『いきなりマリッジ3』ナツキの本音・大暴露大会【第三話】

文=千葉佳代
【この記事のキーワード】
【完成】『いきなりマリッジ3』ナツキの本音・大暴露大会【第三話】の画像1

AbemaTV公式サイトより

 男女が30日間結婚生活をした末に本当に結婚するか決める恋愛リアリティショー『いきなりマリッジ』(AbemaTV)。自信なさげな花嫁候補・ナツキ(29歳、フィットネスインストラクター、年収800万)と何を考えているのかわからない花婿候補・タケル(33歳、ヘアメイクアップアーティスト、年収600万。イケメン)の恋はいかに……?

 前回、「自分に自信がない……」と涙を浮かべていたナツキ。その後もタケルに本音を出せない感じが描かれるのかと思いきや……タケルの帰宅と同時に、まさかの本音大暴露大会が始まりました。

ナツキ「私的にはね、(タケルが)かっこいいから自力で(結婚)いけるっちゃいけると思っちゃうし、性格もしゃべりも全然あわへんわーみたいな感じやったら別に何とも思っていなかったんだけど、全然楽しかったし。このまま30日一緒におったらめっちゃ好きになっちゃうかもしれへんな(と思った)。そんなときにたぶん、この人営業スマイル得意だし、営業な顔も得意だから、めっちゃニコニコしとって29日過ぎて、平気な顔して30日に『やっぱり違います』って言えるタイプやなって思ったのよ。絶対傷つくやん、私……ってちょっと萎える」

 おいおいおい。どんだけ本音を言うんだよ!!

 そうなんです。ナツキは本当に正直者なのです。嬉しいときには歯を見せて大爆笑だし、落ち込むときもすぐに顔にでちゃう。そして思ったことを隠しておけないのです。そして、妄想力もすごい(笑)。

 タケルは「でも、実際の本当の気持ちはアタシしかわからないわけじゃん」と言ったうえで、今まで見た目の雰囲気でチャラそうと思われてきたことがイヤだった、と告白。ちゃんと中身を見てくれる人がどこかにいると思っているから、見た目でしか見ない人とは結婚できないと思っていると答えました。

タケル「顔がイケメンだからとかじゃなくて、人間として素敵かどうかじゃない?」

 あ、ちなみにタケルの一人称は「アタシ」。ペディキュアも塗ってます。メイクアップアーティストなので美意識が高い、って感じです。

 話を聞いていると、ナツキちゃんはもうすでにタケルのことがかなり好きで距離をガンガン縮めたがっていて、タケルのほうはゆっくりこの生活を楽しみながらお互いの性格を知っていきたい、そんな雰囲気。猪突猛進する牛・ナツキを、ひらりひらりとマントでかわす闘牛士・タケル。まだ出会って間もないのに、2人は家でひたすら恋愛観について話し合います。

 3日目は一緒に買い出しに出かけ、商店街で買い物をしてコロッケ(?)をお互いに「ちょっとひとくち!」なんてパクつきながら和やかにデートするのですが、家に帰って晩酌をしながらまたがっつり恋愛トークしていました。

 しかも地雷を踏みやすい元カレ・元カノの話を。

 タケルは28歳の時に結婚しようと思っていた女性がいたそうです。ディズニーランドのシンデレラ城前で跪いて指輪を出したそうなのですが、断られたとのこと。当時の彼女はタケルがキライだったわけではなく、「結婚はすごい覚悟が必要なものだから、一度フッたくらいで引くなら本気じゃない」という持論があったそう。でもタケルはもう押せなかった。

 だから、次に結婚したいと思った時は、相手の気持ちを変えるくらいの熱量でぶつかっていきたい……と、タケルは熱弁していました。

 一方のナツキは、27~28歳までは「こういう人と結婚したい」という明確な理由があったそう。けれどそういう相手とうまくいってないということは、「自分が(相手と)なにかしら釣り合っていないのだと思う」。自分がまだ26歳くらいだったら「なんとかなる、どうにかなる」と思っていただろうけど、「結果うまくいかないってことはだめなんだな」「自分の直感が自分にあってないと言うのをいい加減認めないと次に進めないなと思う」……そんな話をしているうちに、ナツキはソファで酔いつぶれてしまいました。

 いや、ナツキ。あんた正直すぎるよ!! 人は多かれ少なかれ、若干のフェイクを入れつつ、自分をよく見せるものです。しかし、ナツキはどこまでも正直。だって、彼女の言葉を要約するとこうですもん。

【タケルはかっこよくて優しいから好きになっちゃいそうだけど、営業スマイルっぽいから30日後に平気で辞めますとか言いそう。そしたら傷つく。私、泣いちゃう。結婚の理想は若い頃はあったけど、好みの人にアタックした結果ことごとくだめだったから、自分の直感はもうだめなんだと思って(いきなりマリッジ)に応募した】

 駆け引きしないどころかマイナスになりかねないほど正直じゃないですか……??

 私は恋愛をうまく回すためには『余白』が大事なんじゃないかなと思っています。「あの人はなにを考えているんだろう」「いま、どんなことをしているんだろう」「私のこと好きかな?」そんなふうに彼のどこかに余白(秘密)があって、それを知ろうと思うのが恋につながるんじゃないのかなーと。つまり相手にとっての自分も、余白を残した存在でいたほうが、好きを募らせることができるのでは?

 そこから考えると、ナツキは余白ゼロです!!(笑)思ったことをありのまままに素直に答えちゃうので、タケルに想像の余地を与えません。このままいくと、『面白い友達』になってしまって、結婚相手とは見てもらえないんじゃないかなあ……と思ってしまいました。

 次回はついに新婚旅行編。パラオでどんな事件がおこるのか期待大です!!

『いきなりマリッジ』ハイスペ編 美にこだわる男女の交際0日婚【第一話】

 今熱い恋愛リアリティショー『いきなりマリッジ』(AbemaTV)。テーマは「もしも交際0日で結婚したらどうなるの?」で、男女が30日間結婚生活をした末…

『いきなりマリッジ3』ナツキの本音・大暴露大会【第三話】の画像1
『いきなりマリッジ3』ナツキの本音・大暴露大会【第三話】の画像2 ウェジー 2020.01.25

『いきなりマリッジ3』花嫁が涙目の理由「自分に自信がない」【第二話】

 初対面の男女が新婚夫婦として1カ月生活してみる恋愛リアリティーショー『いきなりマリッジ』(AbemaTV)。現在放送中の「ハイスペ編」に登場するのは、…

『いきなりマリッジ3』ナツキの本音・大暴露大会【第三話】の画像1
『いきなりマリッジ3』ナツキの本音・大暴露大会【第三話】の画像2 ウェジー 2020.01.31
あなたにオススメ

「『いきなりマリッジ3』ナツキの本音・大暴露大会【第三話】」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。