嵐・櫻井翔「保育園の先生のスカート覗いた」冠番組で幼少期の痴漢をネタに

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
嵐・櫻井翔「保育園の先生のスカート覗いた」冠番組で幼少期の痴漢をネタにの画像1

『VS嵐』公式サイトより

 今月23日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)で、櫻井翔が「保育園の時に先生のスカートの中を覗いた」と発言し、「性暴力を正当化するな」との批判が出ている。

 4月23日は「子ども読書の日」で、番組のオープニングトークも「子どもの時に好きだった本について」。櫻井が好きだった本は『エルマーのぼうけん』(福音館書店)だったという。保育園の本棚で『エルマーのぼうけん』は上段の方に置いてあったそうで、手が届かないため先生に取ってもらっていたが、櫻井は本を取ってくれる先生のスカートの中を下から覗いたことがあると明かした。

<先生のこと俺好きだったんだろうな~>

 このエピソードにメンバーは「大冒険」と爆笑。櫻井は<保育園の話ですから許してください>と話を締めくくった。先生のスカートの中を覗くことは、櫻井も他のメンバーも幼少期の“やんちゃ話”程度の感覚なのだろう。ただ、スカートを履いたまま仕事している保育士がいるとは考えられず、このエピソード自体が創作の可能性もあるが。

『嵐にしやがれ』でも「スカートめくり」をネタ扱いに…

 嵐は先日も冠番組で幼少期の“痴漢行為”を笑い話として扱っていた。『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、KAT-TUNの亀梨和也と山下智久がゲスト出演した今月4日の放送回だ。

 番組では二人の経歴をフリップで辿っていったが、亀梨が幼稚園の頃にはまっていたことは野球と「スカートめくり」だったと紹介。

 亀梨は<幼稚園からスカートめくり界のエースと呼ばれていて><ボールを握れば上から、ボールを離せば下から(スカートめくりをする仕草)>などと、まるで武勇伝のように語り、山下や嵐のメンバーも<鍛えられたんだね、手首が>とツッコみを入れるなどして笑っていた。

 しかし、スカートめくりをした側にとっては単なる“いたずら”でも、被害者にとってはトラウマになることもある。ネット上では亀梨のスカートめくりネタに対して「過去の被害を思い出して辛かった」「痴漢を武勇伝のように語るな」といった批判が続出。ファンからも「時代感覚をアップデートしてほしい」などの声が出た。

 幼少期にスカートの中を覗いたりめくったりしたという話を、メディアが「ちょっとエッチな面白エピソード」という加害者視点でネタとして扱うことは多い。だがそうした行為に傷つけられた被害者がいることをスルーしたまま笑い話にしていいのだろうか。

あなたにオススメ

「嵐・櫻井翔「保育園の先生のスカート覗いた」冠番組で幼少期の痴漢をネタに」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。