Snow Manラウール 身長185cmのスタイルおばけ!スノ担から見た性格や魅力とは

文=雪永あいす
【この記事のキーワード】
Snow Manラウール 身長185cmのスタイルおばけ!スノ担から見た性格や魅力とはの画像1

(c)新藤洋子

 ついにデビューしたSnow Man。新加入でセンターに抜擢された新星・ラウールくんを「これ誰!?」と気になっている人も多いのではないでしょうか。そこでスノ担ライターがSnow Manの9人を“きっと好きになる”プロフィールをご紹介、まずは一番年下くんのラウール!

ラウール(らうーる)プロフィール
誕生日:2003年6月27日(16歳)
血液型:A型
メンバーカラー:白
入所日:2015年5月2日

身長185cm、股下94cmのスタイルおばけ、ラウール

・グループ最年少。ベネズエラ人の父と日本人の母を持つハーフで、現在身長185cm、股下は現在94cmという超人的スタイル。ほぼ脚。

・19年5月の『ジャニーズ IsLAND Festival』や、デビューが発表された8月の『ジャニーズJr.8・8祭り ~東京ドームから始まる~』にて「青春アミーゴ」を披露した際、あまりの脚の長さに脚を振り上げる度、悲鳴が上がった。

・ジャニーズ入所前はダンスチームに所属しており、全米のダンスコンテストで2年連続優勝。加入前に所属していた「少年忍者」では基本後列にいたものの、振付師や先輩からも目をつけられていたほどダンスがうまい。

・表現力豊かで、パフォーマンスでは16歳とは思えないレベルの高濃度の色気を放つ。

10代とは思えない大人な性格で頭もいいラウール

・ラウールは15歳でひとまわりほど離れたメンバーのいるグループに加入。偏差値70の高校に合格するも、人生をSnowManに捧げる覚悟で他の高校に転入したというから絶対売れてほしい。

・頭がいいだけじゃなくしっかり者。最年少とは思えぬ大人な発言で、メンバーやファンを驚かせることもしばしば。

・8.8東京ドームでの発表まで、友達はもちろん親にもデビューを告げなかった。これについて「親友の親友は親友じゃない、他人」(『ザテレビジョン』KADOKAWA・19年9月6日号より)という名言を生み出し、ファンから信頼を集める。

・「今のSnow Manに足りないもの一つは自分の実力」(『TVfan』メディアボーイ・20年2月号より)、「自分の努力にみんなの人生もかかってる」(『AERA』朝日新聞出版・20年1月20日号)と言えるくらい、冷静に自分の欠点を分析していて、グループに貢献できるよう、ファンに認めてもらえるよう努力を重ねている。

甘えん坊で目黒蓮によく絡まっている

・お兄ちゃんたちに囲まれているせいか、見た目は大人だがまだまだ甘えたがりな赤ちゃん。岩本がパパでママは深澤。

・スキンシップが激しめで、目黒によく絡まっている。人の耳を食べたいお年頃。

・大人っぽい顔から赤ちゃんまでいろんな顔を使い分け、メンバーとファンを弄ぶ。

・いい意味で、これからが怖い最年少。

歌もダンスも成長著しいSnowManの期待株

・内面やパフォーマンスはもちろん、ビジュアル的にも、一年での成長がエグイ。(動画はYouTube Snow Manチャンネルより)

▼加入直後

▼最近

 

「Snow Manラウール 身長185cmのスタイルおばけ!スノ担から見た性格や魅力とは」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。