Mattのピアノ“耳コピ”で気になる、子どもの「耳を育てる」音楽教室のメソッドって?

【この記事のキーワード】

Sponsored ヤマハ音楽教室

 

 タレント・Mattさんのピアノ演奏が「すごく優しい音色」と話題になっています。Instagramには、「#基本楽譜見ないので#独学#耳コピとアレンジ加えてます」と、“耳コピ”したというポップス曲を弾きこなす動画も。

 実際、音楽を楽しむのに「耳を育てる」ことはとても良いのだそう。子どもたちが先生の伴奏に合わせて「ドレミファソーラファミ、レ、ドー♪」と歌うCMでおなじみのヤマハ音楽教室では、幼児期にたくさんの音楽を聴き、歌うことで「音感」を身につけることを勧めています。

ヤマハ音楽教室の幼児レッスンはなぜ「歌う」の?

Mattのピアノ耳コピで気になる、子どもの「耳を育てる」音楽教室のメソッドって?の画像1

 

 「音感」とは、<リズム、音の強弱、ハーモニーなど、音楽を形作る様々な要素をきちんと理解して味わう力>のこと。

 4-5歳の幼児期は、音楽的な耳の力(聴感覚)が最も発達する時期です。幼児期に「音感」を身につけることは、ヤマハ音楽教室が目指す「一生音楽を楽しめる力」につながっていくのですね。

Mattのピアノ耳コピで気になる、子どもの「耳を育てる」音楽教室のメソッドって?の画像2

 

 ヤマハ音楽教室では「譜面をよむ→ピアノをひく」だけでなく、子どもの発達段階に応じて「きく」「うたう」「ひく」「よむ」「つくる」力をバランスよく育てる独自のメソッドを実践。だから音楽的な聴覚が最も発達する幼児期には、たくさんの音楽を聴き、歌います。

 年齢・発達段階に応じて、まずは“音を楽しむ”ことができるようになること。お子さんが楽しくレッスンし、無理なく成長していく姿に安心と喜びを覚える親御さんも多いそうです。

Mattのピアノ耳コピで気になる、子どもの「耳を育てる」音楽教室のメソッドって?の画像3

 

 ヤマハ音楽教室は5月の開講に向け、今なら無料体験レッスン実施中。ぜひお気軽に教室に足を運んでみてください。

▼WEBサイトでお近くの教室検索・無料体験/レッスン見学/入会申し込み可能

 体験レッスン・レッスン見学に参加するともれなく、ヤマハ音楽教室のキャラクターぷっぷると、TVCMにも出演中のケロポンズのイラストがモチーフのパノラマシールブックをプレゼントしています。

Mattのピアノ耳コピで気になる、子どもの「耳を育てる」音楽教室のメソッドって?の画像4

▼ヤマハ音楽教室

 

※この記事はPRです

あなたにオススメ

「Mattのピアノ“耳コピ”で気になる、子どもの「耳を育てる」音楽教室のメソッドって?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。