関ジャニ∞横山裕が富田望生の容姿いじり連発…後輩ジャニーズとの違い

文=中崎亜衣
【この記事のキーワード】
関ジャニ∞横山裕が富田望生の容姿いじり連発…後輩ジャニーズとの違いの画像1

横山裕

 関ジャニ∞の横山裕が、27日放送の『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)で、女優の富田望生の容姿を馬鹿にする発言を繰り返したとして、批判の声が出ている。

 番組で横山は、ゲストの富田望生、ますだおかだの岡田圭右とともに、“日本一大きいダイソー”ことダイソーギガ船橋店に潜入調査。

 店舗に入る前、自己紹介する富田に対して、横山は「なんか、よく食べそうやね!」と言い放つ。富田といえば、映画『ソロモンの偽証』(2015年)の撮影のために、体重を15キロ増やしたことは有名だろう。富田は笑っていたが、岡田は「いや、ハハハやない」と横山をたしなめていた。

 潜入調査が始まってからも、横山の容姿いじりは止まらなかった。キッチングッズコーナーでは、パッケージに “ふっくらおもち”と書かれた商品を見つけ、<ちょっと待って。望生ちゃん、これピッタリやん>と発言。岡田が「失礼な」と苦言を呈するも、横山は「そういうことやんな」と意に介さない。

 富田が砂糖や塩を入れる素焼きポットを購入しようとした際にも、横山は<塩だけでいいか? どっちかといったら砂糖のほうが好きやもんな?>。さらに、はちみつが取りやすいスプーンを紹介する場面では、実際にスプーンを使いトーストにはちみつを塗った横山が、<望生ちゃん食べる? 食べたい?><甘いの食べたいって言っててんな、さっき>と富田に必要以上に勧める。

 その後も、コスメグッズコーナーで富田がメイクに詳しくないと話せば、<じゃあ今からお菓子コーナー行こうか>。収納ボックスについて富田が掃除道具を入れるのにいいと言うと<あと、お餅も入れて!>など……。

 横山の数々の失礼な発言にも富田は笑って聞き流していたが、ネット上では「失礼すぎでしょ!」「セクハラ発言」「何回もやってて悪質」「気分悪くなってきた」「今の時代に合っていない」といったコメントが相次いでいる。

『関ジャニ∞クロニクル』でもモラル無視の発言

 横山裕は以前にも、バラエティ番組で女性に対してモラルを無視した発言を繰り返し、物議を醸してことがあった。

 昨年1月1日に放送された『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)のお正月特番「真夜中のおひとり様 東京大捜索スペシャル」では、関ジャニ∞メンバーが深夜にひとりで街を歩く女性に声をかけ取材するという企画を放送。

 内容は深夜にメンバーがスタッフとともにバンに乗り、ひとりで歩く女性を探し、街頭インタビューをするというものであった。番組内では、背後からバンで女性に近づき、メンバー2人が車から降りていきなり声をかけるというシーンがあり、企画自体に“恐怖演出”との批判も集まったが、さらに横山は、取材に応じた女性に対して<年下の男と付き合っていますよね?><女の色気が出ている>など、プライバシーにかかわる質問を不躾に繰り返したのであった。

 これには、関ジャニ∞ファンからも「価値観が古すぎる」「反省してほしい」との声が出ていた。

関ジャニ∞横山裕の失礼な言動や「深夜に女性を追いかける」恐怖演出で番組炎上!

 関ジャニ∞の冠番組『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)のお正月特番「真夜中のおひとり様 東京大捜索スペシャル」が2019年1月1日に放送されたが、…

関ジャニ∞横山裕が富田望生の容姿いじり連発…後輩ジャニーズとの違いの画像1
関ジャニ∞横山裕が富田望生の容姿いじり連発…後輩ジャニーズとの違いの画像2 ウェジー 2019.01.07

ジャニーズWEST中間淳太の女性蔑視に非難殺到「映画館のレディースデイもなくせって」

 ジャニーズWESTの中間淳太と桐山照史がパーソナリティーを務めるラジオ『ジャニーズWEST桐山照史と中間淳太のレコメン!』(文化放送)での、中間の発言…

関ジャニ∞横山裕が富田望生の容姿いじり連発…後輩ジャニーズとの違いの画像3
関ジャニ∞横山裕が富田望生の容姿いじり連発…後輩ジャニーズとの違いの画像2 ウェジー 2019.06.28

Sexy Zoneはジェンダーや多様性を考えられるアイドル

 しかしジェンダーや多様性について積極的に発言しているジャニーズタレントもいる。その代表とも言えるのが、Sexy Zoneもマリウス葉だ。マリウスは、「女子だから」「男子だから」に捉われる必要はないと繰り返し発言している。

 2018年5月23日放送のラジオ番組『Sexy ZoneのQrzone』(文化放送)ではリスナーから、<好きな人のために女子力を上げようと思ったのですが、ふと、女子力とはなんなのか、女子である自分のことがわからなくなってしまいました。男性から見た女子力ってなんですか、教えてほしいです>との相談が送られてきた。

 するとマリウスは<女子力っていうワード自体がなんか……>と疑問を呈し以下のように回答。

<女子力って、結局、“美”を意識することじゃない?>
<最近ってやっぱりジェンダーレスだったりそういうのがあるからこそ、男性がメイクとか化粧水とか美容を意識するようにもなっている>

 また、「Myojo」(集英社)2019年6月号の「お悩み相談」企画では、<友だちやクラスメイトから「女子力がない」と言われます>という相談に、<女子力なんて古い!>とアドバイスを送った。

<女子力なんて古い! 男子も女子も関係なくありのまま生きて>
<なんかさ、そもそも“女子力”っていう表現が、もう古くない? 今はそういう時代じゃないと思う。男子も女子も関係ないんだから、“女子だからこうしなきゃ”とか気にしなくていいよ! ありのままの自分でいることがいちばん。自信を持って堂々と生きればいいし、もし誰かに何か言われても、「自分のことは自分がよく理解してるから」ってキッパリ返せたらステキだよね>

 同じく Sexy Zone・佐藤勝利の発言も印象的だ。「WiNK UP」(ワニブックス)2020年2月号の「アイドル直撃なんでも大調査」というコーナーで、「ひとりカラオケやひとり焼肉をしている“おひとり様女子”って正直どう思う?」という質問に佐藤は、<そこに性別の差はないと思う>と答え、質問の前提自体に疑問を投げかけている。

セクゾ佐藤勝利「性別は関係ない」、マリウス葉「女子力なんて古い」 Sexy Zoneメンバーがポップカルチャーから切り込むジェンダー

 佐藤勝利(Sexy Zone)が雑誌で語ったジェンダーに関わる発言に注目する声が、SNS上で集まっている。 その発言があったのは「WiNK UP」…

関ジャニ∞横山裕が富田望生の容姿いじり連発…後輩ジャニーズとの違いの画像5
関ジャニ∞横山裕が富田望生の容姿いじり連発…後輩ジャニーズとの違いの画像2 ウェジー 2020.01.10

 ちなみに、Sexy Zoneのファンは、かつて「Sexy Girls」(男性の場合は「Sexy Men」)という名称で呼ばれていたが、現在は性別に関係なく「Sexy Lovers」に変更されている。提案したのは中島健人だという。

 人気アイドルのもたらす影響力は大きい。容姿いじりやモラルのない発言ではなく、Sexy Zoneのようにファンの“希望”となるような言葉を発信してほしい。

「関ジャニ∞横山裕が富田望生の容姿いじり連発…後輩ジャニーズとの違い」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。