松本潤は断食、二宮和也は腹筋! 嵐メンバーのダイエット事情

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
松本潤は断食、二宮和也は腹筋! 嵐メンバーのダイエット事情の画像1

嵐Instagramより

 トップアイドル嵐のメンバーも、アラフォーとなった今、体型維持には苦労しているようだ。今月8日、嵐の松本潤はInstagramのストーリーで「ファスティング」を終えたことを報告。ファスティングとはいわゆる断食のことで、消化器官を休憩させることで脂肪を燃やすダイエット法だ。

 松本は今月1日のストーリーでファスティングを始めたと明かしており、8日に<先週のファスティングが終わり回復食を食べてます>と、おかゆやめかぶ、豆腐、サラダなど手料理を並べた写真と共に終了を報告。新型コロナウイルスの影響で外出自粛が続く中、コロナ 太りしている人も多いようだが、松本は逆に多忙な時期では難しい体調管理に取り組んでいるようだ。また、見事な料理の腕前にファンからは「自炊のレベル高すぎ」と驚く声が上がっている。

 嵐メンバーから「水にこだわりすぎ(笑)」など美意識の高さをしばしば揶揄されもする松本だが、彼以外のメンバーも30代後半に突入しており、体型維持や体調管理には気を使っているようだ。意外なのは二宮和也だろう。

二宮和也はポッコリお腹を改善

 二宮和也は10年ほど前から内臓脂肪のついた「ぽっこりお腹」の持ち主として有名で、ラジオで大野智に「彼は腹筋が1個だから」と暴露されたこともあった。

 しかし昨年10月放送の『ニノさん2時間SP』(日本テレビ系)で、二宮はダイエットに成功したことを明かしている。二宮によると、ダイエットを始める前は通常90~150mg/dlが適正値な内臓脂肪が700mg/dlを超えていたという。

 この数値には人間ドックを担当した医師も「もう死んでますよ」とお手上げ状態だったというが、そこから奮起。ゲーム中でも出来る腹筋やウォーキングを地道に続けることで、ポッコリお腹から脱却したようだ。

 一方、すでにバキバキの腹筋の持ち主である相葉雅紀は、今以上に引き締まった体を手に入れるため、トレーニングを欠かさない。

 昨年2月にラジオ『嵐・相葉雅紀のレコメン!アラシリミックス』(文化放送)で相葉が語ったところによると、体重を減らすようになったきっかけは、今から4年前に行われた嵐のライブツアーでの空中パフォーマンスのためだったという。体を腕で支えるため、体重が軽くないと腕に負担がかかりすぎてしまうそうだ。

 相葉がトレーニングに励む姿はファンからも「かっこいい」と評判。先月21日配信のネットフリックス『ARASHI’s Diary -Voyage-』では相葉の密着映像が流れたが、キックボクシングに励むシーンは「真剣な表情が素敵」「あの腹筋は努力で作られている」と、特に反響が大きかった。

 さて、嵐は今年いっぱいでの活動休止が発表されているが、新型コロナウイルスの影響でコンサートや東京オリンピックの予定通りの開催が困難になったことにより、2020年以降も活動を続ける説も浮上している。ともあれメンバー全員のコンディションが万全な状態で、残りの活動に励んでほしい。

「松本潤は断食、二宮和也は腹筋! 嵐メンバーのダイエット事情」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。