「Snow Man岩本照を脱退させる」? 滝沢秀明の判断とは

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
「Snow Man岩本照を脱退させる」? 滝沢秀明の判断とはの画像1

Johnny’s netより

 9人でデビューしたばかりのSnow Manが、8人組になりかねない状況だという。不祥事により芸能活動を自粛しているリーダー・岩本照の今後が不透明なようだ。

 岩本照の不祥事とは、過去に開いた合コンで未成年の女性に飲酒させていたことだ。「FRIDAY」(講談社)2020年4月10日号がこれを報じ、岩本は3月30日から無期限の芸能活動自粛となっている。

 先日、今年1月にSnow Manと同時デビューしたSixTONESは2枚目のシングル「NAVIGATOR」の発売が告知された(6月3日発売予定だったが、新型コロナウイルスの影響で発売延期)。だが一方のSnow Manはセカンドシングルの発売日について、まだアナウンスがない。

 Snow Manの新曲「Stories」はテレビアニメ『ブラッククローバー』(テレビ東京系)のオープニングテーマに使われており、『ブラッククローバー』が連載されている「週刊少年ジャンプ」(集英社)の4月6日発売号には「Snow Man「Stories」収録のCDは5月発売予定」という案内が出ていた。しかしその後、公式サイトでは「CDの発売時期は未定です」と訂正された。

 これもコロナの影響なのだろうと思いきや、背景には岩本の不祥事があるのだという。「週刊女性」(主婦と生活社)2020年5月5日号によれば、岩本のスキャンダルが発覚した直後、ジャニーズ事務所の副社長を務める滝沢秀明はCDの発売延期をSnow Manの所属レーベルであるavex traxにお願いしたそうだ。

 さらに滝沢は、CD発売延期の交渉をエイベックス側とする際に「岩本を脱退させる」と言って謝罪するようスタッフに指示を出していたと同誌は報じている。

 だがこれまで、スキャンダル報道によりグループを脱退となったケースはそう多くはない。

 岩本と同じように未成年の女性を飲酒させていたとして2018年6月に活動自粛となったNEWS・小山慶一郎の場合は、わずか20日間で活動を再開させている。

 ファンの女性との交際が明るみになり、未成年飲酒疑惑も持ち上がったHiHi Jetsの橋本涼と作間龍斗も、2019年9月から活動自粛となっていたが4カ月で復帰している。彼ら自身が未成年であるということから復帰のチャンスが与えられたのだろうか。

一方で同じく未成年だった当時、酒に酔って補導された元NEWS・元関ジャニ∞の内博貴は、無期限活動自粛となりグループからも脱退している。

 このように事務所側の対応はケースバイケースだ。岩本に関しては、不祥事を起こした時期が「デビューできなくて腐っていた時期だった」と擁護するファンの声もなくはない。

 ジャニーズ事務所は岩本の活動自粛を発表する文書に、<今回の反省を生かし、岩本、ジャニーズ事務所ともに、皆様より信頼していただくことができる一人の人間、会社を目指して精進してまいります>と記していた。滝沢が岩本を脱退させ、8人で再スタートを切るような無慈悲な判断をするとは思いづらいが……。

「「Snow Man岩本照を脱退させる」? 滝沢秀明の判断とは」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。