Perfumeドーム公演を実施、新型コロナ拡大でも満員電車通勤・イベント決行の是非

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
【完成】Perfumeドーム公演を実施、新型コロナ拡大でも満員電車通勤・イベント決行の是非の画像1

Getty Imagesより

 新型コロナウイルスの感染拡大が止まらない。その影響は就活説明会やスポーツの試合、ライブ等にも及んでおり、すでに中止や延期を発表したイベントは数多くある。今夏に予定されている2020年東京五輪・パラリンピックも決して例外とは言えなくなってきた。

 感染拡大を防ぐための自粛ムードが高まる一方で、Perfumeの2月25日・26日東京ドーム公演は予定通りに開催を発表。全国ツアーの最終公演であり、公式サイトでは<場内での感染症予防対策を十分に行い、開催いたします><新型コロナウイルス感染拡大の状況も踏まえ、残念ながらご来場が叶わないお客様におきましては、払い戻し対応を実施することといたしました>との対応を示した。

 29日に東京・国立代々木競技場第一体育館で行われる「東京ガールズコレクション」も、新型コロナウイルスの感染予防の取り組みを強化したうえで、予定どおり実施するとしている。

 この対応に、ネット上では「危機感が足りない」との批判も見られるが、イベント運営側も興行を中止すれば大きな損害を被るため「仕方がない」と同情的な声も。

 23日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)では、新型コロナウイルスの感染拡大によるエンタメ界の影響について、元AKB48の指原莉乃が言及。

 アイドルグループ「=LOVE」や「≠ME」をプロデュースする指原は、「(ファンと)接触する系の、お話をするような会は、私のグループもそうですし、AKBグループも乃木坂も、中止していると聞きました」と状況を説明した。

 コンサートについては「保険が下りないんです。天候、雷とか嵐だったら、保険に入っているので損害はないんですけど、基本的にコンサートは(中止にすると)大損害。だから、基本的にはどこのアーティストの方もやってますよね」と苦しい事情を明かしている。

 そのうえで指原は、「団体だったり、事務所だったり、判断を任せるのは責任が大きすぎる。国から『ダメです』って言われたら当然、中止する。損害とかそういう問題じゃない」と持論を述べた。

 厚生労働省は20日、新型コロナウイルス感染症対策として、大規模なイベントの開催について、<屋内などで、お互いの距離が十分にとれない状況で一定時間いることが、感染のリスクを高める>とされていることを指摘。イベント等の主催者に対して、開催の必要性を改めて検討するよう求めている。

東京五輪2020・パラリンピックは?

 新型コロナウイルスが持ち込まれたのは日本だけではない。その影響は世界中に広まっている。

 欧州で最多200人超の感染者が発覚しているイタリアでは、世界三大カーニバルのひとつ「ベネチア・カーニバル」の継続を困難と判断し、2日前倒して23日に終了。

 プロサッカーリーグのセリエAは23日に予定していた6試合中4試合を延期し、ミラノコレクションは24日、最終日のファッションショーを中止にした。

 大邱(テグ)市を中心に新型コロナウイルスの感染者が増加している韓国でも、ガールズポップユニットTWICEが、3月7日、8日にソウル市内で予定していたワールドツアー最終公演を中止している。

 新型コロナウイルスの流行がいつまで続くのか、まだ読めない。当然、東京オリンピック・パラリンピックへの影響も懸念されている。

 東京オリンピック組織委員会の森喜朗会長は14日、新型コロナウイルスをめぐっても「大会の中止や延期は必要ない」と発表し、静観の姿勢を崩していない。IOC(国際オリンピック委員会)も「日本の衛生当局を信頼している」として開催の意向を示していたが、現状の日本政府の対応はまだ諸外国の信頼に足りているだろうか。特に集団感染が起きたダイヤモンド・プリンセス号への対応をめぐり、日本政府の感染対策については国際的な批判が高まっている。

 政府は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部の会議を開き、感染拡大防止の基本方針を取りまとめた。防止策として、感染リスクの高い満員電車を回避するためテレワークや時差出勤の推奨を強力に呼びかけるほか、イベントの開催については、現時点では全国一律の自粛要請は行わないものの、開催の必要性を改めて検討することを求めるという。しかし、いずれも個人の判断や企業側の裁量に任せているだけともとれる。

 人々は満員電車に乗って仕事に向かい、不安視されながらも予定どおり複数のイベントを開催する。このままで新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めをかけることは出来るのだろうか。

「Perfumeドーム公演を実施、新型コロナ拡大でも満員電車通勤・イベント決行の是非」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。