エンタメ

小室圭さんの母佳代さんに新恋人報道で、上塗りされていく負のイメージ

【この記事のキーワード】
【完成】小室圭さんの母佳代さんに新恋人報道で、上塗りされていく負のイメージの画像1

「Getty Images」より

 令和を迎えてもなお、小室圭氏(28)に関する週刊誌などの取材合戦は続くようだ。小室氏の母である小室佳代さん(53)はしばらく<鳴りを潜めていた>状態だったが、1月14日発売の「女性自身」(光文社)が佳代さんの“クリスマスのお出かけ”の様子を撮影していた。その記事のタイトルは「小室圭さん母 金満潜伏を支える恋人の存在」である。

 2018年2月に結婚行事が延期されてから、2020年2月で2年が経つ秋篠宮家の長女である眞子さま(28)と小室氏。2019年11月には、秋篠宮様は54才の誕生日会見で、眞子さまのご結婚の見通しについての質問に、このように答えられた。

「昨年(2018年)の2月に今の気持ちというのを発表しているわけですので、何らかのことは発表する必要があると私は思っております」

 この発言から、世間では「2020年2月がタイムリミットとなり、なんらからの結論が出されるのではないか」と予測する声も多い。その日はもうすぐそこに迫っている。

 そんな中で、小室佳代さんに新恋人がいるとの報道。小室圭氏もだが、その母親となれば週刊誌が追うべき存在でない一般人に他ならないにもかかわらず、彼女はずっとゴシップの中心人物となっている。

 なぜなら小室圭氏と眞子さまの結婚を阻む要因のひとつが、佳代さんがかつての恋人であるX氏から返済を求められている<400万円借金問題>だからである。

 小室家の弁護士サイドは、「この400万円については婚約解消時にX氏から『返してもらうつもりはなかった』との説明があった。その説明があった以上、返済の義務はない」とのスタンスを取っているという。つまり「返せない」ではなく「返さない」ということだろう。

 だがX氏は「私は『返さなくていい』とは言っていない」と主張しており、まさに話は平行線の泥沼状態。そして小室圭氏は現在、アメリカに留学中だ。安定した家庭を築くには至らない状況にある、と見られているゆえ、結婚延期は致し方のないことだったのかもしれない。

 さらに事態をややこしくしているのは、連続するゴシップ報道だ。「女性自身」が伝えた佳代さんの最新動向は、皇室とも息子とも関係のない、完全にプライベートのいち場面をキャッチしたものだった。

 同誌によれば、佳代さんの姿を捉えたのは昨年12月20日の午前5時のこと。こんな時間にも記者はマンションの前にいるのかと驚きであるが、ともあれこの日、居住するマンションのエントランスからタクシーに乗り込んだ佳代さん。ブラウンのワンピースに同色系のストールで上半身を覆い、髪はヘアクリップで無造作にアップされている。ブーツは黒だったそうでピカピカに磨かれていたそうだ。

 そんな佳代さんのスタイルは同誌曰く<セレブマダム風>。中でも最も注目すべき点は左手薬指に輝くピンクのダイアモンドのような宝石の入った真新しい指輪だという。そんな暗闇でしかも一瞬だったろうに、なぜその石がダイアモンドらしいとわかるのか……。最近は本物と見分けがつかない模造ダイヤも山ほどあるというのに、いさかか早合点すぎやしないかとは思うが、ともかく2017年8月の取材時には着けていなかった指輪を身に着けていたことが特筆点なのである。

 そして12月24日、クリスマスイブの午前4時に、同誌は再び佳代さんの姿をとらえている。イブの早朝にまで佳代さんの自宅を張り込むとは記者もラクではない。マンション前に50代とおぼしき男性が運転するワンボックスカーが停車すると、佳代さんがエントランスから出てきてこの車に乗り込んだそうだ。

 佳代さんは20日に同誌の直撃取材を受けており、張り込まれていることはわかっていた、それでもクリスマスイブに出かけることをあきらめなかったのは、どうしてもその50代男性とクリスマスイブを過ごしたかったのだろう、と記事では推測されている。

 いやしかし、張り込む記者も大変だろうが、ここまでプライベートを暴かれるとは。恋愛模様を晒されるだけならまだしも、一連の取材攻勢で佳代さんは職も失っている。複数の報道にあったように、同誌でも彼女が長年勤務していた洋菓子店を辞めたと伝えているが、これは“真面目に働け”という意味合いだろう。恋愛している暇があるなら新しい彼と協力して400万円を返済しろ、と。だが彼女の行く先々にはマスコミがやってくるのだから、勤務先もたまったものではない。

 筆者は佳代さんとは同世代である。いわゆるバブルという時代をギリギリ楽しんだ世代だ。悲しいかなバブル世代にとっては「クリスマスイブ」というものは「恋人と過ごすもの」という強烈な刷り込みがある。あの頃、コマーシャルや流行歌やテレビドラマ、映画はまさにその信念のもとに作られていた。恋人がいない男女がクリスマスの時期に抱える憂鬱は、いまの時代の比ではない。世の中から全部から「恋人のいないクリスマスなんて!」と煽りに煽られ、<クリぼっち>と笑い飛ばす余裕さえなかったように思う。佳代さんも、そんなバブル世代を生きた女性だ。まだあの頃の風潮を引きずって、どんな危険を冒しても恋人とクリスマスイブを過ごしたいと思ったとしても、筆者にはなんら不思議ではない。なんせやっかいなことに脳に刷り込まれてしまっているのだから。

 件の男性がほんとうに恋人だとするなら、記者の目をかいくぐってまで会う恋模様に気持ちもより一層盛り上がることだろう。もしこの佳代さんという人が、いくつになっても、たとえ70、80代になってもずっと恋愛していたい人なのだとしても、恋愛にプライオリティを置いて人生を生きていくことはもちろん佳代さんの自由である。

 筆者は眞子様の相手として小室氏がふさわしいと思えるかと問われれば、それについては大きく頷くことはできない。ただ、佳代さんの新恋人とか、薬指の指輪についてなど、そこまで執拗に追うことでもないだろうと思うのである。バブル世代の50代女性がオシャレをしてクリスマスイブに出かけただけのことだ。放っておけばいいものだが、「息子が日本のプリンセスと結婚するのなら、放ってはおけない」というのが世論なのだろうか。

 マスコミが作り上げた“小室母”という存在は、見栄っ張りのセレブ志向で、男に依存して生活の支援を受ける中年女性といったイメージだ。それが彼女を精確に捉えているのかどうかは、わからない。ただ「金満潜伏」というワードが示すように、ネガティブなイメージであることだけは確かだ。そして小室圭氏は、“その息子”なのである。今年2月までにイメージががらりと変わるかと言われれば、それは難しいだろう。

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。