか。JR東日本にも問い合わせたが、はかばかしい回答は得られなかった。

――相鉄線では夕方の女性専用車両を設置しておりましたが、JR線との直通線を開始するにあたって設置を取りやめています。どのような経緯でそうなったのですか。

JR東日本担当者:埼京線を含む当社線では、夕方の時間帯は朝の通勤時間帯ほどの混雑は見込まれないという理由から、女性専用車両を導入しておりません。また、男性のお客さまに対しても十分な理解を得る必要があるという側面もございます。以上の理由から、相鉄線との直通線において夕方の時間帯の女性専用車両を設置しないこととしております。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。