「岡江久美子の息子」騙るYouTube動画が急増、「石田純一の息子」も…不安煽る悪質動画

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
「岡江久美子の息子」騙るYouTube動画が急増、「石田純一の息子」も…不安煽る悪質動画の画像1

YouTubeより

 女優の岡江久美子さんが新型コロナウイルスによる肺炎のため亡くなった。一報が報じられたのは4月23日の午後だったが、その直後から「岡江久美子の息子」を名乗るYouTube動画がいくつも投稿されている。

 動画の内容は男性YouTuberが「容態が急変して救急車を呼びました」「すごく悲しいです」「何も考えられません」等と語るものがほとんどで、岡江久美子さんの息子ネタで複数本の動画をアップしているYouTuberもいる。全て虚偽であり、その中に本物の「岡江さんの息子」などいない。

 そのうちひとりのYouTuberは動画概要欄に「フィクションです。エンタメとして見てください」と注意書きしており、有名人の訃報を利用して再生回数を稼ぐための動画であることは明らかだ。

 岡江さんの親族やファンにとっては非常に腹立たしいものだろうが、多くの動画には広告がついており、再々回数に応じて配信者にお金が入る仕組みになっている。

志村けんさんや石田純一さんの“息子”も

 新型コロナウイルスに感染した芸能人の「息子」を名乗るデマ動画は、先月29日に志村けんさんが亡くなった際も「志村けんの息子です」動画が複数出回った。志村さんが入院されてから亡くなるまで、“息子”として何本もの動画を投稿し続けるケースもあった。

 今も入院治療中の石田純一さんの「息子」も、YouTubeには複数人存在する。動画のタイトルは「石田純一の息子です。父が死にそうです」「石田純一の息子です。父の容態が悪化しています」などと不安を煽るものが多い。

 なお、石田さんに関しては、「予断を許さない状況に関係者も騒然」「ヤバすぎる状態」など真偽不明の情報を発信する動画や、「石田純一は死んで当然」「早く死ね」など酷い誹謗をして再生回数を稼ぐ動画なども多数投稿されている。

 こうした偽息子の動画は新型コロナを契機に始まったわけではなく、今年2月に槇原敬之が覚せい剤取締法違反などの疑いで逮捕された際も、YouTubeには槇原敬之の息子と偽ったYouTuberたちが「父がご迷惑をおかけし申し訳ありませんでした」などと謝罪する動画がいくつも投稿されていた。

「「岡江久美子の息子」騙るYouTube動画が急増、「石田純一の息子」も…不安煽る悪質動画」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。