インターネット税に非難轟々も結局「デマ」? 5G時代の必要経費どうなる

【この記事のキーワード】
【完成】インターネット税に非難轟々も結局「デマ」? 5G時代の必要経費どうなるの画像1

「GettyImages」より

 「インターネット税」をめぐって波紋が広がっている。20日、経産省が5G(第5世代移動通信システム)の整備にともない、ネット利用者への「負担金制度」の導入を検討していると報じられた。ネットでは「インターネット税」の導入に対する反発の声が強まっている。

 5Gとは、高速大容量・低遅延性・同時多接続を可能にする通信システムのこと。その通信速度は、現行の4Gのおよそ100倍にもなるといわれる。

 昨年4月には、総務省がNTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルに電波(周波数帯)を割り当てた。5Gは中国や米国ではすでに導入されており、日本も2020年東京オリンピック・パラリンピックを見据えて今春のサービス開始を予定している。

 産経新聞などの記事によれば、経産省は5Gの基盤となる光ファイバー回線を全国的に維持するため、ネット利用者に1契約につき数円の「負担金制度」を徴収することを検討しているという。負担金は月額の利用料金に上乗せして徴収した後、事業者に資金を交付して回線の補修・更新に充てる。

 しかしこの「負担金制度」について、ネットでは「インターネット税だ」として批判が殺到した。

経産省「ネットの噂はデマ」

 22日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)はこの件を取り上げ、ITジャーナリストの三上洋氏は「日本の5Gは世界と比べてスタートの段階で1年の遅れがあり、基地局整備は2年ほど遅れている」とコメント。「負担金導入の背景には、日本の焦りがある」と指摘した。

 また、ビジネスインサイダージャパンの統括編集長・浜田敬子氏は「過疎地域まで整備するとなると、事業者だけでは難しいという発想なのでしょう」と分析。そのうえで「このインフラで事業をしていくのは、キャリアを始めとする事業者なので、私は事業者が持つべき」「無理だというのなら、携帯の利用料金を下げるなどして、相対敵に利用者の負担が増えない形で考えてほしい」と意見を述べた。

 他方、コメンテーターの玉川徹氏は、5Gのリスクを指摘。ドローンや無人の農業機械がハッキングされる恐れや、米国で懸念が広がっている健康被害などについて触れ、スタジオでは議論が交わされた。

 放送後の反響は大きく、ネットでは「インターネット税」に対して「ネットさえお金取るの?」「信じられない」などと反発の声が加速。Twitterで「インターネット税」というワードがトレンド入りし、さらに「ネットユーザーから1000円を徴収する」などと尾ひれのついた噂も流れた。

 しかし「ITmedia NEWS」は22日夕、総務省が「ネットユーザーから1000円徴収するといったネットの噂はデマ」と否定した、と報じた。「20年代半ばから徴収を開始する」「今春に有識者会議を立ち上げる」といった噂についても、経産省は「まだ決まったことは一切ない」と答えているという。

携帯電話料金は本当に4割も安くできるのか?

 菅官房長官が携帯電話料金の値下げについて発言したことをきっかけに、総務省が携帯料金の引き下げについて検討を開始した。携帯電話の料金は本当に下がるの…

インターネット税に非難轟々も結局「デマ」? 5G時代の必要経費どうなるの画像1
インターネット税に非難轟々も結局「デマ」? 5G時代の必要経費どうなるの画像2 ウェジー 2018.09.23

現状、多くの人にとって5Gは必要なくても…

 5Gによって可能となる高速・大容量の通信は、将来的に車の自動運転技術や医療分野への活用が見込まれている。IoT(あらゆるモノがインターネットにつながり実現する新たなサービス)化が拡大するなかで、5Gが「新たな社会インフラ」として期待されていることは確かだ。

 今年度、経産省は、5Gの前提となる光ファイバーを、都市部だけでなく全国に整備するため、52.5億円の予算を確保していた。

 さらに21日には、高市早苗総務相が、5Gの次の世代となる6Gを、2030年をめどに実用化することを目指した有識者会議の発足を発表。5Gの技術開発や商用化で中国や米国に遅れを取ったことを反省し、検討を急ぐという。

 22日には、NTTドコモがはやくも6Gに向けた技術コンセプトをまとめた資料(ホワイトペーパー)を公開。日本の姿勢は決してスピード感に優れているとは言い難いが、それでも技術革新は着実に進んでいる。

 ただ、こうした新技術についていけない消費者も少なくはないだろう。スマホなどは限られた人との通信手段、かつ高価なゲーム機程度の使い方しかできないのに、毎月高額な機器代金と使用料を支払い続けているユーザーも多いと考えられる。

 多くの人にとって、それほど高いスペックは必要ではないし、あったところで便利に使いこなせもしないのに、技術はどんどん進歩させなければいけないのだから、厄介なものだ。そして通信が社会のインフラである以上、その維持にかかるお金をひとりひとりが負担するという「負担金制度」も、たとえ現時点でデマだという説明が事実であっても、遅かれ早かれ検討の時はくるのではないだろうか。

5Gの次「6G」開発にもう着手した中国、ファーウェイの野心

 9月3日、中国の中央に位置する四川省の成都で、華為技術(ファーウェイ)主催のフォーラムが開催された。ここは三国志の時代には劉備が打ち立てた蜀の都だった…

インターネット税に非難轟々も結局「デマ」? 5G時代の必要経費どうなるの画像3
インターネット税に非難轟々も結局「デマ」? 5G時代の必要経費どうなるの画像2 ウェジー 2019.12.28
あなたにオススメ

「インターネット税に非難轟々も結局「デマ」? 5G時代の必要経費どうなる」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。