Snow Manラウール「ファンの人たちに受け入れてもらえるか不安だった」

文=秘密のアツコちゃん
【この記事のキーワード】
Snow Manラウール「ファンの人たちに受け入れてもらえるか不安だった」の画像1

Snow Man公式サイトより

Snow Man(スノーマン)の衝撃的なデビューから数週間、デビューシングルの売上はミリオン超えで快進撃は止まりません。しかし滝沢秀明氏による強烈なプッシュと“ラウール推し”に困惑する業界内外の声は、当然Snow Manメンバー本人にも届いていたようで……。

――――――――

 皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!

 先日、「ラウール推しに物申す」みたいな記事を書いてしまったワケですが、早くもお詫びです。すももももーしわけございませんでしたぁ。

 2月6日放送の『櫻井・有吉THE夜会』(TBS系)を見ていて、今やすっかりラウール推しへと鞍替えし、シレッと瞬時に華麗なる手のひら返しをやり遂げたアツでございます。オホホホうふふふ、皆様どうぞお許しを~っ!

 今さらの言い訳なんだけど、ラウールくんのことは認めていたのよ。でもホラ、長きに渡り6人体制のSnow Manを取材してきた古い人間なんで、ついうっかりね。岩本照くん、深澤辰哉くん、渡辺翔太くん、阿部亮平くん、宮舘涼太くん、佐久間大介くんには何年もインタビューしてきて、ちょっとした苦楽を共にしてきたという自負もなくもないし……。

 スノはみんな実力はあるのになかなか日の目を見なくて何だかなぁと思っていたんだけど、実は随分前からこんな声を聞いていたのよ。誰かは明かせないけど、ジャニーズ事務所の内部事情に詳しいある人の弁。

「滝沢秀明が『Snow Manを何が何でもデビューさせる』って息巻いてるよ。彼らは全力で尽くしてくれるし、タッキーを尊敬しているから可愛いんだろうなぁ。今後は"滝沢政権"に歯向かう者は容赦なく切っていくという方針らしい。慕ってくる後輩には手を差し伸べるけど、あとは切り捨て御免だって」

 この話を聞いたのは、タッキー&翼の解散や、ジャニー喜多川氏の後継者になることが正式発表される以前のこと。その時に出た"滝沢政権"なるワードに、聞いていた側はみんな「?」となっていたんだけど、我々の伺い知れない水面下では令和が始まるう~んと前、とっくのとうに滝沢政権新時代はスタートしていたのね。

 まぁそんなことは今更どーでもいいんだけど、それほどまでに滝沢副社長からの寵愛を受け続けていたSnow Manがある日突然、6人体制から9人体制になり、晴れてCDデビューの朗報。アツの周りでも「デビューは嬉しいけどちょ、ちょっと待ってよ。CDデビューのための強化だったってこと?  これがタッキーのやり方だったの?」とモヤモヤ。さらに「向井康二くんや目黒蓮くんは分かるけど、ラウールって誰?」とザワザワ。

 アツも康二くんは関西ジャニーズJr.の頃からの付き合いだし、目黒くんはひかるやふっかもゲスト出演していた野島伸司さん脚本のドラマ『お兄ちゃん、ガチャ』(日本テレビ系)にレギュラー出演していたからお馴染み。ただ、「一体ラウールって何者なの?」の問いには、勉強不足で誰も答えられない状況だったわけ。

 とはいえ、いざラウールが登場してみると、そのスタイルといい、キレッキレのダンスといい、一目瞭然のスターっぷり。だけど、弱冠16歳の少年のいきなりの加入に、正直ちょっと違和感を覚えちゃったのよね。

 酸いも甘いも噛み分けた苦労人のふっかは27歳。最年長なのに愛すべきいじられキャラでしょ。年の差11歳よ、それってどーなのよって思うじゃない?

  全力でふっか推しを続ける編集者のTちゃんなんて「ふっかがラウールのことを『若くて身長もあってダンスも上手いし、羨ましいぐらいだよ。メンバーみんなの弟的存在で可愛がられてる』なんて言ってた。そんなところでお兄ちゃん気質を見せなくていいから。ふっかも前に前にどんどん出て行って欲しいのにぃ」と涙しちゃって。

 照くん担当のアイドル誌記者は「これでまたひかるの新たなる肉体改造が始まるかも知れない。口には出さないけど、もともと負けず嫌いだしストイックだから」と心配したりで、ラウール加入はファンのみならず業界内でも物議を醸していたのよ。でもまぁ、今や全ては杞憂に終わったわけなんだけどね。

1 2

「Snow Manラウール「ファンの人たちに受け入れてもらえるか不安だった」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。