嵐・櫻井翔の二股愛が有終の美に水を差す? 二股報道は前科も

文=エリザベス松本
【この記事のキーワード】
嵐・櫻井翔の二股愛が有終の美に水を差す? 二股報道は前科もの画像1

櫻井翔

 嵐の櫻井翔(38)に「熱愛・結婚準備報道」に続いて、まさかの「二股報道」が出た。「本命彼女と同棲中 嵐・櫻井翔 モデル風美女と“二股愛”」のタイトルで記事を掲載したのは、3月12日発売の「週刊文春」(文藝春秋)である。

 もはや櫻井翔は文春のレギュラーなのか? と一部ファンが揶揄するほど、今年に入って櫻井の同誌登場率は上がっている。まず1月の熱愛報道。慶應大学の同級生・A子さんと真剣交際中で、多忙な合間を縫ってハワイやベトナムへ旅行していたといい、ツーショットも何枚か掲載された。

 A子さんと櫻井は学生時代から仲の良い友人同士で、交際が始まったのは卒業後のことだが、別れと復縁を繰り返して今では38歳。大学卒業から実に16年もの月日が経ってしまった。嵐の活動休止もあって、いよいよ結婚を前提とした付き合いへと発展、A子さんはスーパーアイドルとの結婚を見越して勤務先を昨年秋に退職したという。

 ファンの間では、一月の櫻井の誕生日に結納するのではないかという噂も駆け巡り、「まだ結婚はして欲しくない」と願う声も大きかった。その矢先に出たのが、「二股報道」だ。

 記事によれば現在、櫻井には住居が2つあり、本宅ではすでに結婚を前提とした本命彼女のA子さんと同棲中。一方、別宅でも広瀬アリス似の30代一般女性・B子さんとつかの間の逢瀬を楽しんでいるという。A子さんはもちろん、B子さんにも「浮気である」などということは伏せて本二股愛を続けてきたというが、前述の熱愛報道後、「写真を撮られたからA子さんと付き合うことにした」とB子さんに説明したのだとか……。

 ただ本当にそんなことを櫻井が言ったのか、真偽のほどは定かではない。筆者がB子さんならそんな説明を聞かされたとて「え、待って。ちょっと意味わかんない。私がいるのに、なぜA子さんと付き合うの?」となる。間違いなく、なる。そもそもなぜ他の女性と親密旅行の写真を撮られているのか問い詰める。だが、二股が事実とするならば、頭が切れる櫻井はB子さんも納得してしまうような上手な説明を繰り広げたのだろうか。

 嵐で「二股愛」といえば、松本潤もかつて同じく「週刊文春」にスクープされている。井上真央と長く交際しながら、セクシー女優とも浮気関係を4年続けていたという内容だった。そう考えると、匂わせだなんだでファンからは盛大なバッシングが続いているものの、一人の年上女性と長く付き合い結婚した二宮和也が一途にも見えてくる。

 2020年末で活動を休止する嵐。国民的アイドルグループが人気絶頂の中で休止を決断するというのは、なかなかドラマティックなことだ。ファンも彼らの決断を尊重してはいるが、とはいえ「最後のその日まで私たちに夢を見させて」と心で願うのも当たり前だろう。櫻井のスキャンダル報道はファンを大いに失望させている。ただ、今回の二股疑惑によって結婚そのものが遠のいた可能性もなくはないが。

 ちなみにこれもまた「文春」だったが、櫻井翔は2018年にも二股を報じられている。櫻井は当時、テレビ朝日アナウンサーだった小川彩佳と交際していたが、15歳年下の女子大生にデレデレで「自分は甘えん坊」と言っていたという。小川アナとは結婚目前と言われたものの破局している。とはいえ、現在交際中だというA子さんは学生時代からの友人。くっついたり別れたりを繰り返しているとしたら、櫻井そうした性質も全て受け入れての今なのかもしれない。

 それにしてもジャニーズ事務所所属タレントのプライベート流出に歯止めが効かなくなってきているのが気にかかる。3月12日に配信された「NEWSポストセブン」には二宮が今年の元日に親族だけで結婚式を挙げることを予定していたが、前日にキャンセルした」という記事もあった。ここまで次々と、プライベートの情報が具体的にメディアに流されるというのは、ひと昔前まではあり得なかったことではないだろうか。

 帝国と言われ長年君臨してきたジャニーズ事務所の内部のなにかが変わってきているのか、その圧倒的なメディアへの権力が薄まってきているのか……いずれにしろ、偏ったパワーバランスが是正されること自体は、悪いことではない。ジャニーズ事務所所属タレントがらみのスキャンダルはもう「事務所が潰してくれる」ものではないのだろう。

(エリザベス松本)

「嵐・櫻井翔の二股愛が有終の美に水を差す? 二股報道は前科も」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。