ダレノガレ明美・薬物疑惑報じたAERAに激怒「記事の削除をもって看過する事はできない」

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
ダレノガレ明美・薬物疑惑報じたAERAに激怒「記事の削除をもって看過する事はできない」の画像1

ダレノガレ明美Instagramより

 タレントのダレノガレ明美が、自身と特定できる形で違法薬物使用疑惑の記事を掲載した「AERAdot.」に、怒りをあらわにしている。

 発端は今月5日午前に公開された「AERAdot.」の記事。<「マトリ」が次に狙うセレブタレント 昨年大麻逮捕の“元女優”と同ルートか>と題されたその記事には、薬物を使用しているセレブタレントAの特徴として、「20歳後半の元モデル」「歯に衣着せぬ発言が話題を呼び、バラエティー番組には欠かせない存在」「家賃100万円以上の物件に住んでいる」などのヒントが書かれていた。

 ネット上では、この条件に当てはまるタレントとしてダレノガレ明美の名前が浮上し、彼女の薬物使用を疑う声が出ていた。

 ダレノガレ本人もこの記事を読んだようだ。同日、ダレノガレは自身のTwitterに当該記事のスクリーンショットと共に、疑惑の否定、法的処置を検討しているとのツイートをした。

<わたし、マトリいるらしい
もし本当なら情報でてるぞ警察。
そして、いつでも目の前で検査します!
そして、こういうの本当に営業妨害だからそろそろ法的な措置するかんがえでいます!
だってさ、200平米のくだり、昔私が週刊誌に書かれた内容だし!
書く事ないからって適当な記事書くのやめなさいよ>

<なんかさ、 頑張って働いて頂いたお金を 収入源は謎に満ちているとか書いてるの本当いらつく。 でも、法的にしっかりやったら 私の事務所がしっかりお給料の詳細も出すし、適当な週刊誌さんも納得いくよね。 そこまでしないとわかってくれなそうなので、、 仕方ないのかな>

 ダレノガレのこのツイートの後、「AERAdot.」は問題の記事を削除している。

 また7日には、ダレノガレの所属事務所もこの件についてコメントを発表。虚偽の記事が掲載された経緯の説明と、訂正・謝罪記事の掲載を求めると明かした。

<AERAdot.に掲載された記事により、あたかもダレノガレ明美に薬物使用の事実があるような報道がなされ、それにより各種SNSにて情報が拡散されている状況がございました>

<該当サイトには、記事の即刻の削除を申し入れ現在記事は削除されております。
ただ、今回のような虚偽のニュースを記事の削除をもって看過する事はできないと判断し、内容証明で警告書の送付を行い、このような虚偽の記事が掲載された経緯の説明と訂正謝罪記事の掲載を求める所存です>

<万一、要求が通らない場合は断固として法的手段により対処して参ります>

 ピエール瀧、田口淳之介、沢尻エリカ、槇原敬之の逮捕によって、次の薬物逮捕者を予想するイニシャル記事は多発している。今回のダレノガレのように人物が特定できるヒントを詳しく書いたものもあり、違法薬物愛用者として中居正広や加護亜依の名前が挙がったこともあった。なお、加護は事実無根だとして否定している。

 イニシャル記事であれど、その人物が誰であるか容易に特定できる書き方である以上、対象の名誉を毀損していることになり得るだろう。また、記者はその人物が違法薬物を使用しているという確信を得ているからこそ記事にしているだろう。「AERAdot.」側はどのような対応をとるのだろうか。

あなたにオススメ

「ダレノガレ明美・薬物疑惑報じたAERAに激怒「記事の削除をもって看過する事はできない」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。