新宿駅南口での首吊り自殺もスマホ撮影、人身事故では「撮影ご遠慮ください」

【この記事のキーワード】
新宿駅南口での首吊り自殺もスマホ撮影、人身事故では「撮影ご遠慮ください」の画像1

「GettyImages」より

 今月6日の午後12時半頃、新宿駅南口の歩道橋で男性が首を吊って自殺を図る事件が発生した。

 Twitterでは現場付近に居合わせた人がスマートフォンなどで撮影したであろう写真が相次いで投稿され、「首吊り自殺」「新宿南口」といったワードが一時トレンド入りした。

 現場に駆け付けた救助隊により現場には幕がかけられ男性の姿は隠されたが、幕がかけられる前の写真も散見される。

 スマホが普及した現在、事件や事故が発生すると現場に居合わせた人々が撮影してネットに投稿・拡散、という流れは定着。今回もそのひとつの事例に過ぎない。

 新宿駅南口では、2014年にも男性がガソリンをかぶり焼身自殺するという事件が発生したが、その際も男性の姿を野次馬がスマホで撮影し、Twitterに投稿・拡散される動きがあった。

 また昨年9月にJR八王子駅、10月にJR新宿駅で人身事故が発生したときも、事故現場をスマホで撮影する人々が複数おり、現場では「撮影はご遠慮ください」というアナウンス放送が流れたという。

JR新宿駅人身事故で「スマホでの撮影はご遠慮ください」事件現場を撮影するモラル

 10月2日午後7時過ぎ、JR新宿駅で発生した人身事故。帰宅ラッシュで混雑する駅構内で起きた悲惨な事故だが、事故現場をスマートフォンで撮影する野次馬が複…

新宿駅南口での首吊り自殺もスマホ撮影、人身事故では「撮影ご遠慮ください」の画像1
新宿駅南口での首吊り自殺もスマホ撮影、人身事故では「撮影ご遠慮ください」の画像2 ウェジー 2019.10.04

血まみれの凄惨な写真も

 昨年5月、神奈川県川崎市の登戸駅付近で学園法人カリタス学園のカリタス小学校の児童や保護者ら20人が殺傷された事件でも、現場の様子をスマホで写真や動画に納めようとする通行人たちの姿があった。

 同時期には、東京都新宿区で殺人未遂事件、愛知県名古屋市で殺人事件が発生したが、被害者の写真や犯行中の動画がネット上に投稿され、「エモい」「ドラマチック」などといった解釈とともに拡散されたことも記憶に新しい。

川崎登戸殺傷事件でテレビに映った、血だまりや怪我人を撮影する人々の姿

 5月28日朝7時45分頃、神奈川県川崎市の登戸駅の近くで、スクールバスを待っていた小学生らが男に次々と刺された。16人が刺され、小学生の女児と…

新宿駅南口での首吊り自殺もスマホ撮影、人身事故では「撮影ご遠慮ください」の画像1
新宿駅南口での首吊り自殺もスマホ撮影、人身事故では「撮影ご遠慮ください」の画像2 ウェジー 2019.05.28

 写真や動画を投稿する側も、閲覧する側もエンターテインメントを消費する感覚なのかもしれないが、現実に起きている事件であり、“娯楽”ではない。上記のような写真がTwitter上で拡散される度に、「慎んでほしい」とモラルを問う声はもちろんあるが、この流れは未だ止まない。

Twitterは「自殺防止センター」表示

 しかしセンセーショナルな事件でショックを受け、精神的苦痛を被るネットユーザーもいるだろう。そうしたユーザーへの配慮もある。

 先に述べたようにTwitterでは「首吊り自殺」が一時トレンド入りしていたが、ハッシュタグをクリックするとトップに「東京都自殺防止センター」のアカウントと問い合わせ先が表示される仕様になっていた。

 悲惨な画像や残酷な言葉も次から次へと流れていく中、Twitterのこのような取り組みは重要だろう。

「新宿駅南口での首吊り自殺もスマホ撮影、人身事故では「撮影ご遠慮ください」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。