元ZOZO前澤友作氏の「剛力彩芽復縁匂わせ」は一体なんなのか

【この記事のキーワード】
元ZOZO前澤友作氏の「剛力彩芽復縁匂わせ」は一体なんなのかの画像1

(右)剛力彩芽(画像は公式Instagramより)/(左)前澤友作氏(画像は公式Twitterより)

 ZOZO創業者の前澤友作氏が、元恋人・剛力彩芽との復縁を示唆していると話題だ。1月31日放送のラジオ番組『オールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)に出演した前澤氏は、リスナーから「ズバリ今一番ほしいものはなんですか?」という質問を受け、こう答えた。

「まぁ恥ずかしいお話なんですけれども、僕が今一番欲しいものは、あのときの時間とか、あのときの笑顔とか。あのときが一番ほしいです」

 意味深な“あのとき”というフレーズが、剛力との交際期間を示しているのでは? と、ネットで物議を醸しているのだが、前澤氏はまるで、自身に注目を集めるために剛力を利用しているようにさえ見える。

 2月3日放送の『バイキング』(フジテレビ系)にも出演した前澤氏は、坂上忍からラジオでの発言について「これも匂わせですか?」と質問を受けて、「まぁ当然、あの人のことしか想像できないんですけど」と、またも意味深な発言を重ねた。

 前澤氏は30日、AbemaTVで企画していた自身のお見合い番組『前澤友作 真剣お見合いドキュメント~FULL MOON LOVERS~』の中止を発表したばかり。応募総数は2万7722人と大反響だったにもかかわらず、なぜなのか。

 お見合いを取りやめる理由について、前澤氏はTwitterで<真剣に出演させていただくことを決めたものの、どうしても最後まで自分の気持ちを整理することができませんでした>説明していたが、これについてもSNSでは「まだ未練があるってこと?」「剛力ちゃんとの復縁の伏線かも」等と憶測が飛び交っている。

剛力に仕事を辞めてほしがった前澤

 前澤氏と剛力は約1年半の交際を経て、昨年11月に破局。破局後、前澤氏と剛力はそれぞれの言葉で互いへの思いを雄弁に語ってきた。破局報道から約1カ月後の昨年12月、ラジオ番組『Skyrocket Company(スカイロケットカンパニー)』(TOKY FM)に出演した剛力は、前澤氏との交際について「形としては終わってますけど、でも私の気持ちとしては残ってますから」と発言。パーソナリティのやしろ優が「そうなんだ」と確認すると、剛力は「はい」と即答していた。

 一方で、剛力は破局の理由についても語っている。昨年12月放送の恋愛トークバラエティ『グータンヌーボ2』(カンテレ)で、番組中に「彼に“仕事辞めて”って言われたらどうする?」というトークテーマになったところ、剛力は「無理でした」とポツリ。滝沢カレンから「言われたの?」と聞かれると、「仕事ができなくなる環境になっちゃうからっていうので、私は7歳からモデルやりたかったので……」と明かし、前澤氏との別れに際して自身も“仕事辞めて”と打診されたことを暗に明かした。

 他方で、前澤氏も昨年12月放送の『直撃!シンソウ坂上SP』(フジテレビ系)に出演し、別れの理由について「ありがちですけど、お互いの方向性のズレというか」と吐露。続けて、「簡単に言うと、彼女はもっとお仕事を頑張りたい。まだ(剛力は)27歳ですから、お仕事をバリバリ頑張りたいと。一方、僕は新しい事業だとか宇宙だとか。もっといっぱい彼女に着いて来てほしい。着いて来てほしい僕と、仕事をやりたい彼女。ちょっと向いてる方向が……」と説明。その上で、「一生一緒にいたいなと思ってました」と思いを述べていた。

 それぞれの口から語られる言葉に仮に嘘がないのであれば、二人の別れは後味の悪いものではなかったのだろう。ちなみに破局報道直後、女性が前澤氏の秘書面接で性行為を強要されたと告発しているが、その件については互いにスルーしている。

「結婚引退狙いか」とバッシングされた

 剛力彩芽は女優業に意欲的だ。前澤氏と交際中の昨年2月発売『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』(扶桑社)のインタビューでも、剛力は<30歳までに役者として代表作を一つ作りたい><努力して、役者としての表現力や技術を磨いていきたい>と明確な目標を語っていた。

 この頃、剛力は17歳年上かつ資産家の前澤氏と交際によって、一部で「金目当ての交際だろう」「結婚引退狙いか」等と不当なバッシングに合い、「金目当てにおじさんと付き合う女」というレッテルさえ貼られていたのだ。

 しかし、彼女の言葉をその通り受け取るのなら、剛力の仕事に対する覚悟は大好きな人との別れを選ぶほどのものだった、ということなのだろう。

 噂されているように前澤氏と剛力がヨリを戻すのかどうかはわからないが、前澤氏が「自分にどこまでも着いてきてほしい」という考えを曲げないならば、何度やり直しても平行線だといえる。前澤氏も意味深な匂わせはやめたほうがいいのではないだろうか。

あなたにオススメ

「元ZOZO前澤友作氏の「剛力彩芽復縁匂わせ」は一体なんなのか」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。