工藤静香の手料理レシピ公開が一層加速! 個性爆発する芸能人の手料理

文=田口るい
【この記事のキーワード】
工藤静香の手料理レシピ公開が一層加速! 個性爆発する芸能人の手料理の画像1

工藤静香Instagramより

 新型コロナウイルスの影響で「Stay Home」の芸能人たちが、SNSで手料理を公開することが増えている。工藤静香(50)は以前からインスタグラムで料理写真を公開してきたが、最近では「自宅で食事をして外出を控えましょう」とファンに呼びかけ、頻繁に手料理レシピを公開している。

 5月4日にはインスタグラムに「ピーマンとゴマ昆布」「甘酢大根とオレンジピール」「ピリ辛きゅうりと人参のピクルス」「ナスときゅうり生姜」「大根ときゅうりと紫蘇の浅漬け」といった5種類の野菜料理の写真を公開。「ピーマンとゴマ昆布」のレシピは「ピーマンを千切りにして、水でさらします。水を切ったピーマンに千切り昆布、塩、ほんの少しの醤油、ごま油、ゴマを入れ混ぜて出来上がりです!!」とのことだ。

この投稿をInstagramで見る

1枚目から お新香ではないけど^_^ピーマンとゴマ昆布 甘酢大根とオレンジピール ピリ辛きゅうりと人参のピクルス ナスときゅうり生姜 大根ときゅうりと紫蘇の浅漬け 医療従事者の皆様、レジ業務、介護施設、配送業者、ゴミ回収業者の方々、今日もありがとうごさいます。そしてコロナ問題に携わる全ての方々に感謝いたします。 医療従事者の負担を減らす為にも、不要不急の外出をしない。自己管理をする。これが私達に出来る事。 ピーマンのレシピ書き足しておきます! ピーマンを千切りにして、水でさらします。水を切ったピーマンに千切り昆布、塩、ほんの少しの醤油、ごま油、ゴマを入れ混ぜて出来上がりです!!

Kudo_shizuka(@kudo_shizuka)がシェアした投稿 –

 工藤は料理の際、天日干しした野菜を使ったり、フルーツで作った「発酵シロップ」を活用したりするなど、かなりのこだわりがある。かつてテレビでは「うどんも打つ」と話していた。一方で、「冷蔵庫にあるものでチャチャッと作っちゃう」タイプだとも言うが、時間の許す限りはスローな食事を実践しているのだろうか。

 工藤と木村拓哉の愛娘であるCocomi(19)とKōki,(17)は、インスタライブでファンに好きな食べ物について聞かれて「マミーのご飯」と答えていたほどで、工藤の手料理は家族には大好評なようだ。

 女優の川口春奈(25)もこのところ「人生で一番自炊してます」として、インスタグラムで度々料理写真を公開。5月5日には東南アジアの屋台料理・カオマンガイを手作りしたことを報告している。

 彼女の作る料理は、もちろんおいしそうではあるが、ごくごくシンプルな盛り付けでインスタ映えを狙って頑張りすぎていない。誰かに見せるための食事でなく、日常の一部であることがよくわかる。

この投稿をInstagramで見る

今日はカオマンガイ

川口春奈(@haruna_kawaguchi_official)がシェアした投稿 –

 アジア料理といえば、歌手の氷川きよし(42)も5月5日のインスタグラムでお手製の魯肉飯(ルーローファン)を公開していた。「豚バラブロック、紹興酒、オイスターソース、水、胡麻油、ニンニク、生姜、長ネギ、八角、醤油、砂糖を入れて圧力鍋で」とざっくりしたレシピを紹介しているが、「kii-cookは全部目分量。長年のお料理の感覚。氷川きよしはどんなこともすべて感覚なんですw」ともコメントしており、ラフなスタンスに親近感を覚えるユーザーは多いだろう。

 ただし、氷川が目分量で作ったという料理は、写真を見る限りではプロ並みの仕上がりで、かなりのセンスが必要とされそうではある。

凝っているのが、5月6日にYouTubeチャンネルでキムチを手作りする様子を公開している女優の柴咲コウ(38)。彼女は「買って当たり前だと思っていたものを一から作ってみたい衝動に駆られて」手作りキムチに挑戦したという。

 柴咲はキムチを手作りするのは初めてではなく、以前キムチを作った感想として「びっくりするほど簡単だった」と明かしているが、レシピを見る限りでは下ごしらえや漬け込む時間などを含み2日はかかる。そんな料理工程を「簡単」と言えるのは、以前から“うめしごと”として梅干しや梅酢を手作りしている彼女ならでは。時間がたくさんあってうらやましい。

 そんな柴咲のキムチレシピは以下の通りだ。

手作りキムチの下ごしらえ方法

(1)大根1/4を細切りにし、塩を加える

(2)白菜の芯だけを切って、葉と葉の間に塩を塗り込む

(3)塩を塗り込んだ白菜を大きめのビニール袋に入れる

(4)白菜の芯を刻んでビニール袋に入れる

(5)ボウルに白菜入りのビニール袋を入れて重石をする

(6)翌日まで重石をしておき、白菜を水洗いする(塩辛ければ水に浸して塩抜きする)

キムチソック(キムチの素)の作り方

(1)りんご1/6と玉ねぎ1/2を刻む

(2)にんにくとショウガ(ともに2片)をすりおろして入れる

(3)昆布(適宜)を細かくして入れる

(4)干し貝柱(適宜)、ナンプラー(80ml)、はちみつ(大さじ3)を入れる

(5)粉唐辛子(粉末)と粉唐辛子(粗びき)を80gずつ入れる

(6)(1)~(5)をすべてボウルに入れる

(7)フライパンに水(200ml)と、もち粉(大さじ2)を入れて中火で溶かして「キムチのり」を作っておく

キムチの作り方

(1)キムチソックとキムチのりを混ぜ、下ごしらえして水気を絞った大根を入れる

(2)白菜の水気をしっかり絞り、残った水気をキッチンペーパーで拭きとる

(3)ラップを敷いて白菜を一枚ずつ置き、キムチソックを塗っていく

(4)白菜をジップロックなどに入れて揉み込み、半日ほど常温で寝かせて完成

「工藤静香の手料理レシピ公開が一層加速! 個性爆発する芸能人の手料理」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。