質素な暮らしでも月48万円以上が必要…現実との落差に悲痛な声

【この記事のキーワード】
質素な暮らしでも月48万円以上が必要…現実との落差に悲痛な声の画像1

Getty Imagesより

 京都地方労働組合総評議会(以下、京都総評)は今月5日、最低生計費試算調査(生活実態調査)の「子育て世帯(30代~50代)」の結果を発表した。

 京都総評が試算したところ、京都市内で30代夫婦と子ども2人の家族が“普通”に暮らすために必要な金額は、月額48万6913円(税・社会保障料込み)だという。

 試算対象となったのは、組合員の中でも30代・40代・50代の「夫婦と未婚子からなる世帯」、いわゆる子育て世帯だ。アンケート調査を実施し(サンプル数は、30代321通、40代481通、50代563通)、京都市伏見区で子育て世帯が「普通に」暮らしていくためにいくら必要となるのかを試算した。

 試算の結果、「必要な金額」として以下の結果が出たという。

  • ・30代世帯(30代夫婦、小学生と幼稚園児の4人家族。夫は正規従業員、妻は非正規で夫の扶養家族)は月額48万6913円
  • ・40代世帯(40代夫婦、中学生と小学生の4人家族。夫は正規従業員、妻は無職ないしパートで夫の扶養家族)は54万9823円
  • ・50代世帯(50代夫婦、大学生と高校生の4人家族。夫は正規従業員、妻は無職ないしパートで夫の扶養家族)は70万7536円

 30~50代の世帯が子ども2人を育てながら普通に暮らすためには、年間580万円~850万円必要ということだ。

 なお、現状としてフルタイム共働き夫婦が少ないということから、上記のロールモデルでの試算になっている。

 夫婦がフルタイムで働き、ひとり24万円ずつ稼げば世帯月収は48万円を達成できるが、女性は出産を機に正社員での職場を退かなければならないケースもある。現実問題として、「夫婦共働き」といっても双方ともに正社員の家庭は少数派だ。

最初に家庭外でお金を稼いだのは女性だった 専業主婦誕生までの意外な経緯

 世界的にみて、男性は仕事、女性は家事・育児という性別分業は崩れつつあります。しかし日本では、共働きではあるものの、男性には稼ぐことを求め、女性には家事…

質素な暮らしでも月48万円以上が必要…現実との落差に悲痛な声の画像1
質素な暮らしでも月48万円以上が必要…現実との落差に悲痛な声の画像2 ウェジー 2019.12.01

月収48万円でも質素な暮らしになる

 この最低生計費試算調査について、20日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)が特集した。

 番組では、 “必要”とされる48万と現実の収入がどれほど離れているかについてクローズアップ。『スッキリ』が示した厚生労働省のデータによると、2018年の男性の平均賃金は以下の通りだ。

  • ・30~34歳:28万9400円
    ・35~39歳:32万5200円
    ・40~44歳:35万8700円
    ・45~49歳:39万4900円
    ・50~54歳:42万6000円
    ・55~59歳:41万9500円

 30~34歳の夫婦で子どもが2人いる場合、仮に夫の賃金のみだとすると「普通の暮らし」に必要な48万6913円には、19万7513円も及ばない。そしてたとえ共働きでも妻の就業形態がパートやアルバイトだとしたら、月20万円弱を稼ぐことは容易ではないだろう。

 『スッキリ』の取材に応じた静岡県立大学准教授の中澤秀一氏(最低生計費試算調査を監修)によると、試算で想定しているのは“贅沢”な暮らしではなく、どちらかといえば“質素”な暮らしだという。

<(試算の時に)たとえば7割の人が持っているものだったら、それは持たせましょうとか>
<どこも贅沢している要素はなくて、むしろ全然遊びに行っていない。(必要なお金を)積み上げていくと、月48万円になる>

 確かに今回の試算で想定されている、子育て世帯の暮らしぶりは“贅沢”とは言えない。30代世帯・40代世帯・50代世帯のいずれも、住まいは6万円台の賃貸住宅で、乗用車は中古、子どもたちは公立の小中高(幼稚園と大学は私立)に通う。

 30代世帯の娯楽と教育費での支出は、こうだ。

  • ・父の背広:月783円(1着1万8800円×2着、4年使用)
    ・母のスカート:月106円(1着1900円×2、 3年使用)
    ・父の飲み会:月1回・4000円
    ・日帰り行楽:月に1回・家族みんなで5000円
    ・子どもたちの教育費:月28000円

 教育費は子どもの成長とともに跳ね上がり、40代世帯(子どもは小学生、中学生)では月3万8875円、50代世帯(子どもは高校生、大学生)では月12万7847円となっている。

 中澤氏によると、試算では京都市内での子育てを想定しているが、日本全国どこにいても大体同じ金額が必要になる。

 経済格差が広がる中、今後は貧困の問題も大きくなる。打開策については<お給料を上げていくしかない><賃金の底上げが大事>と指摘した。 

 Twitter上でも「月48万円」というキーワードが大きな話題になったが、<こんなに貰えていない>といった悲痛の声、はたまた<月48万円は贅沢だ>と節制を促す意見などが乱立し、問題の深さが窺える。

「質素な暮らしでも月48万円以上が必要…現実との落差に悲痛な声」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。