瑛太に木村カエラが全面協力「ラブラブですね~」、離婚危機は回避?

文=wezzy編集部
【この記事のキーワード】
瑛太に木村カエラが全面協力「ラブラブですね~」、離婚危機は回避?の画像1

永山瑛太と木村カエラ

 俳優の永山瑛太が、妻で歌手の木村カエラと仲睦まじい様子をInstagramに投稿し、話題になっている。

 瑛太は今月12日、ファッション誌「GINZA」(マガジンハウス)の連載用に、木村の写真を撮影したことをInstagramで報告した。

<今月のGINZA、木村カエラさんを撮りました。コロナ騒動のなか、雑誌の撮影も出来ない、という現状を知り、木村カエラさんは自ら手をあげてくれました。感謝してます。ありがとう。全てスッピンの丸裸木村カエラさんです>

 この投稿に対して木村は<木村カエ裸>と返信。続けて、自身のInstagramに<瑛太くんの連載で撮ってもらいました>と、雑誌の表紙を写した写真と共に報告した。

 二人のやり取りにファンからは、「まさに理想の夫婦」「瑛太くんって呼んでるの可愛すぎる」「ラブラブですね~」など、絶賛するコメントが相次いでいる。

 しかし永山瑛太と木村カエラと言えば、今年1月に“離婚間近”との噂が浮上していたことも記憶に新しい。離婚危機を回避したのか、そもそも噂自体が火のないところに煙を立てられただけだったのか。

素行不良の人気俳優Aと人気アーティストK

 瑛太夫妻が離婚危機を噂されることになった発端は、今年1月放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)におけるイニシャルトークだった。番組では芸能ジャーナリストの松本佳子氏の証言をもとに、「2020年に芸能界で起こるスキャンダル」をイニシャルで特集したが、その中に「人気俳優Aと人気アーティストKが離婚しそう!?」というネタがあったのだ。

 松本氏によると、「Aはプライベートでの素行が悪く、Kに内緒で別宅を保有。そのことがKにバレたことで、一機に離婚に進む可能性がある」。Kに関しては「結婚式の定番ソングを代表曲に持っている」とのヒントがあった。

 このヒントから、ネット上では永山瑛太と木村カエラの名前が浮上。瑛太のイニシャルはEだが、木村の代表曲である「Butterfly」は結婚式の定番ソングとなっている。また瑛太は2009年、酒に酔って都内のカラオケボックスの店員を殴り、パトカーが出動する事態に発展したことを「週刊新潮」(新潮社)に報じられたことがある。また、2018年にも「FRIDAY」(講談社)で、泥酔した瑛太が元関ジャニ∞の錦戸亮を馬乗りになって殴ったと報道。ただしこれは瑛太の所属事務所が「そのような事実はない」と否定していた。

 しかし瑛太とカエラのインスタでのやりとりから、険悪な雰囲気は全く滲まない。修復不可能な間柄であれば、夫の雑誌連載のために妻がモデルを買って出ることもないのではないか。そもそも人気俳優Aと人気アーティストKは彼らではなかったのかもしれないし、仮に業界内で噂になっていたことは事実だとしても二人の間ではとっくに解決済なのかもしれない。

あなたにオススメ

「瑛太に木村カエラが全面協力「ラブラブですね~」、離婚危機は回避?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。