熊田曜子が夫婦関係に言及、インスタで育児アドバイスを連発

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
熊田曜子が夫婦関係に言及、インスタで育児アドバイスを連発の画像1

熊田曜子Instagramより

 3児を育てながらタレントとして精力的に活動している熊田曜子。今なお現役グラビアアイドルで、1月に写真集『情愛』(彩文館出版)を発売し、今月にはYouTubeで「熊田曜子チャンネル」も開設した。

 Instagramやブログの更新も欠かさず、Instagramでは育児や美容に関するファンからのDMの質問に対し、ストーリーを通して丁寧に回答している。

 たとえば今月26日のストーリーでは、2歳と4歳の子どもがいるという女性からの質問に返信。

質問<うちも上の子が今日お風呂後にリビングで嘔吐して、シャワー浴びさせ着替えさせカーペットを洗って自分も着替えてと大変でした いまはすやすや寝ていますが、ベッドで嘔吐したらどうしようと不安で眠れません。 今日は主人も仕事でいないので一人のときに何かあると心細くて 子供の体調不良はしょうがないことだと思いますが、熊田さんならどうやって不安な気持ちを落ち着かせますか?>

熊田<子供の急な体調不良は焦りますよね。特に嘔吐は感染しやすいですし、処理も大変です。不安な時は不安な要素を挙げて、一つずつ解決していきます。
「また嘔吐したらどうしよう」
「嘔吐しても大丈夫なように、洗面器、バスタオル、ペーパー、着替え、予備の布団を寝室に準備しておく」
「主人がいなくて1人で心細い」
「今の気持ちを旦那様に電話で伝えてみる。繋がらなければ、同じ境遇の人のSNSを見て同士を作る」
こんな感じです。
どうしても不安で仕方ないときは、24時間対応の病院や相談窓口があるので、今のお子様の状況を伝えてプロの方の言葉を聞けば安心できると思いますよ。
母は強しという言葉がありますが、強くあろうと頑張っているだけですよね>(原文ママ)

 熊田のメッセージはなかなか的を射ており、筆者も育児中の身として素直に感心する。中でも特に気になったのは、<今の気持ちを旦那様に電話で伝えてみる。繋がらなければ、同じ境遇の人のSNSを見て同士(おそらく“同志”)を作る>という箇所だ。

熊田曜子は夫への不満をInstagramやテレビ番組で吐露

 熊田はここ数年、出演番組やInstagramのストーリーで時折、家事や育児に無理解な夫への不満や苦痛を吐露してきた。

 たとえば昨年6月、手料理にバツ印を付けた写真とともに<朝起きて一番にする家事が一口も食べてもらえなかったご飯の処理。食べるって言ったのに。このパターンもう100回は経験してるけどかなりのダメージ>と投稿したストーリーが話題になった。

 その一週間後にも、やはりInstagramのストーリーで、夕食の牛丼を夫が食べなかったことを明かしている。別の日のストーリーでは、<主人帰宅。もう少し静かに帰ってきてもらわないとみんな起きる>とも書き込んでいた。

 それから程なくして、熊田はゲスト出演した『ノンストップ!』(フジテレビ系)で、夫が夕食を食べると言って食べないことは<うちにとってはそんなに珍しいことではなくて、よくあること>であり、<日常化している>と説明。しかも熊田が夫に不満を言っても、夫は耳を傾けないという。

 であればなぜ、夫の分の夕食を用意するのか。熊田は<作らないのは夫婦としてどうなんだろう? と思う><主人のお母さんが「胃袋をつかめ」というのはすごい言ってて……>と説明している。

 また熊田は、<主人のお母さん>、つまり義母ともぎくしゃくしたことがあると2017年10月放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)で明かしており、昨年4月には、これまたInstagramストーリーで義母からLINEで説教されたと暴露している。

 熊田も育児で不安になった時は、SNSなどで同じ境遇の同志を探し、心を落ち着かせているのかもしれない。

熊田曜子の夫婦関係は改善?

 熊田曜子が夫の愚痴をInstagramに投稿してから半年以上が経ったが、その後、夫婦関係のぎくしゃくは解消されたのだろうか。

 熊田は今月26日放送の『グータンヌーボ2』(関西テレビ系)で、夫と結婚に至った経緯について語っている。夫と知り合った頃、熊田は結婚願望を強く持っており、周囲に「こんな人いない?」と、自分が結婚相手に求める条件を伝えていたという。

 「30までに結婚して、子どもは35までに3人欲しくて、出産後もグラビアを続けたい」と、自分が希望するライフプランを伝え、2012年に結婚。

 夫と交際する前には、そのほかの条件である「30歳までに結婚」「35歳までに子どもを3人」「出産後もグラビアを続ける」も伝え、2012年に結婚。同年、2015年、2018年に子どもを出産し、宣言通り出産後もグラビアも続けている。

 グラビアについては、夫から「そろそろやめる?」と言われたこともあったというが、熊田がやりたいという思いを伝えたところ、「今までと同じ露出度だったら」と許容したそうだ。

 夫婦の本当の関係は外野からはわからない。お互いに話し合い、納得しているのであれば問題ないものなのだろう。

あなたにオススメ

「熊田曜子が夫婦関係に言及、インスタで育児アドバイスを連発」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。