剛力彩芽と前澤友作氏の“やっぱり復縁”に賛否両論!

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
剛力彩芽と前澤友作氏のやっぱり復縁に賛否両論!の画像1

剛力彩芽と前澤友作氏

 剛力彩芽とZOZO創業者の前澤友作氏が“電撃復縁”したと「週刊文春」2020年4月30日号(文藝春秋)が報じている。

 「文春」によると、今年2月中旬、前澤氏は新会社スタートトゥディや関連会社の社員の前で剛力との復縁を報告したそうだ。再びの交際報道を剛力の所属事務所は「プライベートは本人に任せています」と、否定も肯定もしていない。

 ネットでは「剛力ちゃん、もうやめなよ」「せっかく別れられたのに」等、復縁に否定的な声もあれば、「やっぱり好きだったもんね」「おめでとう!」と祝福する声もあり、賛否両論だ。

 二人の破局が発覚したのは昨年11月だが、その後もお互い相手への未練を匂わせる発言を繰り返していた。

 剛力は昨年12月に出演したラジオ『Skyrocket Company』(、TOKYO FM)で前澤氏との交際は終わったのかと聞かれ、<形としては終わってるんですけど、私の気持ちはまだ残っていますから>と、恋愛感情の名残を吐露。

 一方の前澤氏も今年1月の『オールナイトニッポンGOLD』(ニッポン放送)に出演した際、リスナーから「ズバリ今一番ほしいものはなんですか?」という質問を受けると、<僕が今一番欲しいものは、あのときの時間とか、あのときの笑顔とか。あのときが一番ほしいです>と、剛力との関係を匂わせる意味深発言をしていた。

 お互いの願いが叶った形であり、関係修復は祝福すべきことだと言えるだろう。だが前澤氏との交際が、剛力の女優としての仕事に悪影響を与えているとの見方は未だ根強い。

「CMゼロの悲劇が再び?」

 剛力彩芽と前澤友作氏の交際が週刊誌報道で発覚した2018年4月以降、二人はSNSなどで交際をオープンに。同年8月には前澤氏のプライベートジェットに乗って二人でW杯観戦に出かけたことを報告した。しかしオープンな交際ぶりは、剛力への「浮かれている」「金目当てで交際している」などといったバッシングにつながった。

 この交際が原因なのかは不明ながら、それまで順調だった剛力の仕事本数は激減した。出演CMはゼロになり、ドラマや映画への出演も途切れた。これは剛力自身が前澤氏との恋に溺れ仕事への意欲をなくしたためだとさえ言われたが、剛力が仕事のオファーを断っていたのか、所属事務所が彼女への仕事を回さなくなったのか、クライアントが彼女を起用したがらなくなったのか、真相は定かでない。

 その後、破局を機に剛力の仕事は徐々に増加。これから仕事一筋で行くのかと思われた矢先の復縁に、「CMゼロの悲劇が再び起こる?」といった声が業界内外から噴出している。

剛力彩芽に「恋愛に溺れすべてを失った」というレッテルを貼ること

 女優の剛力彩芽と衣料通販サイトZOZOの創業者・前澤友作氏が破局したことが今月12日にわかり、剛力彩芽を「傷もの」扱いする報道や声がやたらと目につく。…

剛力彩芽と前澤友作氏のやっぱり復縁に賛否両論!の画像1
剛力彩芽と前澤友作氏のやっぱり復縁に賛否両論!の画像2 ウェジー 2019.11.14

 だが犯罪で信用を失墜したわけでもなく、ただ恋愛しただけで仕事を失うというのは、やはり今考えてもおかしな話だろう。

 そもそも剛力の仕事への意欲は交際中も失われていなかったようだ。昨年12月放送の『直撃!シンソウ坂上』(フジテレビ系)に出演した前澤氏は、剛力と破局した理由について、次のように明かしている。

<簡単に言うと、彼女はもっとお仕事を頑張りたい。まだ27歳ですから、お仕事をバリバリ頑張りたいと。一方、僕は新しい事業だとか宇宙だとか。もっといっぱい彼女について来てほしいと思ってしまうんで。ついて来てほしい僕と、仕事をやりたい彼女と、ちょっと向いてる方向が>

 となると、今回の復縁はお互いの方向性を理解したうえでのことなのだろうか。剛力の所属するオスカープロダクションは、米倉涼子をはじめ稼ぎ頭の女優・タレントたちが続々離脱し崩壊の危機に陥っているとも言われる。上戸彩や武井咲にまで退社の意向が噂されているほどだ。剛力が今後もオスカーに所属し続けるのかも含めて、注目だ。

あなたにオススメ

「剛力彩芽と前澤友作氏の“やっぱり復縁”に賛否両論!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。