エンタメ

長瀬智也のジャニーズ退所に現実味 『鉄腕DASH!!』カレー完成、若手引継ぎ進む

文=WEZZY編集部
【この記事のキーワード】
長瀬智也のジャニーズ退所に現実味 『鉄腕DASH!!』カレー完成、若手引継ぎ進むの画像1

長瀬智也

 TOKIOの長瀬智也が追い求めていた「DASHカレー」が、22日放送の『ザ!鉄腕!! DASH!!』(日本テレビ系)でついに完成した。番組で「俺たちのDASHカレー」という企画がスタートしたのは2018年。長瀬を中心としたメンバーがゼロからカレーを完成させるというもので、ようやく理想の味にたどり着いたという。

 長瀬はカレーのスパイスを調達するためにインドまで飛ぶなど、徹底的に味を追求。カレーに情熱を注ぐ長瀬の姿は、放送のたびに「神の舌」「天才」と話題になっていた。

 今年2月16日の放送では「完成形にはまだ足りない」という長瀬の一言で、具材や隠し味を探すことに。究極のカレー完成までは、まだ時間がかかると見られていたが、それから1カ月あまりで完成に至ってしまった。

 今月22日の放送で長瀬は隠し味を追い求めてスーパーに買い出しに行き、「苦味はビール、酸味はイチゴエキス、コクは塩辛のタレ」を入れることで、理想とする「DASHカレー」が完成。なお、カレーのレシピは番組ホームページで公開されており、視聴者にもこのレシピに沿ってカレー作りを試してみて欲しいと促している。

 次週の放送で「俺たちのDASHカレー」企画は完結。そこで一気に現実味を帯びるのが、長瀬智也のジャニーズ事務所“退所”だ。

長瀬智也はジャニーズ退所後も芸能界にとどまるのか

 長瀬智也のジャニーズ事務所退所については、本人が強く希望しているという。週刊誌など多くのメディアでは「音楽活動をしたいから」だとその理由を報じてきた。山口達也が抜けて以降、TOKIOの音楽活動は休止状態である。

 しかしここにきて、「本当は演技がしたい」との情報も。「デイリー新潮」記事によると、音楽活動ができなくなった長瀬は演技の仕事を望んでいたという。

 それによれば長瀬は「音楽活動ができないのであれば演技がしたい」と望んだにもかかわらず、事務所が仕事を回してくれない。結果、フラストレーションが溜まり長瀬は退所を決意。真偽は不明だが、テレビ局側が長瀬にドラマ主演のオファーを出しても、ジャニーズ事務所は若手タレントの露出を増やしたい意向から別のタレントを推薦しているという。2018年に嵐・二宮和也主演で放送された『ブラックペアン』(TBS系)がその例なのだそうだ。

 確かに長瀬は、ドラマは2017年の『ごめん、愛してる』(TBS系)、映画は2018年の『空飛ぶタイヤ』で主演を務めたが、以降は俳優業から遠ざかっている。

 「週刊文春」2020年3月5日号(文藝春秋)では、2021年1月スタートの連ドラ主演を最後に長瀬はジャニーズ事務所を去る予定だと報じた。「DASHカレー」も無事に完結し、このまま退所の準備に入るということもあるのだろうか。

 『ザ!鉄腕!! DASH!!』もSixTONES森本慎太郎など若いジャニーズメンバーがTOKIOの培った技術や知識を伝承しており、世代交代の気配は濃厚。長瀬が抜けても番組存続は不可能ではないだろう。しかし退所後、長瀬は再び表舞台で音楽や演技の仕事をしていけるのだろうか。ファンにはそのことが最も気がかりなはずだ。

あなたにオススメ

「長瀬智也のジャニーズ退所に現実味 『鉄腕DASH!!』カレー完成、若手引継ぎ進む」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。