『キラメイジャー』主演が新型コロナ感染、4月ドラマの撮影は通常通りでいいのか?

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
『キラメイジャー』主演が新型コロナ感染、4月ドラマの撮影は通常通りでいいのか?の画像1

「GettyImages」より

 スーパー戦隊番組『魔進戦隊キラメイジャー』(テレビ朝日系)で主人公のキラメイレッド・熱田充瑠役を演じる俳優の小宮璃央が、新型コロナウイルスに感染していることが公表された。31日に行われたテレビ朝日の定例社長会見で明らかにされたものだ。

 小宮は先週末に体調不良を訴え、『魔進戦隊キラメイジャー』の撮影はストップしているという。すでに5月中旬に放送する回までは撮影が済んでいるそうだが、その先は未定。SNSでは「ついに推しが感染してしまった」「若い人でもやっぱり感染する」と騒然としている。

 志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなり、この感染症を「自分ごと」として捉える人は一気に増えた印象だ。テレビ局ももちろん例外ではなく、朝のワイドショー番組などは出演者が濃厚接触しないよう、距離をとって座るなど工夫し始めた。
 
 テレ朝定例会見で西新編成局長は、番組制作現場での新型コロナウイルス対策について、「検温、マスク着用、消毒を徹底している。また3つの密、“密閉・密集・密接”が収録現場で重ならないよう十分注意している」と話した。ロケ撮影も、「状況次第でスタジオ企画に切り替えることを検討している」という。

 だが海外ロケをメインにしている番組も少なくはない。テレ朝では4月から「ナスD」でお馴染みの友寄隆英プロデューサーが世界を旅する新番組『ナスDの大冒険TV』を予定しており、これまでに収録した映像を編集して放送開始するという。だが新規の海外ロケは当面は難しいだろう。日本テレビの人気番組『世界の果てまでイッテQ』も、海外ロケありきのコンテンツだが、方向転換せざるを得ない。

 テレビは24時間365日、大勢で常に新しいコンテンツを作り続けている。東京オリンピックの開催延期により、スポーツ中継を予定していた枠がぽっかり空いており、これをどう埋めるかも各局の大きな問題だ。そして4月クールのドラマ撮影も急ピッチで進められている。

 だが、業界内で新型コロナウイルスが蔓延してしまえばドラマどころではなくなる。現状はすでに、予定通りに物事を進めることができなくなっても仕方のない非常事態だ。東京都では31日、78人の新規感染者が報告された。多くの自治体が不要不急の外出を控えるよう住民に呼びかけているが、「テレビは例外」というわけにはいかないだろう。そこで働く人々の健康がかかっている以上、より慎重な決断が求められる時期が来ているのではないだろうか。

あなたにオススメ

「『キラメイジャー』主演が新型コロナ感染、4月ドラマの撮影は通常通りでいいのか?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。