友近にマネージャーパワハラ問題でクビ宣告の可能性、吉本興業を去りテレビから消えてしまうのか

【この記事のキーワード】
友近にマネージャーパワハラ問題でクビ宣告の可能性、吉本興業を去りテレビから消えてしまうのかの画像1

友近(吉本興行公式サイトより)

 お笑い芸人の友近(46)のパワハラ問題が、再びクローズアップされている。所属する吉本興業は、友近との契約を解除し「エージェント制」に移行したがっているという。

 特に問題視されているのは、友近のマネージャーへの態度だ。

 最初に友近のパワハラ報道が出たのは、今年8月のことである。8月といえば、吉本興業株式会社所属芸人の闇営業問題で吉本興業のみならず、「何が真実なのか」と世間もまだ右往左往していた時期だ。

 7月に宮迫博之と田村亮が涙の会見。それに応えるようにして開かれた吉本サイドの延々と続く異例の長時間会見。ダウンタウン松本人志を筆頭として巨大化しすぎた吉本ファミリーの統率力のなさ。今夏はネットで上もニュース番組でも「吉本闇営業問題」についての議論が多くかわされたものだ。

 その渦中に、友近によるマネージャーへのパワハラ疑惑も噴出。「週刊新潮」(新潮社)の記事によれば、友近の以下のような言動が問題視されていたという。

  • ・歴代マネージャーに関する暴言の数々。「こんなできひんやつ初めて見たわ」「向いてないから辞めろ」など。
    ・マネージャーへの深夜まで及ぶ説教、夜中に電話を繰り返す。
    ・パワハラに耐えかね、友近のマネージャーは過去10年で20人も替わっている。
    ・友近の複数のマネージャーがパワハラを訴える嘆願書を吉本に提出した。

 友近本人も一部、事実関係を認めた上で「週刊新潮」に釈明。いわく、「嘆願書を出したのは、キツい言葉に免疫がない、いままで怒られたことがないような人やないですか」「すべて仕事をうまく回すためで、私自身にパワハラという意識はありません。正義感で言っているんです」「現場で挨拶ができないとか名刺を持ってこないとか、そんなところから教えるんです」とのことだった。

 だが友近にいい印象を抱いていないのはマネージャーだけではなく、番組制作スタッフにも多いと報じた週刊誌もあった。現場でもスタッフに大女優然とした態度で接するため「友近とは仕事をしたくない」と嘆くスタッフは多く、若手のディレクターや放送作家などに「嫌いなタレント」を聞くと筆頭で友近の名前が上がってくるというのだ。

 ただ当時、吉本興業上層部によるタレントへの恫喝が問題となっており、友近は「(松本人志以外は)芸人と社長との信頼関係というのが成り立ってない。あの会見(=吉本興業岡本社長の会見)を見て余計に不信感を抱いてしまった」とワイドショーで話していた。このことが吉本側の逆鱗に触れ、友近のネガティブな情報が流されたのではないかと見る向きもあった。

 そして冬になり、今回「FRIDAYデジタル」(講談社)が伝えたところによると、やはり吉本側は友近に辞めてもらいたいようだ。

吉本解雇ならテレビの仕事は

 「FRIDAYデジタル」はマネージャーの関係者だという人物の証言を掲載。「報道以降も友近さんは変わることなく“女帝”のごとくふるまっている」「“業界の教育”と称して毎日のようにパワハラを繰り返している」そうで、友近のパワハラのせいで退職する社員は増え続けているのだという。

 本当に友近の担当マネージャーが20人も辞め、なおかつ現場でも悪評が立っているならば、彼女をマネジメントする立場の吉本興業もさすがに傍観しているわけにはいかない。同誌では、友近が「次にパワハラでマネージャーを辞めさせたら専属エージェント契約に変える」と宣告されたと伝えている。吉本側は友近の解雇も視野に入れているとあるから穏やかではない。

 友近は「正義感から」と弁解しつつも、マネージャーたちに厳しく接してきたこと自体は認めている。これまでに辞めた友近のマネージャーのうちの誰かが彼女によるパワハラ被害を告発する可能性もあるかもしれない。そうなる前に切りたいという吉本側の思惑もわからなくはないが、しかしである。

 ロンドンブーツ1号2号の田村亮は会見で、闇営業問題について「在京5社、在阪5社は吉本の株主だから、大丈夫やから」と吉本上層部の人間から言われ、不信感を抱いたと泣いて語っていた。吉本が主要各局と昵懇の間柄にあることは確かであり、専属エージェント契約への切り替えならともかく、もしもフリーになったら友近をテレビで見る機会はなくなってしまうのだろうか。

(エリザベス松本)

あなたにオススメ

「友近にマネージャーパワハラ問題でクビ宣告の可能性、吉本興業を去りテレビから消えてしまうのか」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。