エンタメ

NGT48中井りか「メンバーおもちゃにして…」運営批判と削除繰り返す NGT運営はどうなっているのか

【この記事のキーワード】
【た】NGT48中井りか「メンバーおもちゃにして…」運営批判と削除繰り返す NGT運営はどうなっているのかの画像1

中井りかTwitterより

 13日、NGT48メンバーの中井りかがSNSを更新。一連の内容がNGT48運営への批判だとして物議を醸し、拡散されている。

 SNSを複数活用している中井だが、13日にUPしたInstagramのストーリーではファンからの「NGTの運営様って本当に」というコメントに対して次のように返していた。

<まあ、どーやったら面白く見えるかってことを考えて撮るからね。そこはどーしようもないよね。そしてアイドルなんて金儲けの道具でしかないからね>

 中井は動画配信サービス「SHOWROOM」で配信した動画内で、研究生のSHOWROOM出演をめぐって「なんでリリースしないんだろうって。急に辞退した理由が分からないじゃん」と異議を唱え、「運営とバトっていた」と発言していた。「アイドルなんて金儲けの道具でしかない」とした投稿内容も、SHOWROOMへの出演をめぐってのものと見られる。

 さらにこの日、中井はTwitterでも下記のツイートで追撃していた。

<こんなこと言う大人がいて グループ全体を応援してほしい時にメンバーを見えないとこで競わせてなにがしたいのかわからない。ファンの人たちのために頑張りたいんだよ 運営のために頑張るんじゃなくて>
<メンバーが頑張ろうとしてたSR(※編注:SHOWROOMのこと)イベント遮って過去自分のグループがかわいそうだったからって仕返ししないでよ(略)メンバーおもちゃにしてまた涙してるとこ見せとけばいいみたいな考え方 本当に嫌い運営>
<現場に来てくれるマネージャーさんたちは死ぬほど頑張ってくださってて たまに公演ぱっとみて文句だけ言って帰る上の人とはちがうよ>

 上記のツイートはすでに削除されており、中井のTwitterも平常運転に戻っているが、ファンからは中井の荒れた言動に対して賛否両論が起こっている。

意味深なSNS投稿を繰り返す中井りか

 中井がSNSや配信動画で運営に対する批判的な投稿をするのは、これが初めてではない。

 NGTといえば今年1月、NGTでは元メンバーの山口真帆が被害者となった暴行事件が発覚した。騒動が広がるなかで、メンバーの加藤美南がInstagramに事件にまつわる“不適切投稿”をして炎上。これによって、運営は全メンバーにSNS禁止令を出していた。

 今年8月1日、運営はメンバーのSNS再開を宣言したが、中井はその翌日、意味深なツイートをしていた。

<何でもかんでも止めりゃいい 制御すればいいってもんじゃないっていうのを言いたい 個性が死ぬ それじゃ敵の思う壺すぎることをわかってない人がおおすぎる 届くかなあわたしの声は(笑)>
<叩きたいならわたしのこと叩けよ敵>

 この投稿にファンは騒然としたが、その直後に中井は<SNSを改めて開始して早速皆様にご心配、ご迷惑をかけてしまったかと思います。でも私の言葉で伝えたいことがいくつもあって、それが溢れ出てしまってなかなかうまく伝わらなかったのもわたしのせいです。ごめんなさい>と謝罪し、一連の投稿を削除した。

 SNS再開直後の謎の投稿。一体何を伝えたかったのか、彼女にとって誰が「敵」なのか、ファンは憶測を深めるばかりだった。

 中井が運営に批判的な態度を取っていることは確かなようだが、その主張は不明瞭だ。中井による運営への“ファイティングポーズ”にはファンからの好意的な意見もあるものの、一部では中井の“炎上商法”を疑い、運営との関係性も「プロレスだ」とみなす穿った意見もある。

暴行事件で明るみになったNGT運営の杜撰さ

 前述の山口真帆への暴行事件をめぐっては、NGTを運営するAKSの杜撰さが浮き彫りになった。被害者の山口真帆は、運営の異常な体質を次々に明かした。

 そもそも昨年12月に発生した暴行事件が1月になって明るみに出たのも、山口がSHOWROOMで配信した動画で涙ながらに被害を“告発”したからだった。

<結局この1カ月待ったけど、(運営は)何も対処してくれなくて>
<クリーンなNGTにするっていったのに、新しいNGTにするって、悪いことしてる奴らだって解雇するって言ってくれたのに、何も対処してくれてなくて>
(1月8日に山口が配信した「SHOWROOM」動画の発言より)

 山口の決死の“告発”がなければ、暴行事件そのものが闇に葬り去られていた可能性もある。その後、運営側はいっさいのコメントを控えていた一方で、10日の劇場公演で姿を見せた山口は、被害者であるにも関わらず「このたびはお騒がせしてしまいすいません」と頭を下げた。

 暴行事件の被害者が謝罪するという異様な光景に、ファンからも批判や疑問が殺到。3月22日には第三者委員会による調査報告書を受けて会見が開かれ、AKS運営責任者(当時)の松村匠取締役、NGT48の早川麻依子劇場支配人らが出席した。

 このとき、山口はそれまで沈黙を貫いていたTwitterを駆使して運営の言い分にリアルタイムで反論して見せた。

<私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました。私が謝罪を拒んだら、「山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる」と言われました。他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました>
<なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい>
(3月22日の山口のTwitterより)

 山口によって調査報告書の内容の矛盾点や虚偽を突かれた松村氏はしどろもどろに。結局、会見はAKS側の傷を深めるばかりだった。

 山口は4月の劇場公演でグループからの卒業を発表したが、そのステージ上でもAKSの代表取締役社長である吉成夏子氏から言われたという言葉を暴露している。

<事件のことを発信した際、社長には「不起訴になったことで事件じゃないということだ」と言われ、そして今は会社を攻撃する加害者だとまで言われています>
<目をそらしてはいけない問題に対して、「そらさないなら辞めろ。新生NGT48を始められない」というのが、このグループの答えでした>
<私には人の命より大切なものがなにか分かりません。
大切な仲間たちが安全にアイドルをできる毎日になってほしいと、心から願っています>

 山口は一貫して運営批判を続けてきたが、一連の発言からは、NGT運営が所属タレントへの敬意を欠いていること、企業組織としての危機管理能力のなさが窺える。事件発生から約1年が経つが、NGT48というアイドルグループはいまだ信頼回復には至っていない。

 中井りかによる運営批判はこの事件と関係があるのか不明だが、彼女の言わんとしていることもまた、組織が個人を蔑ろにしていることの告発という点では共通している。NGT運営の健全化は、あり得るのだろうか。

あなたにオススメ

「NGT48中井りか「メンバーおもちゃにして…」運営批判と削除繰り返す NGT運営はどうなっているのか」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。